「死後まで続く幸福のために」を再読して

今回、数ヵ月振りに、水波一郎先生著《死後まで続く幸福のために》を再読しました。

改めて、本書には、現代を生きる私達に欠かすことが出来ない、重要なポイントが網羅されていることを、再認識することが出来ました。

まず、本書の内容さえ理解することが出来れば、なぜ、《契山館》で《神伝の法》の霊的トレーニングを行うことの重要性が繰り返さているのか、その意味がご理解頂けるはずです。

本書の中に、理解が難しい箇所があっても構わないと思います。私もまだ、ごく初歩的なことしか理解出来ていません。

水波霊魂学には、深遠で奥深く難解な部分もあります。

でも、難しいことは理解出来なくても、高貴な霊魂の方々への《信仰心》があれば、《神伝の法》の霊的トレーニングを習得することは出来ます。

ですから、まず本書をお読み頂いて、少しでも「そうかもしれない」と共感される部分があったら、迷わず《契山館》の門をお叩き頂きたいと思うのです。

《支部集会・分会集会》へも、日時等をお問い合わせの上、ぜひ、ご見学にお越し頂き、疑問点などがおありでしたら、お尋ね下さい。

そして、出来れば、本書でも紹介されています、《霊的トレーニング基本研修会(日帰り研修)》にも、ご参加頂きたいと思います。

《契山館》では、自由意思を尊重していますので、強引な勧誘は一切行っていません。

また、入会後の退会も自由ですので、ご安心下さい。

今回は、ご参考までに、本書《死後まで続く幸福のために》の目次をご紹介致します。

繰り返しになりますが、私達、現代の人類にとって、最重要な内容になっています。

ご興味を持たれましたら、ぜひ、ご一読なさいますよう、お勧め致します。

第1章 霊的な事で知らないうちに不幸になっている。
1 霊的な不幸は誰にでも起きる
2 霊魂だけが問題なのではない
3 念の問題
4 幽気の問題
5 間気の問題
6 不道徳な霊魂との遭遇

第2章 不道徳な霊魂の事情
1 霊媒体質とは?
2 この世にいる霊魂の実際
3 霊魂もつらい
4 霊魂に狙われやすい人
5 普通の人の霊的状態

第3章 念の悪影響
1 念の力
2 幽体の傷
3 幽体の病院

第4章幽体の状態は死後をも不幸にする。
1 苦悩は続く
2 下の世界に入った人
3 中間的な世界に入った人
4 上の世界に入った人
5 更に上に登って行く霊魂

第5章良好な幽気を吸収するために
1 幽体を健全にするにはどうすれば良いのか
2 幽体を健全にする方法
3 低い有気を取り除くには
4 高貴な幽気を浴びる
5 高級な幽気を集める

第6章 間気の改善
1 間気の実際
2 間気の性質
3 間気の対策

第7章 幽気の改善
1 幽記の流れを良くする
2 幽気の性質を良くする
3 幽気を吸収するには

第8章 幽気、間気、幽体改善の為の方法
1 幽気の流動を促進する方法
2 幽気の性質を良くする方法
3 幽気を強くする方法
4 間気の流出防止法
5 間気の流動
6 間気の増加
7 間気の強化
8 幽体の不調の改善法

第9章 幽体の霊的調査
1 ある霊的調査
2 別の霊的調査
3 霊的調査で起きる問題
4 霊的調査の限界
5 霊的調査よりも霊的トレーニング

第10章 幽体を観察してみると
1 幽体のズレ
2 死の準備
3 幽体と信仰
4 動物の幽体
5 幽体の病気

第11章 上の世界の霊魂を想う
1 上の世界の幽気
2 高貴な気
3 日本の現状
4 指導霊の影響
5 守護霊の登場

第12章 幽体の嘆きを知る
1 人間の幽体
2 幽体の病気の予防
3 幽体の傷もさまざま
4 人生を好きに生きる
5 最後の時
6 いろいろな生き方

水波一郎先生著《死後まで続く幸福のために》は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

byなおいー

「死後まで続く幸福のために」を再読して」への3件のフィードバック

  1. この一冊だけ読んだとしても、現代の霊的事情が分かり、その理由、そして対策が分かります。
    水波霊魂学を知らない人でも、きっと理解できると思います。

    せめて、知識としてだけでも知っておいた方が良いと思います。

  2. 人間は必ず死んでしまいますからね~。
    死んだ後の世界の事を知っておいても損は無いですよ!

  3. 私もなおいーさんの記事を機会に再読し始めました!
    この書籍を読めば、霊魂学の基礎知識が身につけられる、教科書のように感じます。

コメントを残す