イタリアこぼれ話(その2)「年長者にも敬語は使わない」

今回はイタリア語の2人称のお話です。

イタリア語の2人称単数には、親しい相手に対して使う「親称」と、親しくない相手に使う「敬称」があります。

一般的に日本語に訳す時は、親称は「君、お前」、敬称は「あなた」とする場合が多いようです。

昔は2人称複数にも、親称と敬称の区別がありましたが、現在では複数の場合の区別は、ほぼ消滅しています。

ところで、この親称と敬称ですが、日本語の「ため語」と「敬語」の区別とは、かなり異なるもののようです。 続きを読む

神伝鎮魂法初伝合宿に初参加して

先日、《神伝鎮魂(ちんこん)法初伝合宿》が行われましたので、初参加させて頂きました。

《神伝鎮魂法》は、《神伝禊(みそぎ)法》と共に、《神伝の法》と呼ばれ、《神霊》が《契山館》の主宰者、《水波一郎師》を通して、この世に降ろされた《霊的トレーニング法》です。

私達が、この世においても、肉体の死後に入る《幽質界》においても、真の意味において幸せに生きていくためには、《幽体》という霊的身体を健全化させる必要があるわけです。

《神伝禊法》でも、《幽体》を健全化させることが可能だとのことですが、今回指導がなされた《神伝鎮魂法初伝》は、特にこの《幽体》を健全化させるために、適したトレーニング法なのだそうです。 続きを読む

イタリアこぼれ話(その1)「マスク」

私がイタリアで生活していたのは、1995年から2001年にかけての6年半の間でした。

その前の数年間は、短期で何度も渡伊していたので、正確には1993年から2001年にかけての8年間に、私がイタリアで体験したことの一部を、今後、不定期で投稿させて頂くつもりです。

なお、内容が現状と合致していない可能性がありますし、あくまでも私の体験に基づいた主観的なものなので、一般的・客観的な事実とは異なるかもしれない、という前提でお読み頂ければ幸いです。

さて、1回目の今回はマスクのことです。 続きを読む