分かれ道 ( Part5)

鬱病と診断されるちょっと前に上司から業務上、恫喝とも取れる発言を受けました。これは看過出来ないと考え速攻で労基に相談に行きましたがその時対応してた相談員が夕方に近い時間の為か他人の感情の機微を読み取るのが得意な私で無くても判るレベルで面倒くさそうな思いが表情から見て取れました。大方、定時で上がって飲みに行く算段でもしていたのでしょう、明らかに話を早く切り上げたかっています。別段、違法性のない発言と言うことになりました。 続きを読む

QOL

先日、深夜に放送されていたドキュメンタリーの話しをしたいと思います。

私は深夜に放送されるドキュメンタリーが好きです。高い視聴率が望めない時間帯なので事実を淡々と伝えなんの答えも制作者の意図も反映されていない中立の立場をとった良作が多く、自分自身で考えさせられるところが自然に身近な問題と捉えることが出来るからです。先ずはその内容をお話する前に私自身の死生観をお話するのが良いと考えました。 続きを読む

霊猫あーちゃんとの生活 #033

ー  猫のお喋り  ー

これは以前にお話ししたことなのですが猫は本来、鳴きません。猫同士では鳴く必要がないのです。喧嘩する際の威嚇や発情期、子猫が母猫に自分のいる場所を知らせる時くらいしか鳴き声を発することがないのです、でも猫は鳴きます。あーちゃんも鳴きますがおそらく他の飼い猫と比較するとかなり頻度は低いでしょう。 続きを読む

悪質クレイマーとの闘い

本日も一部ネットに関連したお話しになってしまいますが軽めのテイストにするつもりですので肩の力を抜いて読んで下さい。

まだ完結はしていませんが同時進行で店長残酷物語を投稿しています。これはその時のお話です。接客サービス業だった為にクレームとは切っても切れない関係でした。面と向かってのクレーム対応は楽ちんでした。此方に非があるクレームはちゃんと誠意を持って対応したので直ぐに解決しました。問題はいわゆるクレイマー対応です。しかし私、クレイマーのあしらいが異常に上手いのです。クレイマー対応選手権世界大会があったら日本代表くらいにはなれたと思います。 続きを読む

正義という仮面を被った悪意

ブログを投稿するにあたって私はゆたんぽというハンドルネームを使用しています。勿論、私はこの世に実在している人間ですのでちゃんと戸籍に登録してある本名もありますし居住地の住所も存在します。生きて行く為に仕事もしていますので勤めている会社もあります。

契山館群馬支部と言っても何百人、何千人と会員がいるわけではありません。ですから月1回の支部集会で顔を会わすのは顔も本名もわかっている人々の集まりです。なので私、ゆたんぽの本名と顔を知っていて交友の深さから職業や会社や自宅の場所を知っている会員もいます。その逆もまたしかりです。 続きを読む