幽体の存在

人々から信仰心がなくなり、宗教が嫌われる中、社会生活を円滑に行うには霊的な話は禁句なのかもしれません。

「お金の貸し借りと宗教は友達を無くす」とも言うようです。

ですが、私は契山館に入会して数十年、初めから隠すことなく人に霊魂学と神伝の法の話をしてきました。

入会したての頃は「人が知らない事を自慢したい」と言う程度の浅はかな考えだったことは否定できません。そのせいもあってか陰で人に馬鹿にされていたと思います。

もともと頭が悪い奴が、更におかしなことを言い出したと思われていたのかもしれません。

人の陰口は言いたい放題です。

それでも、私には信念があったのでその姿勢を曲げることはありませんでした。

人に馬鹿にされながらもその姿勢を曲げず、仕事も社会人として普通にこなし、発言も常識的であれば、そのうちそのキャラが定着し、周りも特に気にしなくなってきたと感じます。(変わり者のレッテルは張られますが。)

そうなると、逆に霊的な問題を抱えた人や、霊的なことに興味がある人は半信半疑かもしれませんが、相談して来たりすることもあります。

そういう時は、まず「幽体」の存在を知ってもらいます。

 

水波霊魂学の定義を知らない人には、かなり噛み砕かないと伝わりません。

「もし仮にあの世があり、今と同じ姿で生き続けるとしたら、肉体は焼かれてしまうのだから、物質とは違う何かでできた体があるはずです。

それが、所謂、幽体と言われるものです。

その幽体は、今現在この肉体と重なっています。

物質とは違う為、霊的な糊のような気でくっついています。

何か失敗した時など(あの時、本当はこう思っていたのに何でああしてしまったんだろう?)と後悔する時がありますよね。

それは、実を言うと幽体からの衝動なんです。

肉体にも心がありますが、幽体にも心があります。

その幽体の心の衝動が、人生の岐路に立った時、大きく影響するんです。」

のような説明をすると、大体の方は理解してくれました。

(大分端折っておりますが。)

 

霊的な事に興味がある人は、まず「幽体」知って下さい。

その心を知って下さい。

そして「幽体」も汚れを落としたいし、栄養が欲しいと訴えていることを知って下さい。

by ガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!