満員電車 見えない凶器への対策

最近、職場が移転して通勤方法が大きく変わってしまいました。

これまではバス1本で通えていたのですが、今月からは満員電車での通勤です。都会に越して来てから、どうにか電車通勤を避けて職場も選んだのですが、移転とは想定外でした。

それにしても、人生初の満員電車は想像以上です。 続きを読む

幽体に関する霊的トレーニング

先日、『第三回 霊的トレーニング基本研修会 幽体に関する霊的トレーニング』が行われました。

《契山館》では、以前から《神伝の法》(《神伝禊法と《神伝鎮魂法》)が、数日間の合宿形式で指導されてきました。

しかし、会員の方でも、どうしても宿泊を伴う研修には参加が難しい、という方がおられました。

そこで、そのような方でも、特別な霊的空間に入り、《幽体》を健全化させるための、基本的な霊的トレーニング法を、習得することが出来るように、昨年から、この日帰りで行われる、基本研修会が始まったのです。 続きを読む

会員公開アンケート♪03

契山館会員の生の声をご紹介させていただくため、この場で公開アンケートをいたします(´▽`)

お感じになられていることをお願いいたします♪

「あなたのお気に入りの行法はなんですか?」

霊的トレーニングには様々な行法があり、幽体を鍛えるための技、霊体を鍛えるための技など、それぞれに深い意味があります。
どの行法も大切ですが、合宿での経験や、毎日の修行の中で、この行には個人的に思い入れがあるなぁ…という行法が会員それぞれにあるのではないでしょうか。

もし可能であれば簡単なエピソードもご一緒にお願いいたします(^o^)

by群ブロ編集部

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

サンクコスト

私は整理整頓が物心ついた時から大の苦手でした。小学生の頃の通信簿には毎回、判で押したように「整理整頓を心掛けましょう」と書かれていました。

それは人生の折り返しを過ぎたであろう、いいオッサンになった今現在でも全く変わりません。だだ学期末ごとに注意する人間が居なくなっただけの話です。同居している年老いた母親も、もう何十年も前に諦めて何も言いません。たまに私の部屋に入ることがあってその乱雑さに思い出したように嫌味を言うくらいです。 続きを読む

知らないと知っていると習っているの違い

肉体を所持するものは死を回避することは出来ません。この主張に関しては全ての方に100%同意して頂けるかと考えますが、問題となるのは死を全ての終着点と捉えるか(完全なる無)あるいは単なる通過点と捉えるか(新しい意識の再起動)は人の数だけ考え方や主張があると理解しています。よって同じ死後の世界があると言う考えであったとしてもこれまた人の数だけその主張や考えはマチマチです。

私を含めた契山館の会員の主張は会のホームページや水波一郎師の著書をご覧になって頂くとして本日はその100%回避出来ない。死に至るチョット前の話をしたいと思います。 続きを読む