秋の夜長のおススメ映画

『残穢(ざんえ)  ー  住んではいけない部屋  ー』

2016年1月30日  公開     107分

監督       中村 義洋

出演者   竹内 結子  橋本 愛  他

原作       小野 不由美  「残穢」(新潮社刊)

 

最近観た面白かった映画をご紹介致します。とにかく予備知識も先入観もなく観てください。私のネタバレしない程度の感想としては穢れ(けがれ)って音読みで(エ)と読むんだと霊魂学を学ぶものがこの映画を観ると免許の更新の時に見せられるストーリー仕立ての教材映画みたいだなと、この映画中に水波霊魂学の修行者が居たらみんな助かったのにでした。

これじゃなんのこっちゃ分からない!という方の為にもう少しだけ

これはサスペンスホラーです。穢れの連鎖とその堆積、そして幽体を鍛えていない人間からドンドン不幸になっていきその人間も死後、穢れの一部として取り込まれていく

こんな感じでしょうか。

私もホラー映画は好きで良く観ますがこの映画ほど霊魂学的に解説がしやすい映画は初めてです。じわじわと迫って来る怖さなので後ろから「わ!!」っとされるホラーではありませんのからそう言うのが苦手だと言う方も大丈夫です。

原作小説もありますのでそちらの方がいいという方は読んでみてください。私も映画が凄く面白かったので機会があれば読んでみたいです。

私は有料ネット配信で見つけて観ましたがDVDのレンタルもあります。秋の夜長に読書や映画鑑賞を是非この機会に。

もうご覧になられたとか小説も読まれたとかという方いらしたら感想をお聞かせ下さい。またジャンルにこだわらず面白い映画等ありましたら是非ご推薦願います。私、趣味嗜好が偏っている人間ですので似通ったものしか観ません。なので大変助かります。よろしくお願いします。

by  ゆたんぽ

 

 

霊的世界とコンピューター(仮説)

【相似】そうじ

形や性質が互いによく似ていること。

異種の生物の器官で発生的には異なるが、機能が同じであるために形態が似ている現象。

【親和性】しんわせい

物事を組み合わせたときの相性のよさ。結びつきやすい性質。

ある物質が他の物質と容易に結合する性質や傾向。

 

私は学生の時、情報処理技術を学びました。今でも十分、厨二病をこじらせた大人になったという自覚はありますが当時は更に酷かったなと、思い出しても恥ずかしくて顔から火が出ます。何故、コンピューターを勉強しようと思ったのかというと「世界征服」の為でした。そう言うとかなり痛いガキのようですが、当時はいたって真剣に考えていました。その根幹には「コンピューターを制する者は世界を制する」という思想を持っていたからです。結果的に今現在、世界を統べる独裁者がいないところを見るとその野望は叶わなかったことがわかります。

だだコンピューターやインターネット、AI(人工知能)、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)など予想も想像も遥かに凌ぐ勢いで進化した今現在の世界を見れば着眼点と先見の明があったことだけはたいしたものだと自画自賛しています。ただコンピューターの世界は持って生まれた能力と資質がほぼ100%だと気付いて直ぐに諦め、コンピューター業界とは別の道に進みました。ただその程度の私でもコンピューターの原理は理解していますので話をさせてください。出来るだけ分かりやすく説明しますのでしばしお付き合いください。

コンピューターを一言で表すと仕事のスピードがめちゃくちゃ速いアホです。物凄く単純なことをしているのに恐ろしく仕事が早いので凄く賢いように見えているのです。コンピューターの仕事はすべて2進法で行います。

(すいません実は2進法の説明を解説したのですがあまりに長く本筋から離れてしまったので諦めます。2進法でなければコンピューターは動かないとだけ覚えおいてください。)

2進法を機械(コンピューター)に扱わせるにはスイッチが必要です。電球が消えいる状態を「0」点いている状態を「1」とすれば2進法になります。このスイッチの役割を担うのが半導体です。これは電圧を一定以上、上げると電気が流れ、下げると電気を通さなくなります。シリコンなどが一般的な材料になります。この導体(電気を通す)と不導体(電気を通さない)の2つの性質を持つ物質何かに似ているとは思いませんか?

そう『間気』です。

物質である肉体とあの世で使う幽体を密着させている糊の役割を担っていると言われる。半物質、半幽質の性質を持つもの(物質?)です。

神界、霊界、幽界、物質界と新しい世界が創られるたびに似たような働きをするモノがそれぞれの世界にあっても何ら不思議ではないと思います。人間は脳も筋肉も内臓も全てホルモンと微弱電流で制御されています。そう言う意味ではコンピューターも電気スイッチのオンオフ切り替えを最小単位としてそれをドンドン小型化、集積化、高速化することで進化発展してきました。

つまり霊魂(と言っても電気が必要かは分かりませんが電気の操作には長けているとおもいます)、肉体、コンピューターには電気と言う共通点があります。それならば電気と密接な関係がある磁力も何かしらの影響力があると私は考えています。

これは単なる想像に過ぎませんがコンピューターが創る世界は案外、人間の世界よりも霊的に近いのかもしれません。電気で創られた仮想の世界の下に人間の世界が広がる。それが正しいのか間違っているのか進歩なのか退歩なのか私には分かりません。ただ私は肉体の使用期限が来るまで『神伝の法』を続けるのみです。

 

byゆたんぽ