「ネコの死後はどうなるの?」を拝読して

本書では、この世でペットとしての生を終え、《霊魂》になった5匹の猫と1匹の犬が、苦しみながらも霊的に成長して、他の猫等の救済活動を始めていく姿が、物語風に描かれています。

普段から猫や犬などのペットと親しんでいる方は、ペットの《死後の世界》が気になるのではないでしょうか?

ペットの《死後の幸不幸》を決めるものは何か?ぜひ、本書の中に、その答えを見出して頂きたいと思います。

更に、本書はペットの《死後の世界》の話にとどまらず、ペットの側から見た、ペットと人間との関係や、他の動物に対する人間の責任についても言及されていて、深く考えさせられます。

また、猫や犬も《霊魂》の存在となると、知性が高くなるらしく、難しいことは分からなくても、人間の子供程度には、思いを伝え合えるようになるそうで、人間の《霊魂》との意思の疎通も可能になるようです。

そのため、本書では、《水波霊魂学》の初歩でもあり、同時に最重要とも言えるポイントが平易に語られていて、《霊魂学の入門書》と位置付けることも可能だと思います。

そういう意味では、ペットなどに、あまり親しみがない方にとっても、有意義な内容であると言えましょう。

私は、ペットを飼ってはいませんが、大変、興味深く読ませて頂きました。

水波一郎先生著「ネコの死後はどうなるの?」は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

動物の霊魂

先日の話です。

妻が道路脇で子狸を見かけ、かわいかったので思わず写真を撮ったとのことです。

妻の話によると、近くに親狸はいる様子はなく、一匹で何かを食していたとのことでした。

最近の群馬特有の新聞では、狸、ハクビシン、アライグマが市街地に出没し糞尿被害が相次いでいる様で、行政が対策にのり出したと言う記事もありました。

駆除をすると言うことなのでしょうか。

私は先生の著書である「ガンバレ動物霊魂」の主役のポコを思い出し、子狸をポコの物語に重ね、いろいろ妄想が膨らみました。

「親はどうしたのだろう?交通事故で死んでしまったのだろうか?人間の生活の巻沿いを食ってしまって孤独になってしまったのだろうか?この先独りで生きて行けるのだろうか?」

実際の所は分かりませんが、「かわいい」と「かわいそう」が入り混じった気持になりました。

死後の世界では、人間が思っている以上に動物にも感情があるようです。そして、人間と同じように幽体として生きています。

人間は動物を食し、見せ物にしたりしています。そうかと思えばペットとして家族の様に可愛がります。

そんな動物たちは人間をどう思っているのでしょうか。人間は霊的にも動物に影響を与えているようです。

本当の意味で動物霊魂を救うには、人間が霊的に目覚め、神伝の法を行うしかありません。

是非「がんばれ動物霊魂」を読んでください。

byガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆