いじめ

幸い命に別状はなかったそうなのですが、私の知人の友人の、中学生の息子さん(仮にA君とします)が、学校での苛めを苦に、自殺を図ったという話を聞きました。

それは数年前の事だったそうですが、現代の苛めは、たいへん巧妙なようで、ご両親も学校の先生も、苛めには全く気付かなかったそうです。

A君は、自殺未遂後も、その理由について口を閉ざしていたのですが、ご両親は「もしや?」と、学校での苛めを疑い、学校に相談したそうです。

そこで、担任の教師が、クラスの全員に対する、聞き取りを行ったのですが、結果は、「A君がいじめられているところを、誰一人、目撃していない」ということで、学校としては、「いじめはなかった」との結論を出したそうです。

ところが、しばらくして、A君宅に匿名の手紙が届きまして、そこには、そのクラスでの苛めの詳細が、明らかにされていたそうです。

その詳細は伏せますが、苛めの首謀者数人が、A君に非人道的で本人が嫌がる行為を強要し、クラス全員にA君を無視したり、暴言を吐き続けることを命じていたそうです。 続きを読む

中高生の自殺 死んで終わりではありません

新聞を読んでいたら、中高生の自殺は夏休みが終わり、新学期が始まる9月1日が多いとありました。

日本は自殺大国だそうです、一体どうなってしまったのでしょうか?

もし、このブログを見ている中高生が居て、自殺を考えているとしたら思い止まってください。

 

死んで終わりではないのです。 続きを読む

幽霊

暑い夏を、少しでも涼しく過ごして頂くために、というわけではありませんが、今回は、幽霊についてのお話、それも幽霊が実在するのか否か?についてのお話です。

幽霊が、この世に存在する肉体を持たない人間、すなわち、《霊魂》だということでしたら、確かに、この世にも《霊魂》は存在しています。

それも稀に存在する、といったような珍しい存在ではなく、このブログをお読みの皆様の周囲にも、存在している可能性が高いかもしれません。

少なくとも、1日に《霊魂》と全く接触しないという方は、まず、おられないでしょう。

ちなみに、この世に存在する《霊魂》は、大きく分けて2種類に別れます。 続きを読む

修行… さぼりがち

最近、仕事が忙しいからと色々理由を付けて、あまり修行が出来ていません。(>_<)

お恥ずかしい話ですが、このところ、さぼりがちになっています。

お盆に入り、長い休みに入ったのですが、だからといって仕事がある日より修行をしているかというと、そんなことはありません。

実際のところ、やりたくないわけではないんです。霊的トレーニングを行うと、とても心地よいですし、気持ちも落ち着きます。
続きを読む

先祖供養

伝統的な仏教の習慣に〈お盆〉というものがありますから、この時期になると先祖供養に関して、お考えになる方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回は、先祖供養に関して、あまり深入りしない範囲で述べさせて頂こうと思います。

まず、大原則を申し上げますと、私達が、通常、行い得る伝統的な先祖供養に、故人や先祖を幸せにする力はないようです。

すなわち、葬儀や回忌などの法要や、読経などを行うかどうかによって、故人や先祖の幸不幸が左右されるわけではありません。

言い換えれば、それらを行うことによって、故人や先祖が成仏するわけではありませんし、行わなかったから成仏出来ない、などということもありません。

故人や先祖の幸不幸を決めるのは、ご本人の《幽体》の状態、すなわち、《幽体》がどれだけ健全で活力があり、強い《幽体オーラ》を放っているかどうかなのです。 続きを読む