「霊魂研究へのいざない 」霊魂学への扉

「霊魂研究へのいざない」が電子書籍化されました。

霊魂に興味を持った方がはじめて読む本として、ご紹介したい書籍です!

霊魂は『いる』と言う人と、『いない』と言う人の考えはどこから来るのか、そういったところから、両方の視点で優しく解説して頂ける、他にない書籍だと思います。

この書籍を読んで理性的に考えれば、『霊魂はいる』という説が、より正しいと分かるはずです。

 

先日、意を決してこの書籍を会社の後輩にプレゼントしました。

(紙の書籍版です。)

 

その子は新入社員として入社して、私の下に付いてくれたのですが、1年ちょっとで退職することになりました。

続きを読む

「ネコの死後はどうなるの?」を拝読して

本書では、この世でペットとしての生を終え、《霊魂》になった5匹の猫と1匹の犬が、苦しみながらも霊的に成長して、他の猫等の救済活動を始めていく姿が、物語風に描かれています。

普段から猫や犬などのペットと親しんでいる方は、ペットの《死後の世界》が気になるのではないでしょうか?

ペットの《死後の幸不幸》を決めるものは何か?ぜひ、本書の中に、その答えを見出して頂きたいと思います。

更に、本書はペットの《死後の世界》の話にとどまらず、ペットの側から見た、ペットと人間との関係や、他の動物に対する人間の責任についても言及されていて、深く考えさせられます。

また、猫や犬も《霊魂》の存在となると、知性が高くなるらしく、難しいことは分からなくても、人間の子供程度には、思いを伝え合えるようになるそうで、人間の《霊魂》との意思の疎通も可能になるようです。

そのため、本書では、《水波霊魂学》の初歩でもあり、同時に最重要とも言えるポイントが平易に語られていて、《霊魂学の入門書》と位置付けることも可能だと思います。

そういう意味では、ペットなどに、あまり親しみがない方にとっても、有意義な内容であると言えましょう。

私は、ペットを飼ってはいませんが、大変、興味深く読ませて頂きました。

水波一郎先生著「ネコの死後はどうなるの?」は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

動物の霊魂

先日の話です。

妻が道路脇で子狸を見かけ、かわいかったので思わず写真を撮ったとのことです。

妻の話によると、近くに親狸はいる様子はなく、一匹で何かを食していたとのことでした。

最近の群馬特有の新聞では、狸、ハクビシン、アライグマが市街地に出没し糞尿被害が相次いでいる様で、行政が対策にのり出したと言う記事もありました。

駆除をすると言うことなのでしょうか。

私は先生の著書である「ガンバレ動物霊魂」の主役のポコを思い出し、子狸をポコの物語に重ね、いろいろ妄想が膨らみました。

「親はどうしたのだろう?交通事故で死んでしまったのだろうか?人間の生活の巻沿いを食ってしまって孤独になってしまったのだろうか?この先独りで生きて行けるのだろうか?」

実際の所は分かりませんが、「かわいい」と「かわいそう」が入り混じった気持になりました。

死後の世界では、人間が思っている以上に動物にも感情があるようです。そして、人間と同じように幽体として生きています。

人間は動物を食し、見せ物にしたりしています。そうかと思えばペットとして家族の様に可愛がります。

そんな動物たちは人間をどう思っているのでしょうか。人間は霊的にも動物に影響を与えているようです。

本当の意味で動物霊魂を救うには、人間が霊的に目覚め、神伝の法を行うしかありません。

是非「がんばれ動物霊魂」を読んでください。

byガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「霊魂研究へのいざない」を拝読して

画期的な霊魂研究の書であり、《契山館》に出会った方が、《水波霊魂学》の概要について学ぶのに、最適な一冊だと言えるでしょう。

さて、《死後の世界》は存在し、私達は死後、《霊魂》として存続するのでしょうか?それはやはり、人間にとっての最重要なテーマであると思います。

《死後の世界》の存在を信じるかどうかと問われれば、私は躊躇なく信じると答えます。

《死後の世界》は、あると証明されているわけではありませんが、私には、どうしても、あるとしか思えないのです。

中には、《死後の世界》が、あるのかないのか分からない、という方がおられるかもしれません。

《死後の世界》は、客観的には、あるともないとも証明されていないのですから、どちらか分からないのは、ごもっともかもしれません。

しかし現実には、《死後の世界》は、存在するのかしないのか、答えは2つに1つなのです。

本書に記されているように、《死後の世界》があるという前提でいて、実際にはなかったとしても、もはや、その事を自覚する自己が存在しないのですから、特に不都合はありません。

でも、《死後の世界》などないと思っていたのに、実際にはあったという場合はどうでしょうか?

何の準備もしないで、《死後の世界》へ入ることになるのですから、大変なことになるかもしれません。

なぜなら、《死後の世界》には、天国のような楽な世界だけではなく、地獄のような苦しみの世界も存在するらしいからです。

古来より、様々な宗教等で、善人は天国へ行き、悪人は地獄に堕ちると言われてました。

ですから、人間は心を成長させるために、倫理道徳や人生訓を学び、善行に励むべきだと教えられてきたのです。

しかし、《水波霊魂学》では、異なる主張をしています。《死後の世界》での行き先を決める基準は、この世の善悪の基準とは異なるのです。

考えてみれば、この世の善悪の基準は、国や時代によっても異なるわけで、絶対的なものではありません。

そのように不確かな尺度が、《死後の世界》で通用しないのは、当然なのではないでしょうか。

それでは、何が死後の行き先を決めるのかというと、肉体と重なっている、《幽体》という《霊的身体の成長の度合い》なのです。

そして、《契山館》では、この《幽体》を成長させるための、《神伝の法》という、《霊的トレーニング法》の指導が行われています。

《神伝の法》こそ、肉体の死後、《幽体》で《死後の世界》へ向かう時に備えた、最高の準備法なのです。

《神伝の法》は、《死後まで続く幸福》を手にするための、唯一のパスポートです。

間違っても、死後、苦しみの世界へ入ることがないように、ぜひ、皆様にも《神伝の法》を行って頂きたいのです。

これからは、《幽体》の研究を伴わない《霊魂研究》は、役に立たない時代なのです。

水波一郎先生著《霊魂研究へのいざない》は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「龍」を拝読して

本書を読み進むうちに、《龍》の正体と、人間との深い関係が明らかになるでしょう。

《龍》というと、一般的には架空の存在と思われていたり、場合によっては、誤ったご利益信仰の対象にされていることもあるかもしれません。

しかし本書では、《水波一郎先生》を通して、高級霊魂が、《龍》の正体や、人間との深い関係等について語って下さっています。

また、《人間》と《龍》との関係の中で、人間が死後の世界で辛い思いをしなくて済むよう、この世で生きるうちに、何をするべきなのかが明らかにされていきます。

《龍》について語られた書籍は少なからず存在しますが、高級霊魂の視点で、これだけ明確に真実が明らかにされたことは、未だかつてなかったと思います。

類書がない、すなわち、この世のどこにも、学ぶべき資料が存在しない独自の内容が記されていることこそ、本書の内容が、霊的世界の霊魂によって、もたらされていることの証だとも言えましょう。

本書の内容を一笑に付すのも、真剣に受け止め今後の人生に生かすのも、私たち個人の自由でしょう。

しかし、この世に生きる以上、死からは誰一人逃れることは出来ません。

死後の世界があるかないかは、他人事ではないのです。

死後の世界は、存在するとは証明されていませんが、逆に存在しないとも証明されていません。

本書に目を通しながら、もし、死後の世界があったら・・・という観点から、今後の人生に思いを巡らせるのも、有意義な時間になることでしょう。

私事ですが、私は、この《龍》のお陰で、《契山館》と出会うことが出来ました。

《龍》に出会えなかったら、私は、まだ《契山館》を知らなかったかもしれません。

今の私があるのは、《龍》のお陰です。

《契山館》で《水波霊魂学》を学び、《神伝の法》という《霊的トレーニング法》を行うことは、《死後まで続く幸福》への道へ入ることを意味します。

どうか、一人でも多くの方が、《龍》と出会われますよう、お祈り申し上げます。

水波一郎先生著「龍」は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、
このページ下部のリンク先から、
契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆