外出自粛要請

新型コロナウイルスの影響による外出自粛要請で、自宅待機の人も大勢居ると思います。私も少し時間があったので、ユーチューブでいろいろ動画を見てみました。

 契山館と違う説を見ているうちに、目移りしたのが「古代文献」だとか、人類の未来についての予言などでした。その中でも目に付いたのが「竹内文書」とか「日月神示」あるいは、失われた文明みたいなくくりで「アトランティス大陸」「ムー大陸」は実在したと言う動画です。 続きを読む

コロナDV

海外では、新型コロナウイルスによる自宅待機や、経済悪化のストレスによるDVや児童虐待、離婚が増えていると言う記事を見ました。

感染の恐怖だけでなく、いろいろなところに影響が出ているようです。

 普段の生活では、学校や職場に居るはずの家と閉鎖的な空間に毎日一緒に居れば、ストレスが溜まるのかもしれません。

 更に、リーマンショック以上と言われる経済悪化で職を失った人は、先々の不安から、やり場のない気持ちを家族にぶつけてしまっているのかも知れません。

しかし、霊的視点から見るとそれだけが原因ではないかもしれません。不穏な部屋の空気は、穢れた幽気も大きく影響していると思います。 続きを読む

話題の4コマ漫画

ツイッターで話題になっていた4コマ漫画の「100日後に死ぬワニ」が320日で最終回を迎えました。

人生の終わりである「死」をテーマにしていたので、霊魂学徒としては気になっていたところです。

 

作者としては、「命の終わりを意識することで、今の生き方が変わるのではないか?限りある人生を大切にして欲しい」と言うメッセージを込めたそうです。 続きを読む

3・11

9年前の311日は東日本大震災でした。

時が経つのは早いものです。

津波の映像は、今見ても胸が締め付けられます。

 

現代の日本は、いつどこで災害があるか分かりませんので、このような日がきっかけで、防災について改めて考え直す人も多いのではないでしょうか。

 

通学、通勤先の経路の確認や、避難所の確認、防災用品の準備や家族との連絡方法

 色々備えておけば、いざというときに役に立ちます。

 

世の中は今、新型コロナウイルスで大変ですが、人の死はいつどこで訪れるか分かりません。

だとすれば、やはり死後のことも知っておいた方が良いと思います。

 

死後の世界が存在しなければ、災害や病気などの備えだけで良いかもしれませんが、

もしも死後の世界が存在していれば、知っておかなければいけない知識がたくさんあるはずです。

 

「備えあれば憂い無し」は、

この世のことだけではありません。

 

あの世に逝ってからでは遅いかもしれません。

生きているうちに備えて下さい。

 

この書籍をお奨めします。

 

Byガンリキ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム