『人の死後はそれぞれ』を拝読して

アマゾンにおいて、『人の死後はそれぞれ』が発売されました。

先にkindle(電子書籍)版が発売になりましたが、まもなく11月25日に、ペーパーバック版(紙の書籍)も、販売が開始される予定で、現在、予約受付中です。

本書の副題は『霊魂に聞いた死の実際』となっていて、16人の方の、《死後の世界》への旅立ちと、主にその後、しばらくの間の、《幽質界》(あの世)での生活が紹介されています。

様々な年齢で、病気や事故、自殺、戦争などにより、様々な亡くなり方をした方の例が、取り上げられています。中には、水子や殺人者、認知症だった方などの例もありました。 続きを読む