正常性バイアスという邪霊の罠

 

正常性バイアス(せいじょうせいバイアス)とは

認知バイアスの一種。社会心理学、災害心理学などで使用される心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価するなどして、逃げ遅れの原因となる。

人の心は予期せぬ出来事に対して「鈍感」にできている。予期せぬ変化や新しい事象に心が過剰に反応して疲弊しないためのはたらきで、ある程度の限界までは、正常の範囲として処理する心のメカニズム。

近年の研究によれば災害発生時に実際にパニックが起こるのは稀なケースであるとされ、むしろ災害に直面した人々がただちに避難行動を取ろうとしない原因の心の作用として注目されている。

[具体的な例]

東日本大震災

地震発生直後のビッグデータによる人々の動線解析である地域では地震直後にほとんど動きがなく、多くの人々が実際に津波を目撃してから初めて避難行動に移り、結果、避難に遅れが生じたことが解明された

御嶽山噴火災害

死亡者の多くが噴火後も火口付近にとどまり噴火の様子を写真撮影していたことがわかっており、携帯電話を手に持ったままの死体や、噴火から4分後に撮影した記録が残るカメラもあった。

ここまではウィキペディアより抜粋引用(参考ページURL)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E6%80%A7%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9

心理学は人間の脳の思考に関する学問です。即ち脳という器官を使用して思考する人間は多かれ少なかれ影響を受けその支配下にあると言えます。

個人的見解ですが、狡猾で人の心に付け入る隙を熟知している邪霊達は(元は我々と同じ肉体を所持していた人々ですから当然なのですが)正常性バイアスを巧みに使い霊的真理(法則)から人々の目をそらし今、生きている人達が他界した後、自分達の下僕にすべく地上世界の霊的環境の悪化を画策しています。

多くの人々が死後行き着く先は地獄として表現していい場所なのかもしれません。

「霊的真理?   霊的環境?   自分は何の罪も犯していないし何も悪いことをしていないのだから地獄には落ちるはずはない! 地獄は罪人が行く場所だから他人ごとだね。」

 

知らないことは罪です。

知ろうとしなかったことは大罪です。

 

注)個人的見解に基づくものです。

 

byゆたんぽ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

正常性バイアスという邪霊の罠」への6件のフィードバック

  1. なるほど。

    多くの方が、なかなか自己の死を現実視出来ず、あたかも、この世で永遠に生き続けるが如く、錯覚しているとしか思えないのは、そういうことだったのですね。

    たいへん勉強になりました。

    確かに邪霊の中には、心理学の専門家だった霊魂もいるはずで、意図的に、そういう画策をしている可能性が高いと思います。

    ところで、その正常バイアスを破る方法はあるのでしょうか?私も少し調べてみたいと思います。

    本当に真実を知らないのは怖いことです。
    怖いのは知ることではなく、知らないことです。

    真実を前にして、認めないのは愚かなことです。

    今日も《神伝の法》を知り、《神伝の法》を認める方が現れることを願って。

  2. 邪霊と言われる存在は、私たちが思っている以上にいろんな分野のエキスパート揃いの
    プロ集団ではないでしょうか。この時期にテレビなどで見る幽霊として人を脅かしている霊魂は、小物なのかもしれません。大物は、遠大な計画で巧妙なシナリオを書いているのかもしれません。

  3. 霊的な面での正常バイアスを破る方法は、
    「霊的生命体として この世の常識はあの世の非常識」を含め、契山館の各書籍を熟読するのが一番ですよね!

  4. 正常性バイアスへの対処法について、少々、調べてみました。

    それは、「普段から、その事が起こり得る現実的な危険性を認識し、対処法を考えて、その訓練を行っておく。」ということのようです。

    また、「率先して危機からの避難を呼びかける、避難誘導者の存在」も重要なようです。

    たとえば、地震の発生時に、津波に襲われる危険のある地域に住んでいたら、日頃からその危険性を認識し、揺れを感じたら、すぐに避難するという訓練を行っておく。ということのようです。

    そして、訓練の時も、実際の災害時も、積極的に危険を知らせ、即時の避難を呼びかける、避難誘導者が登場すると、迅速な避難が完了しやすいようです。

    結局、これは、私達の広報活動そのものですね。

    「皆様に、誰でも必ず死後の世界へ向かうという現実を認識して頂いて、《神伝の法》という対処法の存在を知らせ、実習して頂く」。

    そのために、「私達一人一人が避難誘導者になって、肉体の死に備えての、《神伝の法》の実習を呼びかける」ということでしょう。

    やはり、どんどん、今の10倍でも100倍でも、情報を発信することが大切なようです。

    声を枯らしてでも、現状の危険性を叫び続けなければなりません。

    その声の高まりが、必ずや、邪霊による正常性バイアスの企てを、すなわち、人々を不死だと錯覚させる催眠術を、打ち破ることでしょう。

    その時、多くの方々の目に、《契山館》《神伝の法》の文字が飛び込むことになるでしょう。

  5. やっぱり広報活動が大事なんですね~___φ(゜ー゜*)メモメモ♪
    これからも頑張りましょう~!(*≧∇≦)b

  6. なおいーさん正常性バイアスに対しての素晴らしいアンチテーゼですね!
    私も今後は避難誘導者の意識で広報活動を行います。
    避難誘導者の成功事例としては『釜石の奇跡』が有名ですよね。
    ご存知でない方はぜひネットで検索してみてください。

コメントを残す