なおいー写真紀行第90回、国内各地第37回

今回の画像は、神奈川県の「横浜みなとみらい地区」の夜景です。

神奈川県の県庁所在地、横浜市は、人口約375万人で、全国の市区町村の中で第1位です。

ちなみに第2位は大阪市の約274万人、第3位は名古屋市の約233万人、第4位は札幌市の約197万人、第5位が福岡市で約159万人です。

東京の都市部はもちろんですが、やはり大都市の人口は多いですね。

そうなると気になるのは、霊的な環境悪化です。

いったい、どれくらいの数の悪い霊魂が、私達の周囲を徘徊して、隙を狙っているのでしょうか?

一方、《守護霊・指導霊》や、その助手の霊魂の方々が近寄れるような方は、どれくらいおられるのでしょうか?

1日でも早く、1人でも多くの方に、《神伝の法》の《霊的トレーニング》を始めて頂きたいと願うばかりです。

byなおいー

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

なおいー写真紀行第90回、国内各地第37回」への3件のフィードバック

  1. 人間の作った景色も、捨てたもんではないですね。夜景は私も好きです。

    奇麗に写る夜景も、もし幽気が見えればどんな景色になってしまうのでしょう。

    人間の居るところに霊魂有り。

    目に見えませんが、そこで指導的な霊魂も、邪霊も、活動している現実を知って欲しいです。

  2. 綺麗ですね~(´艸*)
    でも確かに霊的には悪いんでしょうね^^;
    今の世の中、信仰がない人の方が多いから、人が多ければ多いほど、悪いでしょうね^^;
    でもその中で霊的修行者の割合が多いと事は、他よりも霊的には良さそうですよね(*´艸
    )

  3. 本当に綺麗な夜景ですね。田舎はこういう雰囲気が無いので、たまに見たくなります。
    夜景を見ると、その明かりの一つ一つに人の人生があることを思います。
    明かりが一つずつ霊的な輝きに変わっていけば、世の中を騒がせる不可解な凶悪な事件や事故、DVなどのトラブルが次第に無くなっていくと思います。

ふーみん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。