「ネコの死後はどうなるの?」を再読して

今回私は、本書を、人間の救い、人間が学ぶべき事、人間が為すべき事、との観点から、再読させて頂きました。

本書は、寿命を迎えて《幽質界》という《死後の世界》へ入った5匹のネコの兄弟姉妹と、《幽質界》で知り合い仲間に加わった1匹の犬の、合計6匹の元ペット達を主人公に、物語風に話が進んでいきます。

言い換えれば、この6匹のネコと犬の他界後の経験から人間が学ぶべき事、という視点から再読させて頂いたということでもあります。

結論から申し上げれば、この6匹の他界後の経験は、人間の他界後の経験と共通する部分もあり、学ぶべき重要なポイントは全く同じであったと言えると思います。 続きを読む

「霊魂研究へのいざない」を再読して

本書の副題は「死後の世界や霊魂について学ぶには」となっています。

また、表紙には、

「霊魂を信じた人が最初に読む本。霊魂が居るかもしれません。 死後の世界があったとしたら、地獄へは落ちたくありません。今をどう生きるかで 死後が変わるかもしれません。では、どうしたら死後が分かるのでしょうか。
多数ある本の中で、どれを読めば良いのでしょうか。
霊魂が居ると思った人は、まずは入門書を読みましょう。
本当の霊媒現象を知りましょう。」

とあります。 続きを読む

「神伝禊法」を再読して

《神伝禊(みそぎ)法》は、《契山館》で指導されている《神伝の法》という霊的トレーニング法の一つです。

《神伝の法》には《神伝鎮魂法》もあって、こちらも同名の書籍がアマゾンで販売されていますので、ぜひ、合わせてお読み下さい(2019年1月1日現在、紙の本ペーパーバック版のみ発売)。

《神伝》であるとは、神霊から《水波一郎先生》を通して、私達に降ろされた特別な霊的トレーニング法だということです。
続きを読む

「幽体の悲劇」を再読して

久し振りに、本書『幽体の悲劇』を再読させて頂きました。

本書の『はじめに』において、《水波一郎先生》は、

「これまで、世の中に溢れるほどあった霊的な本は、霊魂の世界の法則とか、悪霊とか、高級霊魂とか、霊魂の世界の光景とか、そういったものばかりでした。」

とされた上で、

「しかし、本書はまるで違います。今、生きている私達の『幽体』、そして、その意識にも注目しているのです。これまでに、そうした本を私は見たことがありません。

皆さんは、初めて、自分自身が『霊的生命体』である、と知ることでしょう。『霊魂』や『霊的な事柄』は、実は、一人一人の人生と、深く、深く、関わっているのです。

本書では、そうした事について、なるべく分かりやすく解説したいと思います。」

と述べておられます。 続きを読む

「神体」を再読して

《偉大なる魂の生涯》との副題が付いた本書では、今から6千年ほど前に、一般にムー大陸と呼ばれている地域に生誕された《キリスト》、《ラ・ムー師》の生涯が明らかにされています。

《キリスト》とは、人類を霊的に導くために、一般人では持ち得ない、《神体》という特別な霊的身体を所持して、物質界に生誕された大神人のことで、《ラ・ムー師》の他にも、《イエス師》や《シャカ師》など、6名が存在しておられるそうです。 続きを読む