台風

いくつも猛烈な台風が続いています。被害を受けていらっしゃる方には、一日も早く日常生活に戻れるよう、お祈り申し上げます。

 

次の台風25号もどうやら勢力の強い台風のようですね。

前回の24号にはどれだけやられるかと思っていましたが、長野県北部は特に被害無く通り過ぎていき、特にリンゴ農家の方は安堵されていました。

その前の23号通過時は、この地方としても驚くほどの被害が出ました。こちらでも皆さん頑張って後片付けされています。

コツコツ、地道に積み上げる、長野県の県民性そのままの方々。

人として正しくまっすぐに生きることが天国への資格であるなら、長野県民の性質は、天国向きのように、他県出身の私には思えます。

自分はこれまで真面目に人生生きてきたから、地獄には落ちない、と思っているおじいちゃん、おばあちゃんが多いです。

 

ですが、水波霊魂学の観点から見ますと、現実はとても残酷です。

今この世の幽気は、あまりにも低くなってしまって、物理的に言えば、光化学スモッグで満ち満ちているような状態。ただ吸っているだけで、その人の幽体の質を下げてしまうような状態です。

幽体を鍛えなければ、この世で何を為そうと、ただ低い世界へ入ってしまいます。
人格の良さが天国への決め手なのでなく、幽体の活力の有る、無しで、死後の行先は変わってしまいます。

 

んな馬鹿な!とお思いになられた方、そのお気持ち、もっともです。

私だってそう思いますが、霊的トレーニングをすると、はっきり感じてしまいます。幽体を鍛えることの大切さを。

 

例えば、原発が爆発し、放射能汚染している空間で、世の為、人の為と活動していれば、どんなに素晴らしい信念で働かれていても、結果として肺がんになって死んでしまいます。
人間性が良いから、あの人は肺がんにならない、なんて事にはならないです。

 

それと同じで、汚い幽気の中を生きていれば、幽体の質が穢れて、幽的に質の低い世界に入ります。幽的な法則上、どうしようもないことで、そこに人間性は関係ありません。

 

その方の幽体の質に合わせて、一番適合しやすい世界に入るだけなのですが、問題なのは、現代の幽気の質がとにかく低い、という点。

神も仏も信じないこの世の風潮のせいで、高級な性質の霊魂がこの世に近づけず、人の自由意思を無視しるような霊魂ばかり集まってきているそうです。

その霊魂がもたらす低い質の幽気を受動的に吸いこみ、自然と幽気の質が下がってしまいます。

現代を普通に生きて、普通に死んだだけで、以前では入るはずもなかったような質の低い世界に入ってしまうのだそうです。そこで待ち構えているのは恐ろしく邪悪な存在達。

どんな思いをすることになるかは、こちらの書籍で確かめてください。

 

おとぎ話のように思われるでしょうか。

ですが、この世のあらゆる犯罪の質の低さは、あまりに異様に思われませんか?人の質が変わってきているように思いませんか。
それは、本当にただ、この世の流れなだけでしょうか?

 

どうか死ぬ前に、幽体を鍛えてください。
鍛えてみれば、人間の身体が肉体だけでないことがよく分かります。

 

byゆず

苦悩の原因

人生を生き抜いて行くには、不幸な出来事が絶えません。

一難去ってまた一難なら、気持ちを整理する時間もあるかもしれませんが、

一難去らずにまた一難では、そのうち心が潰れてしまうかもしれません。

そんな時は、他人の不幸に目を向けられる余裕はありません。

自分が不幸でも、他人の心配が出来る人はそうはいないのではないでしょうか。

私自身、自分の身の回りの事で精一杯の時は良くあります。

生きるのが面倒になる事もあります。

それでも自殺を選ばない限り生きて行くしかありません。

死んで終わりではありませんが。

人は予想もしない不幸な出来事に遭遇すると、「何で自分がこんな目に合わなければいけないのか?俺が、私がいったい何をしたと言うんだ?」と思ってしまいがちです。

ふと周りを見て、自分より幸せそうな人を妬ましく思うこともあるでしょう。

私も八つ当たりのようにいろいろ考えているうちに、他人と自分の置かれた状況の違いに腹が立って来ることがあります。

人の人生は、スタートラインから既に条件が違います。

初めから裕福に生まれる人、そうでない人、容姿の良し悪し、男か女か、そして生まれた国。

何かおかしいと思いませんか?そんな不公平があって良いのですか?

生まれた条件がすべて同じで、努力次第で結果が異なるのなら仕方がありません。

それでも、もって生まれた能力も違いますし、明らかに運の良い人悪い人もいます。

何故か初めから個性の違いもあります。

やはり、何かおかしいと思いませんか?その理由を知りたいと思いませんか?

すべての物事に初めがあるのであれば、この人生での苦悩を受けなければいけない最初の原因があるはずです。

その原因を知って初めて、対策が取れるのだと思います。

「二本足の霊魂」是非、この書籍を読んで下さい。

byガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

詐欺

私の母が所謂「催眠商法」と言うものに騙された話です。

この商法は、法律ギリギリのところで、先日のゆたんぽさんの記事ではないですが、人の心理を突いた卑劣なやり方の印象があります。

少し前にそれらしい広告が配られて、潰れたコンビニの後を利用していたので場所は把握しておりました。

その前を時々通り、何やら怪しい雰囲気が漂っていると思っていましたが、自分には関係ないと思ってたので気に止めていませんでした。

ところが何と、私の母がそこに出入りしてました(笑)

私は母とは一緒に住んでいませんが、割と近くに居ます。畑で採れた野菜を持ってくることは日常ですが、「タダでいっぱい貰ったから」と言う物を置いていったのでどこでもらったのか不思議には思っていました。

二回目にウチに寄って行った時に、妻が気になったので母に問いただしたところ、その日に何かを買ったと言う契約書を見せてきました。

あまりにも高額だったので妻が事情を聞いたところ、どうやらそこへ行っていたようでした。

私は後からその話を聞いて、直ぐに詐欺にあったと思ったので、本人の承諾を得てその日のうちに解約しに行ったのですが、夕方でしたので、もう誰もいませんでした。

母に騙されていることを説明したのですが、この期に及んでまだ「明日は何時までに行って早く並ばないと、良いものが貰えない。」とか「断りづらい」ようなことを言っているので、ここからは私の個人的見解ですが、もしや「そういう詐欺集団には後ろに邪霊集団が付いていて、来ているお客に低い幽気を付着させ、心理的にも操りやすくしているのではないか」と疑いました。

忙しかったのでその時母に直接対応が出来なかったのですが、その日のうちに遠隔で「人の祓い、基礎の除霊」その付けられたであろう低い幽気が原因で、後々悪影響が出ないように応急処置的に「幽体の改善」を施術しました。(落ち着いた後、思い当たる対処を正式にしました)

その甲斐があったのかどうか分かりませんが、翌日の母は現状をやっと理解したようでした。直ぐにでも法的対処をしなければいけないのでクーリングオフの手続きの話をしましたが、業者も巧妙で、その期間に解約されないように3日ほど本社に帰るので連絡が取りにくくなると言うことでした。帰ってくるころには手続きが出来なくなることを計算しているのでしょう。

それならばと、翌日直ぐにその場所へ行き、担当の人を呼んで頂き話をしました。私を会場の中に入れたくない様子で外で待たされたのですが、気になったので隙を見て中を覗いてみると、むせ返るような異様な雰囲気の中、多数のお年寄りが異様に楽しんでおりました。

担当の人が私の所へ来ました。勿論、中へ通されることなく外で話をしました。私の質問攻めにその人はたじたじでした。(紳士的に話しました)

何とか解約は出来ましたので、高額な料金を払わずに済みましたが、封を開けてしまった商品もあったので、それは仕方なく払いました。勉強料として母には諦めてもらいました。

後から母にいろいろ聞き私なりに分析しますと、まず集まったお客に「お得感」を植え付け、「競争心」を煽り、巧みなトークで冷静な判断を出来なくさせるようです。最後に契約は個別に部屋に呼ばれたと言うことでした。

因みに、どんな人がそんな商売をやっているのか、怖い系の人かと思いきや人の良さそうな大学生風の人達でした。世も末です。

私は思いました。「世の中の詐欺集団には必ず邪霊集団が付いていると思う。それに騙されないためにも『幽体を鍛える!』そうすれば邪霊の影響を受けている人の言葉にも騙されないし、それ以前にそのようなところへは足を運ばないようになるのではないか」と。

幽体を鍛えるには「神伝の法」しかありません。詳しく知りたければこの本をお勧めします。「死後まで続く幸福のために」

byガンリキ

※霊的な憶測は、個人の見解によるものです

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

ゾッとした話

昨日のことです。

夕食後、自室に戻りテレビをつけました。撮り溜めたHDDレコーダーで録画した番組を観る為です。今放送中のアニメが目に飛び込んで来ました。

小学生高学年から中学生くらいをターゲットにした感じでしょうか?主人公達が使っている道具(武器?)のおもちゃCMも流れていましたから人気があってもっと低年齢の子供達も見ていることでしょう。

私が観るつもりの番組ではなかったので当然、目には映っても本来の撮り溜めた番組を観るはずでした。 続きを読む

ゾンビについての考察

第3次とも第4次とも言われるゾンビブームですが私は幼少期よりホラーとかスプラッターとかスリラー物、日本の怪談映画等が大好きでした。

その中、数多の続編が製作されたモンスターキャラクター(13日の金曜日のジェイソンとか日本ならリングの貞子とか)の中で取り分けゾンビと言うキャラクターが大好きです。面白そうなゾンビ映画はVHSのレンタルビデオの頃から見倒してきました。そのおかげでか今ではパッケージの裏面を見るだけで見る価値無しの駄作を見分けられる眼力を得ました(笑)

ゾンビの特徴及び設定としては

①死体が蘇り生きている人間を襲い喰う

②喰い殺されなくても噛まれた人間は短期間で死亡しその人間もゾンビになりひとを襲う

③ゾンビになる原因は不明、他の天体の爆破による謎の宇宙線、悪魔的な者による呪い、軍隊が作った新種の生物兵器、未知のウイルス等がある

④ゾンビの動きは緩慢で1体の戦闘力は大したことはないがとにかく大量に数を増やしていき多勢に無勢状態になり物語が進んでいく

⑤高い知能はないが人間だった頃の習慣からパターン化した行動をとる

⑥視力は良くなく生きている人間には匂いや音に反応して襲う

⑦ゾンビを倒す(機能停止させる)には脳(特に脳幹)を破壊するしかない(首を切っても首と胴体は動き続ける)

⑧脳を破壊しない限り半永久的に動き続ける(暑い寒いも無関係で水も食事も必要ない、人間を喰うのは本能で消化してエネルギーにしている訳では無い)

こんなところでしょうか、後は作品に寄って多少設定を変えているゾンビもいます。(全力疾走するゾンビとか噛まれなくても死ぬとゾンビになるとか)

ここでふと最近考えています。

「ゾンビって邪霊のことじゃね!」

邪霊が蔓延する世界に低い穢れた幽気、邪霊の幽気や念によって傷つけ穢された幽体、その幽体の持ち主が他界後待ち受ける運命、また地上に増える邪霊、どんどん数が減っていく健康な幽体を持った人間

でもゾンビが蔓延するフィクションの世界にはなくて邪霊が増殖する現実の世界にあるもの

神伝の法とそれを会得した者、そして全力で惜しみなく力を与え導いてくれる守護霊、指導霊の方々

ゾンビ映画はバットエンドがほとんどですが現実は明るい未来が来ると信じています。

最後に数多のゾンビ作品の中で大好きな1本、ゾンビ(1978年)で主人公が行った台詞です。

地獄にもう空き場所がないとき死者は地上を歩く

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!