サンクコスト

私は整理整頓が物心ついた時から大の苦手でした。小学生の頃の通信簿には毎回、判で押したように「整理整頓を心掛けましょう」と書かれていました。

それは人生の折り返しを過ぎたであろう、いいオッサンになった今現在でも全く変わりません。だだ学期末ごとに注意する人間が居なくなっただけの話です。同居している年老いた母親も、もう何十年も前に諦めて何も言いません。たまに私の部屋に入ることがあってその乱雑さに思い出したように嫌味を言うくらいです。 続きを読む

知らないと知っていると習っているの違い

肉体を所持するものは死を回避することは出来ません。この主張に関しては全ての方に100%同意して頂けるかと考えますが、問題となるのは死を全ての終着点と捉えるか(完全なる無)あるいは単なる通過点と捉えるか(新しい意識の再起動)は人の数だけ考え方や主張があると理解しています。よって同じ死後の世界があると言う考えであったとしてもこれまた人の数だけその主張や考えはマチマチです。

私を含めた契山館の会員の主張は会のホームページや水波一郎師の著書をご覧になって頂くとして本日はその100%回避出来ない。死に至るチョット前の話をしたいと思います。 続きを読む

悪質クレイマーとの闘い

本日も一部ネットに関連したお話しになってしまいますが軽めのテイストにするつもりですので肩の力を抜いて読んで下さい。

まだ完結はしていませんが同時進行で店長残酷物語を投稿しています。これはその時のお話です。接客サービス業だった為にクレームとは切っても切れない関係でした。面と向かってのクレーム対応は楽ちんでした。此方に非があるクレームはちゃんと誠意を持って対応したので直ぐに解決しました。問題はいわゆるクレイマー対応です。しかし私、クレイマーのあしらいが異常に上手いのです。クレイマー対応選手権世界大会があったら日本代表くらいにはなれたと思います。 続きを読む

正義という仮面を被った悪意

ブログを投稿するにあたって私はゆたんぽというハンドルネームを使用しています。勿論、私はこの世に実在している人間ですのでちゃんと戸籍に登録してある本名もありますし居住地の住所も存在します。生きて行く為に仕事もしていますので勤めている会社もあります。

契山館群馬支部と言っても何百人、何千人と会員がいるわけではありません。ですから月1回の支部集会で顔を会わすのは顔も本名もわかっている人々の集まりです。なので私、ゆたんぽの本名と顔を知っていて交友の深さから職業や会社や自宅の場所を知っている会員もいます。その逆もまたしかりです。 続きを読む

ハダカデバネズミ

皆さんは『ハダカデバネズミ』という生き物をご存知でしょうか?

まるで何かの呪文の様な名前ですが無理矢理、漢字を当てはめるとイメージが湧き易いと思います。『裸出歯鼠』そうです!裸で出歯の鼠と言う、見たまんまを名前にされてしまった可哀想な鼠の一種です。ネットで検索して頂けばこの名前が完全に見た目から来ていることを理解してもらえると思います。

この『ハダカデバネズミ』今の遺伝子工学、生物学、医学、社会行動学の最先端研究者から熱い注目を浴びている生物なのです。 続きを読む