ブログ一時休止のお知らせ

皆様

契山館群馬支部ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

突然ではありますが、諸事情につき一時ブログを休止させていただきます。

来年1月より再開させていただく予定ですので、その際は改めましてよろしくお願いいたします。

★記事やコメントをお寄せくださっている皆様、
編集部一同、心より感謝申し上げます。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

契山館 群馬支部ブログ 編集部

昔懐かし自動販売機

前回の私の記事の、東部ワールドスクウェアの帰りに群馬県みどり市の国道122号線沿いにある、以前テレビで何度か紹介されていた自動販売機に寄ってみました。

土曜日の夕方でしたが、意外に人が絶えませんでした。

私が二十歳前には存在していた(30年以上前)昔懐かし「うどん・そば」「ラーメン」「トーストサンド」の自動販売機です。

まだあったんですね(^^)

続きを読む

今を生きる意味とは?

時々、知恵袋サイトを見ることがあるのですが、
見ていると結構多いように思うのが、

「なぜ人は生きているのか」

「生きる意味が分からない」

というとても真面目で、悲痛な質問です。

古代からあらゆる哲学者が答えを探し、
それっぽい答えが様々な書籍やHP、TVなど各種媒体で語られています。

どの答えも、生きてきた時間や経験を感じさせる良い答えばかりです。

ですがどの回答にも言えることですが、限りなく正解に近いような気はするものの、
地球上を生きる万人に絶対的に共通するような、
「これこそ人間にとっての答えだ!」という明確さが感じられないように思うのです。

続きを読む

『人の死後はそれぞれ』を拝読して

アマゾンにおいて、『人の死後はそれぞれ』が発売されました。

先にkindle(電子書籍)版が発売になりましたが、まもなく11月25日に、ペーパーバック版(紙の書籍)も、販売が開始される予定で、現在、予約受付中です。

本書の副題は『霊魂に聞いた死の実際』となっていて、16人の方の、《死後の世界》への旅立ちと、主にその後、しばらくの間の、《幽質界》(あの世)での生活が紹介されています。

様々な年齢で、病気や事故、自殺、戦争などにより、様々な亡くなり方をした方の例が、取り上げられています。中には、水子や殺人者、認知症だった方などの例もありました。 続きを読む