宗教嫌いが契山館に惹かれる理由

先日の群馬支部集会では、知人に水波霊魂学の話しをした時に、宗教的な話題となると拒否反応を感じる、という話題になりました。

 

そういえば私も同じように、宗教に拒否反応を示していた人の一人だったな、と思い出しました。

 

私の世代はオーム真理教の報道を見て育ちました。

小学校では、「しょーこーしょーこー♪」と歌ってふざけている男子がいたことをよく覚えてます。

宗教といえば、怖い、洗脳、という印象が刷り込まれているので、同世代で宗教の話が出ることはほとんどありませんでした。

 

そんな私でしたが、契山館には全く違和感がないのです。

出会いは、インターネットで初めて見た「死後の世界への入り口」です。

こんなに矛盾のない、信じられる説があるなんて・・・、と衝撃を受けました。

そこからいても立ってもいられず、入会して10年経ちました。

 

今でも他の宗教の話は苦手です。

誰かに他の宗教の話題を振られたら、拒否反応を示してしまうでしょう。

自分では言うくせに・・・。

 

契山館は何が違ったのでしょうか?

いくつか思い出してみました。

 

① 純粋で原始的な信仰心が大切ということ。

 

誰だって、私だって持っていたのです。信仰心というものの欠片を。

・朝起きて太陽を拝したくなる気持ち。

・月を見て、祈りたくなる気持ち。

・神様助けてと思う気持ち。

・今日も1日ありがとうございました、と見えない存在に感謝する気持ち。

 

こんな気持ちが初めからあったわけですが、現代人は忘れがちです。

そういう気持ちを大事にすればよかったのです。

それなら私にも理解できました。

 

② 気高さ、清らかさ、他にない印象・・・。

契山館は宗教法人ではありませんが、宗教じゃないというような逃げ方もしていません。

そんな姿勢にもとても惹かれました。

単に会員数だけ増やす目的でもなければ、退会も自由。

どこまでも誠実で汚れない、なんて清らかな団体なのだろうと思いました。

 

③ 実感がある

ただ、教科書を読んで知識を得るだけではないのです。

水波霊魂学によって霊的な法則を学び、修行法でそれを実感し、更には霊術や祓いなどを行うことにより、実生活においても良い影響が得られます。

ただ、信じるだけ、祈るだけ、何か奇跡を待つだけではないのです。

個人に応じた実感が得られます。

 

とはいえ、入会する時はとても勇気がいりました。

だって、宗教です。

 

「私が宗教に入会するのか?本当にいいのか?親になんて言えばいいんだ?」

と少々葛藤しましたが、そんなことどうでもいいや!

と思えるくらいに、魅力的だったのです。

 

今でもその魅力は色あせることなく、更に実感してしまってはもう疑う余地もありません。

 

この魅力、私のように宗教嫌いの方に、どうすれば伝わるのでしょうか??

 

はじめに読んで欲しいのは、やっぱりこちらです!

■霊魂研究へのいざない

byこま

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

壁Ⅱ

信仰心が強く修行をしている人と言うと、性格が良いとか人格者などと思われがちです。

しかし、修行者ではあっても、生活をして行く為には、仕事をしてお金を稼がなければいけません。

仕事をしていれば、多少の駆け引きは必要な時もありますし、表面だけとは言え、媚を売るような時もあります。

そう言った所を人に見られると、ずる賢いと思われてしまう時もあります。

水波霊魂学や神伝の法の話をしていても、仕事の話に切り替わるとしっかり損をしないような会話もします。

そんな時、相手には「この人、普段は信仰心があるぶってるけど、何だかんだ普通と変わらないじゃないか」と思われてる時があるように感じます。

「私は学歴もなく人格者ではないので、霊的な話をしても説得力を持たない。」
これが私にとってもう一つの壁です。

なので、正直なところ、仕事関係の人には霊的な話はしにくいです。(しますけど。)

世の中には尊敬できる人が沢山います。最近のニュースでも、色々な被災地に行ってボランティア活動をしている方がいました。私には到底できることではないので、心の底から尊敬します。

被災地の霊的環境を考えると、そう言った方にこそ神伝の法はあるべきだと思います。

私は普通の人間です。むしろ、性格は悪い方かもしれません。人間として生きていると「ずるい」と思えることを考える時もあるし、人に対して殴ってやりたいと思う時もあります。

しかし、だからこそ霊的トレーニング(修行)をするのです。

生きてゆくための矛盾と向き合いながら、自分の至らなさを日々改善しようと葛藤しています。

自分を見つめ、短所を改善しようと努力しながら日々神伝の法を行っていると、自分が変わって行くことに気づいて行きます。

宗教を嫌う人はおそらくこう言います。「自分の短所と向き合い、日々改善してゆくことなんか誰だってやっている」と

確かにそうですが、「神伝の法で変わって行く」こればっかりは体験しないと分らない所です。

もっと奥の方から変わってくるのです。

オンボロ自転車に例えてみます。

ブレーキの利きが悪くタイヤの空気が少し抜けています。チェーンには油がなく、たるんで錆びています。そんな自転車でも、その癖を学習し慣れてくれば、何とか運転も出来ます。しかし、もし急に曲がり角から人が出来てきたらどうなるでしょう?

「故障個所を直しておけば・・・」と後悔先に立たずです。

これを人間の心に置き換えてみます。

自分の短所と向き合い、改善する努力をすれば、そのうち感情の調整が出来るようになります。所謂、大人になったと言う事でしょうか。

ところが、人間にはある日突然、どうにも抑えられない衝動に襲われる時があります。普段なら理性で調整できたことでも、どうにもならなくなって大失敗してしまう時があります。

このどうにも抑えられない普段顔を出さない衝動を、水波霊魂学では「霊的カルマ」と言っております。

「分っちゃいるけどやめられない」これも「霊的カルマ」の仕業かもしれません。

「これ性格だから治らないんだよ!」と言う人、そんなことありません!人間努力次第で変わるのです!

この「霊的カルマ」を解消しない限り、人生の足を引っ張られます。

これを解消できるのが「神伝禊法」なのです。

オンボロ自転車の故障部分を直してしまいます。オンボロに慣れるのではなく、根本的な故障の原因を直すのです。

この感覚は、体験してみないと分からないのです。

神伝禊法は今、誰にでもできるのです。

忙しい社会人でも、主婦でも、学生でも出来るのです。

「神伝禊法」を読み、「契山館」に問い合せてください。

 

byガンリキ

ペーパーバック版はこちらです。

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

またまた身内の話です。

私には、会員ではない兄がいます。仕事の都合で群馬ではなく遠くに住んでおりますが、時々ラインで会話をします。

兄は、先祖供養などを気にする方なので、もともと信仰心はあると思います。ですが昔、密教系の僧侶に高額な加持祈祷代を支払ったものの、実感が持てなかったのか、多分それ以来宗教には近寄らなくなったと思います。

それでも霊的なことが気になると、私が信仰歴が長いのを知っているので、ラインで聞いてきたりします。

入会はあり得ないと思っているのですが、それでも兄弟なので「何かの時に」と思い、水波霊魂学の主張をそれとなく会話の中に挟むようにしております。

最近の会話なのですが、兄の方から「アヌンナキの人類創世記、エドガーケーシー、出口王仁三郎、竹内文書」などのキーワードが出てきたので、思い切って先生の著書の「神体」「龍」を薦めてみましたが、帰ってきた返答が、

「俺は宗教には興味はない!UMAやUFO、オカルト系、超能力や透明人間に興味があるんだ!」とのことでした。

私としては、個人的見解とは言え、「それらは水波霊魂学で大体が説明が付けられるし、組織でなくては大事な事は伝えられないからこそ団体が必要なんだ」と主張しましたが、返信が来なくなりました。

ここなんです!ここが「壁」なんです!何と言っても「宗教」のイメージの悪さ。確かに宗教と言えば「洗脳」「インチキ」「戦争」「お金を巻き上げられる」「人に嫌われる」と言うイメージが強すぎます。

それなのに既存の宗教には信仰心が無くても占い気分でおみくじなど引いて、身勝手な祈願で手を合わせることがある。

現代人はどうしてしまったのでしょう。

ちょっと勉強すれば分ることがいろいろあるのに、特に自分で確認してもいないのにイメージだけで決めつけられてしまいます。

所謂、新興宗教と言われるくくりになると、「宗教に走った!あいつは弱い人間だ!」と言われてしまうのです。

特にこの季節には、コンビニなどでも心霊現象関係の雑誌が普通におかれるのに、その現象の良し悪しを知ろうともしない。

遊園地の幽霊屋敷に行くような気分で心霊スポットへ行き、まるで恐怖を楽しんでいるかのようにも思えます。

その結果、見えない所で自身に何が起こっているのか知る由もなし。

世も末です。

目に見えないから「無い」のではないのです。目に見えなくても存在するものは沢山あるではないですか!?

科学で証明できないから「無い」のではないのです。科学者でも証明できない事がいろいろあるらしいです!

難しいことが分からなくても知ることが出来ます!

一度、「水波霊魂学」「神伝の法「契山館」を検索してみてください。

byガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

契山館との出会い

今回は、私の契山館への入会前後のお話です。

入会や集会の見学をお考えの方や、入会されたばかりの方の、ご参考になれば幸いです。

(1)契山館と出会うまで

私が契山館と出会うには、かなりの年数がかかりました。

私が初めて「死」ということを意識したのは4歳の時で、身近な人の死がきっかけでした。

「死んだらどうなるのだろう?」「自分がなくなるのだろうか?」「自分がなくなるってどういうこと?」などと、幼い頭で考えていたような気がします。幼かったためか、あまり恐怖感はありませんでした。

その後、幼稚園、小学校、中学校と進んでいくわけですが、人の死というものを、頻繁に意識することが多い環境に身を置いたこともあり、「死んだらどうなるのだろうか?」との思いが頭を離れることはありませんでした。

それは徐々に、「死後の世界はあるのか、ないのか?」との疑問へと変わっていきました。

中学生の頃には、「死ぬことによって数十年で自分が消滅するのなら、何のために苦労して勉強などする必要があるんだろう?頑張って成長するなんて無意味じゃないか!全員、死刑判決を受けている死刑囚も同然なのに、皆、よくも平気で日常生活が送れるものだ。」などと考えていました。 続きを読む