霊猫あーちゃんとの生活 #001

グリーフという言葉があります。直訳すると『深い悲しみ』『悲嘆』と言う意味です。これは大切な人との死別、別離、もちろんペットとの別れにも使うことができます。死は肉体を纏って生きている以上、絶対に避けて通れません。霊魂学を学び霊的修行者として日々、自身の霊的な本性や過去世の霊的カルマと向き合っている者はおそらくグリーフケアは霊的な知識がない者と比較するとはるかに上手く処理出来るはずです。グリーフと同じ意味で使われる派生語としてアンティシパトリー グリーフと言う言葉もあります。

これは大切な人やペットがこの世から居なくなってしまうことが確実になったときにグリーフと同じ精神的なダメージを負ってしまう状態を表した言葉です。簡単に言うとまだ死んでいないのに死んだことを想像して、もう悲みに暮れてしまうと言うことです。本当に人にとっては死別と言うのは一大事なのですね。ただ霊魂学を学び実施する者はこの段階であればまだ出来ることはいくつかあります。なんとか愛する者の魂を地獄の様な下層幽界に落とさず、天国とは言わないまでも怖い想いをしない世界に行ってもらえたら自分が他界し魂(幽体)の存在になったときに望めば逢いに行けるんです。

私が強く、強く申し上げたいのは霊魂学を学んで下さい。そして〈神伝の法〉を実践して下さい。そしてその後にあなたの愛する人に霊魂学を伝えて下さい。〈神伝の法〉があることを教えてあげて下さい。今現在の霊的状況では〈神伝の法〉を学んだ者同士でしか死後再会することは絶望的です。これは真実です。あなたが下の世界に堕ちてしまった後では、全知全能の神様でさえ助けることが出来ないのです。もう都合の良い自分だけの神様に祈るのはやめましょう。

 

ブゥは本当に特別な猫でした。ブゥが死んでしまったその日から私が会社から帰って来て「ニャー ニャー」鳴いて迎えてくれる猫は居なくなりました。当たり前の話なのですがそれが不自然でなりませんでした。そしてあれだけブゥと行動を共にしていた栗頭もその日を境に全く姿を現わすことがなくなってしまいました。もう直ぐブゥが死んでから2年の月日が経ちますが栗頭はおろかブゥの母親、兄弟も含めて1度も姿を見ていません。勿論、野良猫がうちの庭に全く来ない訳ではないのですがまるでブゥの存在が最初からなかったかの様にブゥと関係があった猫達も忽然と姿を消してしまいました。後で懇意にしている獣医さんに聞いたところ伝染性が強く急速に悪化する。猫の伝染病もあるそうです。

猫の毛はとっても撫で心地がいいです。犬派の方には申し訳ありませんがどんなにシャンプーしてトリートメントをしても犬は猫の毛の触り心地に敵いません。それは毛の質が猫と犬とでは全く違うからだそうです。ブゥが死んでから猫を撫でたいと何度も思いました。ふと、あの気持ち良さを味わう為にまた猫を飼ってみようかなと考えたこともありましたがその都度、ブゥ以上の人懐っこい猫などこの世のどこにも居ないと思い自分は猫が好きだったのではなくブゥが好きだったのだと改めて感じていました。ブゥの代用品としてブゥと性格も姿形も違う猫を飼うという選択肢は全くありませんでした。

 

ー  あーちゃんとの出会い  ー

ブゥが死んでから1ヶ月以上経過し年が明けて2017年になりました。もう正月気分も抜け、世の中も通常通り動き出した頃でした。私はいつも夕食はテレビのニュースを見ながらとっています。その都度、この事件は絶対に邪霊が関与して起こした事件だの事故だのと母親に話ながら食事をするのが日課でした。実際、霊的障害や本人の過去世の心情が甦って起こしたと解釈出来そうなニュースのなんと多いことか、まあ母親も私の扱いには慣れたもので上手いこと相づちをうって合わせますから私は喋りながら食事をするのが常でした。全国ニュースを15分くらいやると今度は地方局のローカルニュースを放送します。そこでその日放送されたのが地域に新しく譲渡型保護猫カフェが出来たというニュースでした。

ここで簡単に譲渡型保護猫カフェの説明をさせて頂きます。猫カフェというのはかなり認知度が高くなっていますので分かりやすいかとおもいますが猫と触れ合いながらお茶を飲む喫茶店のことですね。時間料金だったりお茶の料金に含まれていたりと色々な形態がある様ですがこの場合は店にいる猫は完全にホストの役割です。お店の目的は猫目的のゲストからお金をもらうことでメイドカフェの猫版という感じでしょうか日本が発祥の地で猫カフェ目的の外国人観光客もいるという話ですからまさにアイデア商売ですね。

これに対して譲渡型保護猫カフェというのは猫に触れ合えるという点では同じなのですがお金を稼ぐことではなく猫の里親探しが目的です。ここで触れ合える保護猫とは人に捨てられたり事情があって飼育が難しくなった猫を保健所や直接持ち込まれるかたちで医療や飼育のサーポートをしつつ里親とのマッチングを目的とする施設です。運営費は殆どの場合、寄付やオリジナルグッズ販売で賄われています。勿論、里親にはなれない事情のひとも入場料(募金)を払えば色々な猫と触れ合えることも出来ます。

ブゥを飼う前の私なら「ふーん」程度の興味しか示さなかったでしょうが一瞬映った映像で目が釘付けになりました。[キジトラ柄の猫がいっぱい居たんです]キジトラといえばブゥと同じ模様です。ハッとしてニュースに見入ってしまいました。実を言うとこの時の映像にあーちゃんが映っていたのです。何故それが分かったのかと言うとこの保護猫ハウスの後追いニュースが後日(2〜3ヶ月後くらい)流されました。そこで今回と同じ映像が流れたのです。もうその時はあーちゃんはうちの子になっていましたからそれで分かったという訳なのです。飼い主は自分家の猫の模様は絶対に間違えませんから

あーちゃんカメラ目線で映ってました。

続く

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

徳川埋蔵金は出なかった。しかし…

赤城田園赤城山といえば、徳川埋蔵金。

ハラハラ、ドキドキしながらテレビを見ていた人も多かったことでしょう。

日本国民が、かたずを飲んで見守った(それほどではないか?)テレビ局の大プロジェクト。

徳川埋蔵金は、確かに出なかった。

その後、どうなっているのでしょう。

そうだ、徳川埋蔵金の採掘現場を見に行こう。往生際の悪い性格が首をもたげる。

捜査は足で稼げということで、辺りをグルグル。(歩くと時間がかかるので車)
聞き込みを始めようにも、人影もなし。

あきらめかけたその時(10分も経ってないぞ !)、ご年配者を発見。

「この辺りで、徳川埋蔵金の採掘現場だったと思うのですが」

正確には、徳川埋蔵金探しの掘削現場です。

ご年配いわく、「あぁ、そうだよ。掘ってみるかい?」

気さくな人だ。そこまでの、熱意はないです。ハイ。(^^ゞ

会話調で続けると長くなりますので、要約しますと、
穴は全て埋め立てられ、今は埋蔵金探しの話もないとのことでした。

正確な現場を教えて頂き(複数あり、コピーライターの糸井さんプロジェクト時)地主さんの許可を得て撮影しました。
徳川埋蔵金 掘削穴1
徳川埋蔵金 掘削穴2
ここには、その昔4メートル幅くらいの街道が通っていたようです。

木のない所が穴の境ですから、でかい穴掘ったなという感想です。

地主さんは、傾斜地が平らになって良かったと。

めでたし、めでたし。

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「人類は消滅すべきか」を拝読して

死後の世界で苦しむ人を減らすために、私達がなすべきことは?

本書の著者、《水波一郎先生》によれば、現代では、この世で普通に生きていた人が、死後、まるで地獄のような苦しみの世界へ落ちてしまうとのことです。

なぜならば、人の死後の行き先を決めるのは、生前の善悪の行い等ではなく、この世では肉体と重なっている、《幽体》という霊的身体の健康状態によるらしいのです。

その《幽体》の健康状態は、どんなに善人や人格者であっても、恨みの念を受けたり、《幽体》の穢れた存在と接触したりすると悪化してしまい、地獄のような世界へ落ちてしまうことになるのです。

そして、その地獄のような世界での日常が、あまりにも辛いので、霊的世界から、この世へ逃げ戻ってしまう《霊魂》が多いそうなのです。

もちろん、この世に戻った《霊魂》には肉体はありませんから、《幽体》の存在の《霊魂》は、私達の目に映ることはなく、触ることもできません。

でも、私達が肉体では感知出来なくても、《霊魂》達は、私達の《幽体》に影響を与えることが出来るわけで、それが問題なのです。

物語風に構成されている、本書の主人公である、剣人とカスミの二人も、死後の苦しみの世界から、この世へ逃げ出してきた《霊魂》です。

そして、剣人とカスミ達と、この世に指導に現れる上の世界の《霊魂》や、地獄のような世界から逃げてきて人間に悪戯をする《霊魂》、さらには、大悪霊との会話や議論が進んでいきます。

本書では、なぜ、霊的な世界へ旅立ったはずの《霊魂》の多くがこの世に舞い戻り、人間に悪戯をするのかが、分かりやすく説明されています。

また、人類はこの世から消滅すべきなのかというテーマを通して、今現在、この世に生きている私達にとっての最重要な問題が浮き彫りになっていきます。

そして今、この世にある私達に出来ることは何なのか?何をするべきなのかが明らかにされていくのです。

現代の不幸の連鎖を断ち切ることが出来るのは、《霊魂》ではなく、この世を生きている私達なのかもしれないのです。

そのためには、一人でも多くの方が、《契山館》で《神伝の法》を行って、《幽体》を健全化させていく必要があるのです。

《神伝の法》が、あなたを救い、あなたの愛する人々を救い、全ての人類、いや、全ての苦しむ《霊魂》をも、救っていくのです。

水波一郎先生著「人類は消滅すべきか」は、
紙の書籍のペーパーバック版が、
アマゾンで、販売されています。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

『幽体の悲劇』が 電子書籍化されました!

書籍「幽体の悲劇~人は幽体と共に生きている~」

が、電子書籍キンドル版で発売されました!

 

肉体とは別の身体『幽体』が、どれ程私たちの人生に密接に関係しているのかが分かる、人生の教科書のような書籍です。

新しい生命の誕生、乳児期、幼児期、少年少女期、思春期、
そして大人になっても、仕事や結婚、妊娠や子育て、
そして老年期、そして他界後まで…。

人生における悩みの根源を霊的な側面で解説して頂ける、ものすごい書籍です。

なおい―さんの記事、「幽体の悲劇」の感想もお読みください!

「幽体の悲劇」を拝読して

電子書籍の購入方法がわからないという方は、こちらの記事もご参考に!

はじめての電子書籍kindle本 インストールからダウンロードまで

by こま

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

鼻毛石を求めて

鼻毛石交差点群馬県前橋市に鼻毛石町(はなげいしまち)があります。

鼻毛石という信号を通過するたびに、きっと鼻毛石があるに違いないと考えていました。
しかし、鼻毛石は見つけることは出来ませんでした。

それから、数十年。

ネットで「鼻毛石」検索してみると、物好きな同志がいるではないですが。
写真も載っています。

この地名の由来は「鼻石に草が生えており、それが鼻毛に見えたからという」 なんと期待通りのコメント。

これは、実物を見に行かなければいけない。
そう思い、車を走らせました。

着いてみると、看板には「鼻石」と書かれているだけです。
鼻の穴もよくわからず、酷暑のせいか鼻毛らしきものが見当たりません。

しかし、飛んできたケイトウの種が小さい花を咲かせています。

花毛石でした。

byイクラマン

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆