幽体を成長させ、幸福になろう

《幽体》とは、この世では肉体と重なっている霊的身体のことで、私達が死を迎えると、肉体から離れて、この《幽体》で《幽質界》という《死後の世界》へと入ります。

また、本稿で言う《幸福》とは、《幽質界》でも通用する《霊的な幸福》のことで、利己的な願いが叶うことでも、今さえ良ければ良いというような、刹那的なものでもありません。

この世では《幸福》だと錯覚していても、死後、《幽質界》で下層の世界へ落ちて、まるで地獄のような苦痛を味わい続けるのでは困るのです。

以上を前提に、話を進めて参ります。

この世で人間が幸福に生きられるかどうか、それは《守護霊・指導霊》などの高級な《霊魂》の指導が受けられるか、その逆に、不道徳な霊魂の干渉を受けてしまうかによる、とも言えるでしょう。 続きを読む

オーラの光で、未来を輝かせよう

私達は、肉体の他に、肉眼には見えない、《幽体》という、肉体と同形の霊的身体を所持しています。

そして、その《幽体》が健全で成長していて、活力があれば、《オーラ》という霊的な光が放たれています。《幽体》が、より健全で成長している程、《オーラ》は強い光を出すのです。

この《オーラ》は物質ではないので、肉体の意識しか表明に出ていない、この世の人間には見えません。 続きを読む

死後、下層の世界に落ちないために

人間は誰でも、この世では肉体と《幽体》という霊的な身体が、重なった状態で生きています。

しかし、物質で出来た肉体には寿命があるので、いずれは肉体の死を迎え、《幽体》で《幽質界》という《死後の世界》へ入ることになります。

そして《幽質界》は、この《幽体》の健全の度合い、成長の度合いによる、階層世界になっています。
続きを読む

入会して2年

私は2017年の3月に《契山館》への入会手続きを行い、同4月から会員となりました。まずは、一般会員としての入会でした。

ですから、まもなく入会して、丸2年が経ちます。

今回は、私が入会後、この2年の間に、変わったと実感したことを、私の好きな船旅に例えて、少々、述べさせて頂きます。
続きを読む

〈神伝禊法初伝《水の禊》〉

今回は、主に《契山館》への入会をお考えの方や、一般会員の方で修行会員への変更をお考えの方に向けた内容です。

《契山館(けいざんかん)》には《神伝の法》という、主宰者の《水波一郎(みずばいちろう)先生》を通して神霊が私達に降ろして下さった、霊的トレーニング法があります。

そして、《神伝の法》には、《神伝禊(みそぎ)法》と、《神伝鎮魂(ちんこん)法》という2つの体系があって、現在、それぞれ、初伝、次伝、中伝、奥伝のトレーニング法の指導が行われています。 続きを読む