犬の散歩道で

愛犬とのいつもの散歩コースの、「何故こんなところに?」と言う場所に山羊が6頭います。(今は5頭になりました)

以前から感じていましたが、飼い主の性格なのか小屋や柵は雑に出来ており、ローカル感満載です。 続きを読む

「子供たちのためのスピリチュアルなお話-クリスマス編-」を再読して(その1)

2018年のクリスマスからは、1ヶ月半ほど経ちましたが、久し振りに本書を再読させて頂ました。

本書は現在、カラーの電子書籍kindle版、紙の書籍のペーパーバックのカラー版とモノクロ版の3種類が、いずれもアマゾンから出版されています。

私は、カラー版もモノクロ版も拝読させて頂きましたが、個人的にはカラー版が挿絵も美しく、お勧め出来ます。
続きを読む

子供たちの霊的な質問に、ちゃんと答えていますか?

子供の言うことだからと、「お化けが出た」「〇〇が怖い」という訴えに、適当に答えていませんか?

実は、大人よりも子供の方が霊的なことに敏感かもしれません。何かが本当に起こっていたら、そのままにすると、大変なことになるかもしれないのです。

続きを読む

「死後の世界で恋をして」を再読して(その2)

前々回、1月31日の「死後の世界で恋をして」を再読して(その1)に続いての内容です。

本書の《第7章 真の恋愛》《3 上の世界の恋愛》において、三郎の上司の霊魂は、

(引用始め)
「霊魂にとっての一番の慶びは、神霊のお役に立てる事です。これ以上の慶びはありません。そして、神霊という存在は、私達の身体とは違う身体の存在です。神の体ですから、これを神体と呼ぶとします。神体の存在に男女はありません。なぜならば、男女は物質の世界の動物の身体の特徴だからです。
(中略) 続きを読む

「子供たちのためのスピリチュアルなお話2-日常生活編」を拝読して

クリスマス編に続く、子供にも大人にも大切なお話集です。

出来れば、全てのお子さんに、そして大人の方にもお読み頂きたい、素晴らしい短編集です。

1 トモちゃんと神様
2 ヒロ君の猫
3 死後の世界の人
4 学校なんか大嫌い
5 鬼って、いるの?
6 ママの涙

の6編で構成されています。

今回発売された電子書籍にkindle版は、カラーの挿絵が美しく、たいへん読みやすく、平易な内容です。
続きを読む