死ぬのが怖い

最近、会社内の雑談でこんな意見を聞きました。

「この前、死ぬのが怖くて怖くて、眠れなくなったことがあったんだよね・・・」

どうも、突然死ぬことが怖くなったそうです。

 

この人だけではなく、「自分が死ぬことを考えたら、怖くなって眠れない」という話を別の人からも聞いたので、この災害続きの日々に、何か胸騒ぎでもあったのかな?と少し心配してしまいました。

 

でも、そういう疑問はとても大事だと思います。

死んだらどうなるのか、本気で調べて答えを見付けようと思えば、水波霊魂学に辿り着くはずです。

 

私は今まで死が怖いと思ったことがなく・・・、痛いだろう、苦しいだろう、という恐ろしさはありますが、それも肉体の意識がなくなるまでだと思えば、それ以上の恐ろしさはありませんでした。

「逆に、このままずっと生きてる方がよっぽど怖い…。」そう思うタイプなので、人によって、ほんとに違うものですね。

 

「死ぬのが怖い」と言った方はどちらも、小さな子供を持つ働き盛りお父さんでした。

「やっぱり、小さなお子さんを持つお父さんは、子供を残しては逝けないから、そう思うんでしょうね。(@_@。」

と知ったようなことを言ってみたのですが・・・。

「いやいや、ガキなんてどうにでも生きていけますから。俺だって父親いなかったしね。そういう意味じゃなくて、自分が消えると思うと怖くなるでしょ・・・。」

とのことで、予想外の返答にまずいこと言ってしまったかな?と後悔しました。

 

「私は、死ぬことなんてぜんぜん怖くないですよ。いつ死んでもいいと思ってます。(^^ゞ」

と冗談半分で言いました。

「なんすかそれ?どこぞの行者さんですか??」

と言われまして、

「そうなんですよ〜、修行してます!」

「・・・ふふふ~(笑)」

と、私はいつになく正直に会話が出来て嬉しかったのですが、この方には契山館のお話は一切していないので、冗談だと思われてしまいました。

 

「死ぬのが怖い」というのは、死ぬとどうなるか分からないから怖いのでしょうか?

現実世界だけで考えると、肉体が動かなくなって、自分の意識を表現するものがなくなるのですから、この意識はどうなるんだろう?と考えてしまいますね・・・。

 

水波霊魂学を知れば、肉体がなくなったら「幽体」を使うようになるのだから、表面の意識が「幽体」に移行するだけだと分かります。

 

「死ぬのが怖い」という方には、書籍「死後の世界で恋をして」をお勧めしたいです!

物語になっているので、どの世代にも読みやすく、楽しく死後の世界を学べます。

数々の幽質界のエピソードは、びっくりすることばかりです。

コミカルな(と言うのも失礼ですが…)場面も多く、若くてハンサムな主人公の三郎さんがいつの間にか沢山の女性に追いかけられ、大変な思いをしている描写は、女性目線ではとても面白く感じました。

 

「死ぬこと」は、知識(水波霊魂学)を得て、対策(霊的トレーニング)さえしていれば、本当は怖くないのです。

 

byこま

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆