「霊魂研究へのいざない」を拝読して

画期的な霊魂研究の書であり、《契山館》に出会った方が、《水波霊魂学》の概要について学ぶのに、最適な一冊だと言えるでしょう。

さて、《死後の世界》は存在し、私達は死後、《霊魂》として存続するのでしょうか?それはやはり、人間にとっての最重要なテーマであると思います。

《死後の世界》の存在を信じるかどうかと問われれば、私は躊躇なく信じると答えます。

《死後の世界》は、あると証明されているわけではありませんが、私には、どうしても、あるとしか思えないのです。

中には、《死後の世界》が、あるのかないのか分からない、という方がおられるかもしれません。

《死後の世界》は、客観的には、あるともないとも証明されていないのですから、どちらか分からないのは、ごもっともかもしれません。

しかし現実には、《死後の世界》は、存在するのかしないのか、答えは2つに1つなのです。

本書に記されているように、《死後の世界》があるという前提でいて、実際にはなかったとしても、もはや、その事を自覚する自己が存在しないのですから、特に不都合はありません。

でも、《死後の世界》などないと思っていたのに、実際にはあったという場合はどうでしょうか?

何の準備もしないで、《死後の世界》へ入ることになるのですから、大変なことになるかもしれません。

なぜなら、《死後の世界》には、天国のような楽な世界だけではなく、地獄のような苦しみの世界も存在するらしいからです。

古来より、様々な宗教等で、善人は天国へ行き、悪人は地獄に堕ちると言われてました。

ですから、人間は心を成長させるために、倫理道徳や人生訓を学び、善行に励むべきだと教えられてきたのです。

しかし、《水波霊魂学》では、異なる主張をしています。《死後の世界》での行き先を決める基準は、この世の善悪の基準とは異なるのです。

考えてみれば、この世の善悪の基準は、国や時代によっても異なるわけで、絶対的なものではありません。

そのように不確かな尺度が、《死後の世界》で通用しないのは、当然なのではないでしょうか。

それでは、何が死後の行き先を決めるのかというと、肉体と重なっている、《幽体》という《霊的身体の成長の度合い》なのです。

そして、《契山館》では、この《幽体》を成長させるための、《神伝の法》という、《霊的トレーニング法》の指導が行われています。

《神伝の法》こそ、肉体の死後、《幽体》で《死後の世界》へ向かう時に備えた、最高の準備法なのです。

《神伝の法》は、《死後まで続く幸福》を手にするための、唯一のパスポートです。

間違っても、死後、苦しみの世界へ入ることがないように、ぜひ、皆様にも《神伝の法》を行って頂きたいのです。

これからは、《幽体》の研究を伴わない《霊魂研究》は、役に立たない時代なのです。

水波一郎先生著《霊魂研究へのいざない》は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

正常性バイアスという邪霊の罠

 

正常性バイアス(せいじょうせいバイアス)とは

認知バイアスの一種。社会心理学、災害心理学などで使用される心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価するなどして、逃げ遅れの原因となる。

人の心は予期せぬ出来事に対して「鈍感」にできている。予期せぬ変化や新しい事象に心が過剰に反応して疲弊しないためのはたらきで、ある程度の限界までは、正常の範囲として処理する心のメカニズム。

近年の研究によれば災害発生時に実際にパニックが起こるのは稀なケースであるとされ、むしろ災害に直面した人々がただちに避難行動を取ろうとしない原因の心の作用として注目されている。

[具体的な例]

東日本大震災

地震発生直後のビッグデータによる人々の動線解析である地域では地震直後にほとんど動きがなく、多くの人々が実際に津波を目撃してから初めて避難行動に移り、結果、避難に遅れが生じたことが解明された

御嶽山噴火災害

死亡者の多くが噴火後も火口付近にとどまり噴火の様子を写真撮影していたことがわかっており、携帯電話を手に持ったままの死体や、噴火から4分後に撮影した記録が残るカメラもあった。

ここまではウィキペディアより抜粋引用(参考ページURL)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E6%80%A7%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9

心理学は人間の脳の思考に関する学問です。即ち脳という器官を使用して思考する人間は多かれ少なかれ影響を受けその支配下にあると言えます。

個人的見解ですが、狡猾で人の心に付け入る隙を熟知している邪霊達は(元は我々と同じ肉体を所持していた人々ですから当然なのですが)正常性バイアスを巧みに使い霊的真理(法則)から人々の目をそらし今、生きている人達が他界した後、自分達の下僕にすべく地上世界の霊的環境の悪化を画策しています。

多くの人々が死後行き着く先は地獄として表現していい場所なのかもしれません。

「霊的真理?   霊的環境?   自分は何の罪も犯していないし何も悪いことをしていないのだから地獄には落ちるはずはない! 地獄は罪人が行く場所だから他人ごとだね。」

 

知らないことは罪です。

知ろうとしなかったことは大罪です。

 

注)個人的見解に基づくものです。

 

byゆたんぽ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆