「霊魂はいるとおもいますか?」を拝読して

《霊魂》が存在するのか否か?

それは間違いなく人類にとっての最重要なテーマであり、私達が真摯に向き合うべきテーマであると言えましょう。

《霊魂》が存在するということは、私達も肉体の死後は《霊魂》になるということであり、それは《死後の世界》が存在することをも意味するからです。

しかし、《霊魂》は存在するとも、存在しないとも証明出来ないのが現実です。

ですから、本書のタイトル通り、《霊魂》は居ると思うか、思わないかなのでしょう。

《霊魂》が居ると信じるか、居ないと信じるかという、正に信仰の世界なのかもしれません。

もちろん、居ると思うのも居ないと思うのも、個人の自由です。
けれども、どちらでもよいと、気軽に言えるような問題ではないはずです。

なぜならば、《霊魂》が居て、死後の世界が存在すると思うのか、思わないのかによって、この世での生き方が大きく変わったり、人生の幸不幸にも影響するかもしれないからです。

私達がこの世での人生を終えた後、《霊魂》として《死後の世界》で生き続け、しかも、その世界には天国のような素晴らしい世界も、地獄のような苦しみの世界もあったとしたら?

そして、その行き先が、この世での生前の生き方によって決まるとしたら?

正に、《霊魂》が存在するのかどうかは、人間にとっての最重要な問題なのでした。

とは言っても、《霊魂》が、通常、目には見えない存在である以上、なかなか存在すると確信が持てるものではありません。

しかし、繰り返しになりますが、《霊魂》が存在しないと証明されたことは、1度もありません。
存在しないと証明されていない以上、存在するかもしれないのです。

何しろ、《死後の世界》がないと思っていて、実はあったという時には、大変な事態になりかねないのです。

そうであるならば、この機会に、もし、《霊魂》が存在し、《死後の世界》があったら、という仮定のもとに、人間という存在や、人生について考察してみるべきなのではないでしょうか?

本書は、そのための、きっかけとして、最善の一冊であると言えましょう。

《契山館》には《水波霊魂学》という、《霊魂》や《死後の世界》についての学門体系があります。

また、《神伝の法》という霊的トレーニング法があります。

私達は《水波霊魂学》を学び、《神伝の法》を行うことによって、この世においても、《死後の世界》でも幸福に生きることが出来るようになります。

どうか、本書《霊魂はいるとおもいますか?》をお読み頂き、《死後まで続く幸福への道》へとお入り下さい。

水波一郎先生著《霊魂はいるとおもいますか?》は、
紙の書籍のペーパーバック版が、
アマゾンで、販売されています。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「霊魂研究へのいざない」を拝読して

画期的な霊魂研究の書であり、《契山館》に出会った方が、《水波霊魂学》の概要について学ぶのに、最適な一冊だと言えるでしょう。

さて、《死後の世界》は存在し、私達は死後、《霊魂》として存続するのでしょうか?それはやはり、人間にとっての最重要なテーマであると思います。

《死後の世界》の存在を信じるかどうかと問われれば、私は躊躇なく信じると答えます。

《死後の世界》は、あると証明されているわけではありませんが、私には、どうしても、あるとしか思えないのです。

中には、《死後の世界》が、あるのかないのか分からない、という方がおられるかもしれません。

《死後の世界》は、客観的には、あるともないとも証明されていないのですから、どちらか分からないのは、ごもっともかもしれません。

しかし現実には、《死後の世界》は、存在するのかしないのか、答えは2つに1つなのです。

本書に記されているように、《死後の世界》があるという前提でいて、実際にはなかったとしても、もはや、その事を自覚する自己が存在しないのですから、特に不都合はありません。

でも、《死後の世界》などないと思っていたのに、実際にはあったという場合はどうでしょうか?

何の準備もしないで、《死後の世界》へ入ることになるのですから、大変なことになるかもしれません。

なぜなら、《死後の世界》には、天国のような楽な世界だけではなく、地獄のような苦しみの世界も存在するらしいからです。

古来より、様々な宗教等で、善人は天国へ行き、悪人は地獄に堕ちると言われてました。

ですから、人間は心を成長させるために、倫理道徳や人生訓を学び、善行に励むべきだと教えられてきたのです。

しかし、《水波霊魂学》では、異なる主張をしています。《死後の世界》での行き先を決める基準は、この世の善悪の基準とは異なるのです。

考えてみれば、この世の善悪の基準は、国や時代によっても異なるわけで、絶対的なものではありません。

そのように不確かな尺度が、《死後の世界》で通用しないのは、当然なのではないでしょうか。

それでは、何が死後の行き先を決めるのかというと、肉体と重なっている、《幽体》という《霊的身体の成長の度合い》なのです。

そして、《契山館》では、この《幽体》を成長させるための、《神伝の法》という、《霊的トレーニング法》の指導が行われています。

《神伝の法》こそ、肉体の死後、《幽体》で《死後の世界》へ向かう時に備えた、最高の準備法なのです。

《神伝の法》は、《死後まで続く幸福》を手にするための、唯一のパスポートです。

間違っても、死後、苦しみの世界へ入ることがないように、ぜひ、皆様にも《神伝の法》を行って頂きたいのです。

これからは、《幽体》の研究を伴わない《霊魂研究》は、役に立たない時代なのです。

水波一郎先生著《霊魂研究へのいざない》は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

なぜ、今、契山館なのか

契山館は、霊媒である水波一郎師が、高級霊魂の方々から受け取られた、水波霊魂学を学び、同様に、水波師を通して神霊が与えて下さった、神伝の法という修行法を実習する団体です。

それらにより、幽体と呼ばれる霊的身体等を鍛え、霊的な成長を目指しています。

さて、それではなぜ、今、私たちは契山館で学ぶ必要があるのでしょうか?

昔は、現代ほど霊的な環境が悪くはなかったので、伝統的な宗教を真面目に信仰していれば、死後は普通に幸せに生活できる世界に、入れる可能性が高かったそうです。

しかし現代は、人々から素朴な信仰心が失われ、良好な幽気(霊的な気)が降りる場所がなくなりました。

さらに、そこら中を、不道徳な霊魂や邪霊という、未発達で未熟な霊魂や悪霊が、跋扈する時代になってしまいました(肉眼には見えません)。

私たち物質界に生きる人間の肉体には、幽体という名の、死後の世界(幽質界)で、表面に出てくる霊的身体が重なっています。

この幽体の活力を高め、その健康を維持するためには、幽体の栄養源でもある、良好な幽気を吸収することが、必要不可欠なのです。 続きを読む