オーラ

近年、「オーラ」という用語が、広く知られるようになったと思います。

一般的に、「オーラがある、ない」とか「オーラが大きい、小さい」と言ったり、「オーラが赤色、青色」などのように、色が話題になることも多いようです。

実際のところは、すなわち、肉体を持たない《霊魂》の方々は、「オーラ」について、どのように述べておられるのでしょうか?

「オーラ」は霊的身体から出ている光のようなものです。

肉体と重なっていて、肉体の死後に入る《幽質界》で使用する《幽体》から出るのが《幽体オーラ》、より高級な《霊体》から出るのが《霊体オーラ》です。

本稿では、この世で生きている私達にとって、関連性の深い《幽体オーラ》について、述べさせて頂きます。

大切なことは、《幽体オーラ》の光の強さは、《幽体》の状態、すなわち、健全の度合い、活力、成長の度合いによるということです。 続きを読む

オカルトとは?

突然ですが、皆さま、「オカルト」はお好きですか?

私はスプラッタ系が苦手で、怖いものを見てドキドキ・・・を楽しめる方ではありません(ToT)

なのですが、ふと「オカルト」ってどういう内容を指しているんだろう?と
ウィキペディアで検索してみましたら、
「秘学・神秘(的なこと)・超自然的なもの」と書かれてありました。

えっ。意外でした!

続きを読む

自殺すると天国に行ける?

先日、勤め先に障害のある男の子が就職前の見学に訪れました。

職場見学で社内を見て回っていて、私が作業している後ろで担当者が色々説明しています。その男の子の話が聞こえてきました。

 

「自殺したら天国に行けるんだよ。」

「お母さんより早く死んだらね、天国に行けるんだよ。」

どういう経緯でそんな話題になったのか分からないのですが、唐突に聞こえてきました。 続きを読む

肉体のある今こそ

私達、この世の人間は今、肉体と《幽体》という霊的身体が重なった状態で生きています。

しかし、肉体には寿命があるので、遅かれ早かれ肉体は死を迎えることになります。

すると、私達は、肉体と分離した《幽体》で、《幽質界》という《死後の世界》へと入ることになります。

《幽質界》は、現に《幽質界》で生活しておられる、《霊魂》の方々からの情報によれば、《幽体》の健康状態、活力、成長の度合いによる、階層世界になっているそうです。

よく、善行を行った人は天国に入り、悪行を行った人は地獄に落ちるなどと言われますが、実際の《霊魂》からの情報によれば、それは正しくありません。 続きを読む

争いがもたらすもの

人が複数集まれば、考え方、意見の集約が難しくなり、争いの原因になることもあります。

個人の争い、集団の争いなど、様々な争いがありますが、地域や国単位の争いに拡大すると、内戦や戦争という最悪な事態をも招きかねません。

私の仕事の分野でもそうですが、とにかく、人が10人も集まれば、何を行うにしても、考え方、意見が完全に一致することは、まずないように思います。

それは、私達、一人一人に個性があるのと同時に、その一人一人が、いまだに極めて未熟で、完璧には、ほど遠い存在なのですから、当然なのかもしれません。

また、そもそも、念で何でも創出することが出来る《幽質界》と違って、物質は有限で、しかも食べなければ生きられないのが、この物質界です。

そのため、肉体を維持するために、自己保存が全てに優先され、お互いに利害関係が対立するのを、避けることは困難なのでしょう。 続きを読む