霊猫あーちゃんとの生活 episode ZERO #003

レーマニーというのは随分と経ってからサボテンの仲間の名前だということがわかりました。

実は知り合いの農家のおじいさんが飼っていた雌のゴールデンレトリバーの名前を拝借しました。とても賢い犬で朝、おじいさんが畑に行く時におじいさんと一緒に畑に行き、おじいさんが仕事をしている間は畑の脇で大人しく待っていたそうです。夕方になりおじいさんが自宅に帰る時になるとムクッと起きておじいさんと家路についたそうです。人里離れた場所だったこともあり余りリードも付けていなかったそうですがトラブルもなく、人の言葉を理解しているのかのごとく言うことも良く聞いたそうです。

そんなレーマニーも13歳を過ぎて亡くなってしまいました。前日までいつものようにおじいさんと畑に行き翌日、ご飯をあげようと犬小屋に行くと眠るように死んでいたそうです。おじいさんは悲しみもありましたが苦しまず安らかに逝ったことで安堵の気持ちが大きかったそうです。

この話を聞いてレーマニーという余り耳馴染みの無い名前が強く印象に残ったのでしょう。家の庭に住みついた子猫を3匹連れた野良猫に深い考えもなくレーマニーと名付けました。

私の家には1階部分が車庫になっている2階建の離れがあります。私はそこで寝起きしていますが母屋の玄関からだけでなく外階段からも出入り出来るようになっています。外階段はコンクリートの打ちっぱなしでその踊り場で猫の親子がたむろしているのを最初に見つけたのは私の母親でした。

2016年の初夏でした。

レーマニーはサバシロ猫の年若い母猫でした。3匹の子猫はキジトラ猫、サバトラ猫、サビ猫で名前はブゥ、ヤー、ターと名付けました。これは少年ジェットのミラクルボイスから取りました(少年ジェットとミラクルボイスが分からない方はネットで調べてください)のちに調べたらブゥ、ヤー、ターではなくウー、ヤー、ターでした。私の勘違いでしたがそう名付け呼んでいたのでそのままにしました。ただサビ猫のターだけはのちにメス猫だと判明したのでター子になりました。

レーマニーとブゥ、ヤー、ター子はもっぱら昼間は階段の踊り場で過ごしていました。3匹の子猫がじゃれあって遊んでいるのをレーマニーが寝そべって眺めているそんな光景を何度か目にする機会がありました。

前記の通りとおり余り猫が好きではなかった私はレーマニー親子を追っ払いにかかりました。「庭を糞だらけにされたら叶わん!」と、その時は知りませんでしたがのちに猫は庭を糞まみれにしないことを知りました。猫はトイレの場所を決めるとずっとその場所でウンチもオシッコもします。そしてその後に砂をかけて痕跡を消します。これは猫が単独行動のハンターで自身の糞尿のにおいから獲物に感づかれない為の習性だと言われています。

私と同様に猫を飼った経験のない家の母親はあーちゃんが猫トイレで用を足した後に砂をかける様を初めて目の当たりにして「人間みたい!」と感動していました。ちなみにこの猫がウンチ(関西圏ではババ)を砂をかけて隠して素知らぬ顔をする行為から『ネコババ』の語源になったという説があります。

レーマニー親子を追い立ててみるものの翌日には素知らぬ顔でまた階段の踊り場でくつろぐ姿があるのを何回か繰り返した後、8月のお盆の時期に突然、レーマニーと3匹の子猫達の姿を見ることが無くなりました。

続く

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「龍」を拝読して

本書を読み進むうちに、《龍》の正体と、人間との深い関係が明らかになるでしょう。

《龍》というと、一般的には架空の存在と思われていたり、場合によっては、誤ったご利益信仰の対象にされていることもあるかもしれません。

しかし本書では、《水波一郎先生》を通して、高級霊魂が、《龍》の正体や、人間との深い関係等について語って下さっています。

また、《人間》と《龍》との関係の中で、人間が死後の世界で辛い思いをしなくて済むよう、この世で生きるうちに、何をするべきなのかが明らかにされていきます。

《龍》について語られた書籍は少なからず存在しますが、高級霊魂の視点で、これだけ明確に真実が明らかにされたことは、未だかつてなかったと思います。

類書がない、すなわち、この世のどこにも、学ぶべき資料が存在しない独自の内容が記されていることこそ、本書の内容が、霊的世界の霊魂によって、もたらされていることの証だとも言えましょう。

本書の内容を一笑に付すのも、真剣に受け止め今後の人生に生かすのも、私たち個人の自由でしょう。

しかし、この世に生きる以上、死からは誰一人逃れることは出来ません。

死後の世界があるかないかは、他人事ではないのです。

死後の世界は、存在するとは証明されていませんが、逆に存在しないとも証明されていません。

本書に目を通しながら、もし、死後の世界があったら・・・という観点から、今後の人生に思いを巡らせるのも、有意義な時間になることでしょう。

私事ですが、私は、この《龍》のお陰で、《契山館》と出会うことが出来ました。

《龍》に出会えなかったら、私は、まだ《契山館》を知らなかったかもしれません。

今の私があるのは、《龍》のお陰です。

《契山館》で《水波霊魂学》を学び、《神伝の法》という《霊的トレーニング法》を行うことは、《死後まで続く幸福》への道へ入ることを意味します。

どうか、一人でも多くの方が、《龍》と出会われますよう、お祈り申し上げます。

水波一郎先生著「龍」は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、
このページ下部のリンク先から、
契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆