私が契山館の凄さを実感した時(序)

私が宗教的な分野に興味を持ったのは、幼少の頃に、あるきっかけで「人が死んだらどうなるのか」について、その真実を知りたいと思い始めたからです。

その後私は、50年近くにわたって、様々な宗教や、その類似団体に属してきていました。

幸い20歳前後の頃には、100%ではなくても、神仏や霊魂、死後の世界の存在を信じられるようになっていたので、死の恐怖からは解放されて、だいぶ楽に生きられるようになりました。
続きを読む

「龍」を再読して

今回は、水波一郎先生著の《龍》を再読させて頂きました。

以前にも述べましたが、《龍》は、私が《契山館》と出会うきっかけとなった書籍です。

経緯は忘れましたが、インターネットで何かを検索していて、《龍》に辿り着いたのです。

この《龍》とめぐり合えなかったら、私は《契山館》と出会う機会を逸していたかもしれないので、今の私があるのは、この《龍》のお蔭です。

さて、本書冒頭の「はじめに」において、水波一郎先生は、
続きを読む