千葉の停電(ヨハネの黙示録)

千葉県の停電について、連日報道が続いております。

既に回復しているところも多いようですが、こんなに復旧に時間がかかるとは、被災された方々はどんなに不安なお気持ちで毎日をお過ごしのことでしょう。一日も早い全面復旧を願うばかりです。

 

ここ数年の気象の変化は、目を見張るほど人間に対して暴力的に思えます。

災害だけではありません。一般の方がある日突然凶悪な犯罪や事故に巻き込まれたり、明日は我が身かとゾッとするようなニュースがなんと増えたことでしょう。

人に対して、世の中がこんなにもはっきりとおかしくなっている。いくら何でもおかし過ぎると多くの方がお感じになっているのではないでしょうか?

 

そんなニュースばかり聞いていると、以前ふと読んだ「ヨハネの黙示録」を思い出します。

(お断りさせていただきたいのですが、水波霊魂学の見地から正しいと言いたいわけではありません。
ですが現代の我々にも、参考にすべき点は多々あるように感じて、今回話題にさせていただきました。)

 

黙示録には、人間が災いに苦しむ様がこれでもかこれでもかと表されています。

自らの罪故なのですから反省せねばならないのに、悔い改めず、自らにとって都合の良いもの・邪悪なものばかりに引きつけられて、一向に真実に目を覚まさない人間達。

悔い改めるべきタイミングをとっくに迎えているにも関わらず、目を覚まさない人間の姿は、まるで現代と通じており・・・何より、反省してもなかなか変われない自分自身の姿にも思え、胸がつまります。

この黙示録には堕ちていった人間の苦しい場面が続きますが、それだけでなく、救われた人間がいたことも最後の方に書かれています。
正しく神を求め、自らの過ちを見つめれば、必ず人間は報われるのだと強く励ましてくれているように思えます。

私達はこの黙示録の愚かな人間達、そして神に向かい救われていった人間達、両方の姿に今こそ学ぶべきではないでしょうか。

私達が生きる世界はこの黙示録のようにどんどんと悪い方向へ進んでいるように思えますが、だからといって正しい道が無いわけではなく、気づいていないだけではないでしょうか。

意識されてみてください。
もし本当に死後の世界があり、神霊、高級な霊魂方、邪霊という存在が実在しているとしたら、現代の私達はこの黙示録の愚かな人間と正に同じ行動をとっているのではないでしょうか。
この世が恐ろしい犯罪や自然災害に襲われているのは、もしかすると必然なのかもしれません。

私達契山館会員は、生きる上で一番大事なことを教えていただいております。

今私達がすべきことは、一人一人が霊的な事柄を学び、自らの守護・指導霊を求めること。そして、己の霊的な身体を成長させることです。

ファンタジーに思えるでしょうか。
しかし、実際に日々霊的トレーニングを行い自らの霊的身体を鍛えると、神を求めることは人間にとって最も大切なことなのだと、心の底から実感いたします。

「幽体」に力が入ると、まるで自分が変わるからです。

物理的なことに例えてみれば、それまで男の一人暮らしで不摂生がたたって肉体の状態を崩してしまった人に、愛情を込めた栄養たっぷりの食事を与えれば、たとえ栄養学の知識が無くても、自分の肉体に必要な栄養を入れることの大切さをしみじみ感じることでしょう。
「自分の肉体にはバランスの良い食事が必要だ。」
いってみれば、そんな気づきが霊的な面でも得られるのです。
「自分の幽体には良い幽気が必要だ。」と。

自分には幽体がある。
霊的に高級な存在、守護、指導霊という方々が本当にいらっしゃる。
日々の生活が霊的な事柄に大きく影響を与えている。
ひとつひとつの気づきが、私をふくめ会員の人生を良い方向へと導いてくれています。

一人でも多くの方に同じように霊的な事柄への確信をつかんでいただきたいと心から願っております。

 

ここまで話題にしておいて何ですが、ヨハネの黙示録は何を言っているのか、正直チンプンカンプンな内容ですし、読んでいただきたい訳ではありません(^^ゞ

今を生きる私達のために、霊的な事柄をどなたにでも分かりやすく書かれた人類の宝、現代のための救いの書籍が、既に何冊も出版されています。ぜひお読みください。
霊的な知識を身につけてください。そして、共に道を歩きませんか。

byゆず

○HP「霊をさぐる」より
「霊的な生き方とは」

10 thoughts on “千葉の停電(ヨハネの黙示録)

  1. ヨハネの黙示録って長いんですね~。
    チラッとしか見ていないですけど、よく分からないです^^;
    でも昔の、その地域の人々の為に書かれた物なので、現代人が読めば分からなくても良いと思います。
    現代人に分かるように書かれた物は、霊魂学なので、霊魂学を知って欲しいです(´・人・`)

    • ふーみんさん、私も黙示録に何が書かれているのかはよく分からないですが、こういう謎めいた内容は昔からワクワクしましたよ~( ´艸`)
      こんなご時世ではありますが、神秘的な内容に惹かれる方はまだ大勢いらっしゃるような気がします。そういう方には是非、現代人のために生まれた水波霊魂学各書籍を読んでいただきたいです(^o^)謎ばかりの霊的な世界を現代人に分かるように細やかに解説されているんですもん、ワクワクドキドキ、どころの話ではありません・・・!

  2. あくまで私的な感想と言うことでお許し頂きたいのですが今回、接近上陸した台風15号は日本列島に近づくにつれて気持ちが悪くなり寝込んでしまいました。

    それは台風が東北地方の太平洋沖に抜けるまで続きその間は穢れを落す力がより強いと言われる神伝禊法初伝の行法しか行えませんでした。

    未熟者の霊的修行者の私には理由など知る由もありませんがしかし台風が離れて行くと嘘のように気力と体調が回復し元の日常に戻りました。なのでゆずさんのおっしゃるように何らかの悪い流れが日々強くなっているのかもしれませんね。

    だとしても今生きている人間が悔い改めて霊的に正しい道を歩んで行くしか解決法はないのですが。

    • 気象予報の精度がどんなに上がっても、台風が一体どちらの方向に行くのか、方向性ひとつとっても私たちには分からないことばかり。人間のできることには限界があるのに、まるで神様のように、何から何まで科学で証明できるなんて言いきってはいけませんよね。気象の裏で、とてつもない大きな霊的な事柄が起こっている可能性もありえるのかも・・・。
      何はともあれ、ゆたんぽさんのご体調が回復されていてよかったです。これからの季節の変わり目、どうぞご自愛ください。

  3. 千葉の停電、一日も早く復旧できることを祈ります。

    私は外仕事なので良く天候に左右されます。今回の台風15号が来る前も、現場に被害が出ないように対策をしていました。現場は群馬寄りの埼玉県でしたが、幸い大した被害はありませんでしたので、ニュースで千葉の被害を聞いても、すぐ復旧すると思いあまり気に止めていませんでした。ところがいつになっても復旧できないニュースばかり報道されるので、被害の重大さを実感するまで時間がかかりました。

    すぐそこで、生活が一変してしまった人達がいる現実は、何とも表現しようがないです。

    天候に左右される仕事をしている私の個人的見解ですが、最近の天候は予想しにくいと思います。昔なら、ある程度パターンがあったような気がします。

    水波霊魂学を勉強していれば、物質と幽質が重なっていることを知ります。物質にも法則がありますように、幽質にも法則があります。

    自然現象は、物理的な法則が意味があって作用していると思いますが、重なっている幽質の法則も、何らかの影響を及しているのかもしれませんね。

    ヨハネの黙示録は有名ですが、私はその中の特に有名な部分しか知りませんでした。長いので私も大まかにしか目を通しませんでしたが、個人的には、霊的な視点が無ければピントを外しそうですね。

    私も、師の書籍を読んで頂き、神伝の法を知って頂けば、深く考えなくても良いのかと思います。

    • 今回の千葉の災害には、テレビ局のニュース一つ見ても、被災当事者の方々以外は、皆、すぐに復旧するものだと思い込んでいた節がありますよね。私もガンリキさんと同じように感じていました。当事者の方々のお気持ちを考えますと、申し訳ない気持ちになります・・・。
      本当に天候が以前と変わってしまいました。私も外作業の人間ですが、今までと同じように作業していても、同じ結果が出ない世の中に変わってしまったような気がします。
      この世のことなら涙目で済むかもしれませんが、霊的な事柄に対策をとらないと、脅しでもなんでもなく、大変苦しい状況になるとのことです。災害は避けられても、死後については全員が当事者です。どうか書籍だけでもお読みいただければと思います。

  4. 自然災害に、どの程度、邪霊(悪霊)が関与しているのかは分かりませんが、凶悪な事件や悲惨な事故には、明らかな関与がある場合が多いような気がします。

    邪霊の目的は、この世を消滅させることではないそうですので、邪霊がこの世を徹底的に破壊しようとしているとも思えません。

    しかし、邪霊が、人々を苦しめたり、嘆き悲しませたり、あるいは人々の怒りや憎悪心などを煽って、不幸な人を増やすことを目指しているのだとすれば、自然災害にも、何らかの方法で、関与することがあるかもしれない、と個人的には思っています。

    いずれにしても、私達が一人でも多く、《神伝の法》の《霊的トレーニング》を行うようにして、この世に、《高級な霊魂》の方々が活動される領域を増やし、邪霊が活動する場を縮小することが急務だと思います。

    • 幽体の不調があって邪霊に弄ばれてしまった人も、人を苦しめることにしか喜びを感じない邪霊も、人間の歩くべき正しい霊的成長の道を知らないからですよね。その道を知っていれば、そして、その先にどれだけの幸せがあるのか分かっていれば、邪霊にならずに済んだ存在だっていたのではないかと思っています。

      なおいーさんがおっしゃる通り、邪霊の活動する場を縮小したいです。そのためには、やはり一人でも多くの方に水波霊魂学を知っていただきたいですね!

  5. 台風の被害、本当に酷いようですね。
    自宅には被害がありませんでしたが、当日の深夜は風で家が揺れて屋根が飛びそうで眠れませんでした。停電が続く生活はかなりのストレスだろうと想像します。

    電気がなければ、このブログにコメントも書けません。
    活動できることの幸せを改めて感じました。

    既に、人類の歴史の転換点にあるのかもしれませんね。。。

    • こまさん、台風の日はさぞや怖かったことでしょう・・・(T_T) 実際にご自宅の屋根が吹き飛んでしまわれた方は、どれだけの思いをされたことでしょう。 こちら長野県の私の家も、昨年は大変な風が吹き、果樹が何本も根本から折れたりして、一夜にして大変な被害を受けました。
      人間の力は弱くて、自然の猛威にはただただ祈るしかできませんが、もしその祈りが正しく霊的に高級な存在に届くことがあれば、私たちは人類の歴史の転換点を良い方向にもっていけるかもしれませんね。

群馬ブログ編集部:こま にコメントする コメントをキャンセル