最善のボランティア活動

先月の長野県長野市での堤防決壊では、特にアップルラインとよばれる国道沿いで大きな被害が出ました。

県内外から、今も大勢のボランティアの方がおみえになっているようです。
泥かき作業をしてくださっているおかげさまで、被災地では日常の風景がかなり戻りつつあります。

ボランティアの方々の力は大変大きいと、被災された方が涙ながらに語っておられるニュースをよく拝見しますが、

本当に心が疲れ切っている時は、人の優しさがことさら身に染みますよね・・・。

全国で苦しんでおられる方の思いが、早く解消されることを祈ります。

続きを読む

《幽体》を鍛える(2)

11月9日掲載の、『《幽体》を鍛える(1)』の続編です。

現代は、この世を取り巻く霊的環境が悪いので、《幽体》を鍛えなければ、《幽体》の健康と活力を維持することは困難です。

誰でも、放っておけば、《幽体》が不健全となって、活力を失ってしまう時代なのです。

その結果が、どのような事態を招くのかは、前回(1)で申し上げた通りです。

それでは、《幽体》を鍛えるには、どうすれば良いのでしょうか?

そのための、唯一の確実な方法が、《契山館》で指導されている、《神伝の法》(《神伝禊法》と《神伝鎮魂法》)の《霊的トレーニング法》を習得し、日々、実習することです。 続きを読む

サンクコスト

私は整理整頓が物心ついた時から大の苦手でした。小学生の頃の通信簿には毎回、判で押したように「整理整頓を心掛けましょう」と書かれていました。

それは人生の折り返しを過ぎたであろう、いいオッサンになった今現在でも全く変わりません。だだ学期末ごとに注意する人間が居なくなっただけの話です。同居している年老いた母親も、もう何十年も前に諦めて何も言いません。たまに私の部屋に入ることがあってその乱雑さに思い出したように嫌味を言うくらいです。 続きを読む

実地で学んで正しく行う。

最近、知り合いの会員の方が契山館の合宿に参加してきました。

既にいくつかの合宿に参加経験がある方なのですが、今回の感想を伺いましたら、「やり方を勘違いしてました!」とのこと。

霊的トレーニングの基本のやり方を何年も間違って行ってしまっていたそうです。本人に間違っているつもりなんて全くなく、正しく行っているつもりだったそうですが、今回久しぶりに合宿に参加して、間違って覚えてしまっていた事に気づいたのだそうです。

何年も無駄にしてしまったと後悔があるそうでしたが、正しく行うようになって、霊的トレーニングがとても楽しくなったと嬉しそうに話されていました。

続きを読む

霊猫あーちゃんとの生活 #026

ー  動物と会話出来る人を解説する  ー

昨今、動物と会話出来る人々がメディアに登場してその真贋が論争のネタになっていますが本日は水波霊魂学を元に論理的な解釈を試みてみたいと思います。 続きを読む