『神伝禊法改訂版』を再読して

先行して発売されていたkindle版(電子書籍)に続いて、ペーパーバック版(紙の書籍)が発売されたのを機に、本書『神伝禊法改訂版』を再読させて頂きました。

重複は出来るだけ避けようと思いますので、本ブログに 10月20日に掲載して頂いた、「『神伝禊法改訂版』を拝読して」と、合わせてお読み頂ければ幸いです。

今回は、前回のkindle版の拝読から、18日後のペーパーバック版での再読になったわけですが、改めて新鮮な感動がありました。

本書を拝読したのは、旧版からの通算で、ペーパーバック版とkindle版を合わせて、10回目くらいのはずですが、回を重ねるごとに感動が深まるのと同時に、本書の凄さを実感させられます。

ですが、読み重ねる度に、理解が深まっているとは、とても申せません。それどころか、私の肉体脳で理解出来る部分など、表面の一部に過ぎず、ないに等しいという現実を突き付けられる思いです。

肉体脳の理解が全く及ばない世界、それが、いかに広く・高く・深く・輝いた世界であるのか、具体的には何も分からず、ただ、憧れが募るばかりです。

でも、今は、この憧れを頼りに、日々、《神伝禊法》の《霊的トレーニング》を続けられることが、何よりの幸せだと思っています。

本書を読んで、《神伝禊法》に興味を持たれた方には、ぜひ、実際に《神伝禊法》の合宿研修を、経験して頂きたいと思います。

なぜならば、私自身、実際の《神伝禊法》の合宿研修を経験する前と後では、本書から得られるものの次元が変わったように思えたからです。

やはり、実際に《禊》を経験してこその、本書《神伝禊法》だと言えるように思えます。

この《神伝禊法》の《霊的トレーニング》を実習することの凄さ・素晴らしさは、どんなに言葉を尽くしても、お伝えすることが出来ません。

この現代の物質界に、《神伝禊法》が降ろされている事の意味は、体験して頂ければ、きっと実感して頂けることでしょう。

それほど凄い事が、起きている時代なのです。
《神霊》より《神伝の法》(《神伝禊法》と《神伝鎮魂法》)が降ろされたこと自体が奇跡ですし、まさに、私達が《その時代》に日本に存在していることも奇跡だとしか言いようがありません。

その本当の価値を知れば、日本中から、さらには世界中から、《神伝の法》を求める方が殺到することでしょう。

どうか、本ブログをお読みの皆様にも、この人生最大のチャンスを逃さず、《神伝の法》・・・《神伝禊法》の《霊的トレーニング》を始める、きっかけとして頂けますよう願っております。

《神伝禊法》の研修会についてのお問い合わせは、《群馬支部》、または、お近くの支部・分会などへお願い致します。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

3 thoughts on “『神伝禊法改訂版』を再読して

  1. 師の書籍は、何度読んでも新しい発見がありますよね!修行者としては年数ばかり長い私ですが、それでも読むたびに「こんなことが書いてあったのか!」と言うことが何度もあります。

    読んでるだけでも感動はありますが、霊的トレーニングを積んで行くと、更に理解が深まると思います。

    一人でも多くの人にその体験をして頂きたいです。

  2. 合宿の感動は体験しないと分からないです。
    ぜひ、あの感動を味わって頂きたいです。
    人生変わりますよ(*≧∇≦)b

  3. 皆様がおっしゃる通り、契山館の各書籍は奥が深くて、読む度、新しい発見がありますね。各人の積み重ねた修行が新しい視野を与えてくれて、何が書かれていたのか、段々霧が晴れるように分かってくるようです。

群馬ブログ編集部:ゆず にコメントする コメントをキャンセル