《幽体》を鍛える(1)

《契山館》では、《幽体》を鍛えることの重要性が、繰り返し述べられています。

なぜならば、《幽体》を鍛えないと、将来、不幸になることが分かっているからです。

しかも、並の不幸ではありません。私達の想像を絶するような、塗炭の苦しみが、終わる事なく続くことになるかもしれないのです。

いや、将来だけではありません。ひょっとすると、今現在、危機的な状況が差し迫っているのに、気付いていないだけかもしれないのです。 続きを読む

死後の世界はある

誰でも一度は、死後の世界があるかないか、を考えたことがあると思います。

あるわけないと思う人、あるかもしれないと怖がる人、あると思って真実を求める人、あると確信して信じる説を広めたい人。

色々だと思います。

私はあると確認して、水波霊魂学を広めたい人です。

ちなみに私の父に聞いたら、死んだら分かるんだから、死んでから考えればいい、と言っていました。そう言われて、何とも返せなかった歯がゆい記憶があります。。。

続きを読む

オーラ

近年、「オーラ」という用語が、広く知られるようになったと思います。

一般的に、「オーラがある、ない」とか「オーラが大きい、小さい」と言ったり、「オーラが赤色、青色」などのように、色が話題になることも多いようです。

実際のところは、すなわち、肉体を持たない《霊魂》の方々は、「オーラ」について、どのように述べておられるのでしょうか?

「オーラ」は霊的身体から出ている光のようなものです。

肉体と重なっていて、肉体の死後に入る《幽質界》で使用する《幽体》から出るのが《幽体オーラ》、より高級な《霊体》から出るのが《霊体オーラ》です。

本稿では、この世で生きている私達にとって、関連性の深い《幽体オーラ》について、述べさせて頂きます。

大切なことは、《幽体オーラ》の光の強さは、《幽体》の状態、すなわち、健全の度合い、活力、成長の度合いによるということです。 続きを読む

オカルトとは?

突然ですが、皆さま、「オカルト」はお好きですか?

私はスプラッタ系が苦手で、怖いものを見てドキドキ・・・を楽しめる方ではありません(ToT)

なのですが、ふと「オカルト」ってどういう内容を指しているんだろう?と
ウィキペディアで検索してみましたら、
「秘学・神秘(的なこと)・超自然的なもの」と書かれてありました。

えっ。意外でした!

続きを読む

自殺すると天国に行ける?

先日、勤め先に障害のある男の子が就職前の見学に訪れました。

職場見学で社内を見て回っていて、私が作業している後ろで担当者が色々説明しています。その男の子の話が聞こえてきました。

 

「自殺したら天国に行けるんだよ。」

「お母さんより早く死んだらね、天国に行けるんだよ。」

どういう経緯でそんな話題になったのか分からないのですが、唐突に聞こえてきました。 続きを読む