パンチパーマ健在!丸岩

最近、あまり見かけなくなったパンチパーマ。

しかし、国道145号線バイパス、道の駅「八ッ場(やんば)ふるさと館」からは、きれいにセットされパンチパーマを見ることが出来ます。
丸岩

まるで床屋のカウンターに置かれていたパンチパーマのサンプルを、彷彿(ほうふつ)させるような見事な仕上がり。

季節により、髪色を変える演出も忘れていません。

もう、あなたは、パンチパーマのとりこです。

最初は、友達から笑われるかもしれない。知らない人から、怖がられるかもしれない。

それでも、めげずに続けていれば・・・何もないかもしれない。

え~、そんなことはさて置き、将来的にアフロになるかと楽しみにしていました。
丸岩アフロ
こんな風に。
丸岩横から
数十年経ってもほとんど変わらず、短めがお好きなようで。

後ろ髪は長めです。

所在地:群馬県吾妻郡長野原町横壁「丸岩」

八ッ場ふるさと館
道の駅 八ッ場ふるさと館

http://yambamichinoeki.com/

by イクラマン

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

日本一短いトンネル・・・だった。

樽沢トンネル
吾妻渓谷(あがつまけいこく)沿いの路線、長さ7.2m「樽沢(たるさわ)トンネル」は、もう電車が通ることがありません。
やんばダム工事
JR吾妻線は、「八ッ場(やんば)ダム」工事で、新しい線路は高い所に移ってしまいました。

そのため、「日本一短いトンネル」ではなくなってしまったのです。

僕も、このトンネルを電車で何度も通ったのに、よくわかりませんでした。

なぜ、こんな短いトンネルを掘ったのかは、諸説あり定かではないようです。

樽沢トンネル前
今回、残念ながらダム工事の都合で、トンネルの真下まで行くことは出来ませんでした。

ここは水没しないので、そのまま残されるようです。

日本一短いトンネルだったトンネルとして。

約して、「♪ かあさん、お肩を叩きましょう」「短・トン♪ 短・トン♪ たる・さわ・トン♪」(なげーよ!)

「ハイ、もう一回!」

これを読んだあなたは、樽沢トンネルの呪縛から逃れることは出来ない。

byイクラマン

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

見て欲しい! 大胡電車庫

大胡電車庫
大胡駅のすぐとなり、大胡電車庫があります。
ここの車庫には、珍しい電車も止まっています。

写真を撮ろうとしたら、ちょうど職員の方が歩いて来ました。

「写真撮っても良いですか?」と尋ねたら、「いいよ!、中も見学できるよ」と、
思いがけない言葉が返って来ました。

実は、この人、知る人ぞ知る元運転士の織田さんでした。

上電のイベントが行われるのは知っていましたが、突然の見学を歓迎してくれるとは。
車庫看板
群馬では、安中市松井田に「碓氷峠鉄道文化むら」があります。
広い敷地に、機関車からディーゼル車、たくさんの電車を見ることが出来ます。

解説をしてくれる織田さんに、「碓氷峠の鉄道文化むら」の話をしたら、全く乗って来ませんでした。

きっと織田さんは、ライバル視もあるかも知れませんが、ここは全く違うと言いたかったのでしょう。

「碓氷峠鉄道文化むら」は、いわば博物館で、ここ大胡電車庫は実際に稼働している電車庫なのです。

職員の方々の息吹を感じる現場そのものなのです。

昭和3年に建てられた車庫は、登録文化財の指定「トラス構造」の木造建築です。
電車庫内

まず、ポイント(線路の分岐器)の切り替えをさせてくれます(最初の画像で、線路と線路の間にあるパラボラアンテナのような形の物)
ゴットンという感じで、思っていたより重くなかったです。

運転席
運転席に乗せてもらいました。

今から連結しま~す。ウソです!

作業室
昔は、モーターが貴重だったそうです。
この部屋では、一つのモーターからベルトをつなぎ、複数の機械を動かすことが出来る仕組みになっています。
軌道自転車
軌道自転車。
工具を載せて現場に向ったそうです。

桐谷健太さんやAKBの方、○○さんや○○さんも乗ったそうです。
イクラマンは最近、芸能人にうとくなり、後の方はチンプンカンプンでした。
マスコンタブレット閉塞機
鉄道マンだけに、実践と知識が伴い、質問にも丁寧に答えてくれました。
ここが博物館との大きな違いです。

説明は、20~30分くらい。
その後は壊したり、盗んだりしなければ、写真撮り放題、自由に見学して良いとのことでした。

どうしても、見られていると落ち着かないものです。

その辺を考えてくれているのだなと感じ、この電車庫に多くの方が訪れ、マナー良く見学してもらいたいと思います。

見学料は170円です。

織田さんいわく、たくさんの人に見てもらいたいし、何度でも来てもらいたいとのことでした。

13:00~15:00までの間の30分程度。(作業等都合によりご案内できない場合もあります)

事前に予約をした方が確実です。
デハ104
デハ101
なんと、一往復10万円で車両貸切も出来るそうです。

殿様気分でお一人で。(さみしそう)
ワイワイ友達や親戚、はたまたサークル仲間や同僚と。

お弁当を食べたり、ビールなどの持込みも良いそうです。

素敵な思い出なること間違いなし。
デキ3021
帰り際、お礼のあいさつをしたら、職員の方々みんなで「ありがとうございました」と言われ、
気持ち良く電車庫を後にしました。
電車庫切符
上毛電気鉄道サイト
http://www.jomorailway.com/index.html

byイクラマン

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

乗客と一緒に意外なモノが出てくる。上電(じょうでん)

上電車両 正式名称は、上毛電気鉄道(じょうもうでんきてつどう)です。

中央前橋駅と桐生南(きりゅうみなみ)駅間を赤城山のふもとを走る路線です。

地方ということで、乗車料金は高く感じるかもしれませんが、東京近郊においては、真似出来ないサービスもあるのです。

大胡駅で写真を撮っていたら、お母さんが娘さんの手を引き、自転車を押して降りて来るではないですか?

折りたたみ自転車とかではなく、チャイルドシート付きの普通のママチャリです。

混雑時や時間帯の制約もありますが、自転車と一緒に通常料金で電車に乗れるのです。

「何で来たの?」と聞かれたら、「電車に乗って自転車で」などと言うのでしょうか。

さらに、主要駅ではレンタサイクルもあります。こちらも無料貸出だそうです。
大胡駅舎
ニュースで見ましたが、七夕飾り号とか、ひな祭り号など、飾り付けをした車両を走らせることもあるようです。

鉄道職員の人達が、懸命に飾り付けをしている姿を想像すると、何とも微笑ましい感じがします。

上電は、様々なサービスで頑張っています。

上毛電気電鉄サイト
http://www.jomorailway.com/

群馬県では、自転車を載せられる路線バスもあります。

前橋駅~富士見温泉間(富士見温泉線)、前橋駅~上野田・桃泉間(榛東線)。

自転車通学の学生には、頼もしい存在です。

また、赤城山や榛名山は、自転車(ロードバイク)のヒルクライムレースが盛んです。

前橋からコース近くまで、愛車をバスに載せて行くことも出来そうです。

日本中央バス 自転車積載バスについて
http://www.ncbbus.co.jp/route/bicycle.htm

byイクラマン

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

徳川埋蔵金は出なかった。しかし…

赤城田園赤城山といえば、徳川埋蔵金。

ハラハラ、ドキドキしながらテレビを見ていた人も多かったことでしょう。

日本国民が、かたずを飲んで見守った(それほどではないか?)テレビ局の大プロジェクト。

徳川埋蔵金は、確かに出なかった。

その後、どうなっているのでしょう。

そうだ、徳川埋蔵金の採掘現場を見に行こう。往生際の悪い性格が首をもたげる。

捜査は足で稼げということで、辺りをグルグル。(歩くと時間がかかるので車)
聞き込みを始めようにも、人影もなし。

あきらめかけたその時(10分も経ってないぞ !)、ご年配者を発見。

「この辺りで、徳川埋蔵金の採掘現場だったと思うのですが」

正確には、徳川埋蔵金探しの掘削現場です。

ご年配いわく、「あぁ、そうだよ。掘ってみるかい?」

気さくな人だ。そこまでの、熱意はないです。ハイ。(^^ゞ

会話調で続けると長くなりますので、要約しますと、
穴は全て埋め立てられ、今は埋蔵金探しの話もないとのことでした。

正確な現場を教えて頂き(複数あり、コピーライターの糸井さんプロジェクト時)地主さんの許可を得て撮影しました。
徳川埋蔵金 掘削穴1
徳川埋蔵金 掘削穴2
ここには、その昔4メートル幅くらいの街道が通っていたようです。

木のない所が穴の境ですから、でかい穴掘ったなという感想です。

地主さんは、傾斜地が平らになって良かったと。

めでたし、めでたし。

byイクラマン

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆