詐欺

私の母が所謂「催眠商法」と言うものに騙された話です。

この商法は、法律ギリギリのところで、先日のゆたんぽさんの記事ではないですが、人の心理を突いた卑劣なやり方の印象があります。

少し前にそれらしい広告が配られて、潰れたコンビニの後を利用していたので場所は把握しておりました。

その前を時々通り、何やら怪しい雰囲気が漂っていると思っていましたが、自分には関係ないと思ってたので気に止めていませんでした。

ところが何と、私の母がそこに出入りしてました(笑)

私は母とは一緒に住んでいませんが、割と近くに居ます。畑で採れた野菜を持ってくることは日常ですが、「タダでいっぱい貰ったから」と言う物を置いていったのでどこでもらったのか不思議には思っていました。

二回目にウチに寄って行った時に、妻が気になったので母に問いただしたところ、その日に何かを買ったと言う契約書を見せてきました。

あまりにも高額だったので妻が事情を聞いたところ、どうやらそこへ行っていたようでした。

私は後からその話を聞いて、直ぐに詐欺にあったと思ったので、本人の承諾を得てその日のうちに解約しに行ったのですが、夕方でしたので、もう誰もいませんでした。

母に騙されていることを説明したのですが、この期に及んでまだ「明日は何時までに行って早く並ばないと、良いものが貰えない。」とか「断りづらい」ようなことを言っているので、ここからは私の個人的見解ですが、もしや「そういう詐欺集団には後ろに邪霊集団が付いていて、来ているお客に低い幽気を付着させ、心理的にも操りやすくしているのではないか」と疑いました。

忙しかったのでその時母に直接対応が出来なかったのですが、その日のうちに遠隔で「人の祓い、基礎の除霊」その付けられたであろう低い幽気が原因で、後々悪影響が出ないように応急処置的に「幽体の改善」を施術しました。(落ち着いた後、思い当たる対処を正式にしました)

その甲斐があったのかどうか分かりませんが、翌日の母は現状をやっと理解したようでした。直ぐにでも法的対処をしなければいけないのでクーリングオフの手続きの話をしましたが、業者も巧妙で、その期間に解約されないように3日ほど本社に帰るので連絡が取りにくくなると言うことでした。帰ってくるころには手続きが出来なくなることを計算しているのでしょう。

それならばと、翌日直ぐにその場所へ行き、担当の人を呼んで頂き話をしました。私を会場の中に入れたくない様子で外で待たされたのですが、気になったので隙を見て中を覗いてみると、むせ返るような異様な雰囲気の中、多数のお年寄りが異様に楽しんでおりました。

担当の人が私の所へ来ました。勿論、中へ通されることなく外で話をしました。私の質問攻めにその人はたじたじでした。(紳士的に話しました)

何とか解約は出来ましたので、高額な料金を払わずに済みましたが、封を開けてしまった商品もあったので、それは仕方なく払いました。勉強料として母には諦めてもらいました。

後から母にいろいろ聞き私なりに分析しますと、まず集まったお客に「お得感」を植え付け、「競争心」を煽り、巧みなトークで冷静な判断を出来なくさせるようです。最後に契約は個別に部屋に呼ばれたと言うことでした。

因みに、どんな人がそんな商売をやっているのか、怖い系の人かと思いきや人の良さそうな大学生風の人達でした。世も末です。

私は思いました。「世の中の詐欺集団には必ず邪霊集団が付いていると思う。それに騙されないためにも『幽体を鍛える!』そうすれば邪霊の影響を受けている人の言葉にも騙されないし、それ以前にそのようなところへは足を運ばないようになるのではないか」と。

幽体を鍛えるには「神伝の法」しかありません。詳しく知りたければこの本をお勧めします。「死後まで続く幸福のために」

byガンリキ

※霊的な憶測は、個人の見解によるものです

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

動物の霊魂

先日の話です。

妻が道路脇で子狸を見かけ、かわいかったので思わず写真を撮ったとのことです。

妻の話によると、近くに親狸はいる様子はなく、一匹で何かを食していたとのことでした。

最近の群馬特有の新聞では、狸、ハクビシン、アライグマが市街地に出没し糞尿被害が相次いでいる様で、行政が対策にのり出したと言う記事もありました。

駆除をすると言うことなのでしょうか。

私は先生の著書である「ガンバレ動物霊魂」の主役のポコを思い出し、子狸をポコの物語に重ね、いろいろ妄想が膨らみました。

「親はどうしたのだろう?交通事故で死んでしまったのだろうか?人間の生活の巻沿いを食ってしまって孤独になってしまったのだろうか?この先独りで生きて行けるのだろうか?」

実際の所は分かりませんが、「かわいい」と「かわいそう」が入り混じった気持になりました。

死後の世界では、人間が思っている以上に動物にも感情があるようです。そして、人間と同じように幽体として生きています。

人間は動物を食し、見せ物にしたりしています。そうかと思えばペットとして家族の様に可愛がります。

そんな動物たちは人間をどう思っているのでしょうか。人間は霊的にも動物に影響を与えているようです。

本当の意味で動物霊魂を救うには、人間が霊的に目覚め、神伝の法を行うしかありません。

是非「がんばれ動物霊魂」を読んでください。

byガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

幽体の存在

人々から信仰心がなくなり、宗教が嫌われる中、社会生活を円滑に行うには霊的な話は禁句なのかもしれません。

「お金の貸し借りと宗教は友達を無くす」とも言うようです。

ですが、私は契山館に入会して数十年、初めから隠すことなく人に霊魂学と神伝の法の話をしてきました。

入会したての頃は「人が知らない事を自慢したい」と言う程度の浅はかな考えだったことは否定できません。そのせいもあってか陰で人に馬鹿にされていたと思います。

もともと頭が悪い奴が、更におかしなことを言い出したと思われていたのかもしれません。

人の陰口は言いたい放題です。

それでも、私には信念があったのでその姿勢を曲げることはありませんでした。

人に馬鹿にされながらもその姿勢を曲げず、仕事も社会人として普通にこなし、発言も常識的であれば、そのうちそのキャラが定着し、周りも特に気にしなくなってきたと感じます。(変わり者のレッテルは張られますが。)

そうなると、逆に霊的な問題を抱えた人や、霊的なことに興味がある人は半信半疑かもしれませんが、相談して来たりすることもあります。

そういう時は、まず「幽体」の存在を知ってもらいます。

 

水波霊魂学の定義を知らない人には、かなり噛み砕かないと伝わりません。

「もし仮にあの世があり、今と同じ姿で生き続けるとしたら、肉体は焼かれてしまうのだから、物質とは違う何かでできた体があるはずです。

それが、所謂、幽体と言われるものです。

その幽体は、今現在この肉体と重なっています。

物質とは違う為、霊的な糊のような気でくっついています。

何か失敗した時など(あの時、本当はこう思っていたのに何でああしてしまったんだろう?)と後悔する時がありますよね。

それは、実を言うと幽体からの衝動なんです。

肉体にも心がありますが、幽体にも心があります。

その幽体の心の衝動が、人生の岐路に立った時、大きく影響するんです。」

のような説明をすると、大体の方は理解してくれました。

(大分端折っておりますが。)

 

霊的な事に興味がある人は、まず「幽体」知って下さい。

その心を知って下さい。

そして「幽体」も汚れを落としたいし、栄養が欲しいと訴えていることを知って下さい。

by ガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!

ごちそうさまでした。

私の友人に、牧場を経営されている方がいて、その方から雄牛の肉やレバーを頂きました。

微生物農法などを学ぶグループで知り合った方なのですが、牛の育て方も、それはそれは愛情がこもっており、そこで育つ牛たちは、素人の私から見ても、他の牧場より、いつも穏やかに元気そうに過ごしています。

その方が育てているのは乳牛で、一頭一頭名前をつけて可愛がっておられるのですが、雄牛はどうしても必要なくなってしまうとのことで、さばかなくてはいけない時もあるようです。

あの可愛い瞳の子の肉なんだなぁ・・・と思うと、なんだか肉の重さに、食べる側の責任を感じました。

ごめんなさい、ありがとう!と思いつつ、少し神妙な気持ちで調理&実食。
甘くて、柔らかくて、不自然な匂いのしない、本当に美味しいお肉でした。

いつも肉をスーパーで買って食べといて、神妙な気持ちがどうのと、私はどれだけ偽善者だよ、と思うけれど・・・

それでも、私たち人間には、生きていくために、肉が、野菜が、他の命が、どうしても必要です。

残酷な私たちが生き残るためには、どうしてもつぶしてしまう命があるけれど、
実は、殺す方、殺される方、双方を救う方法があるのです。
それが、幽体を鍛える、霊的トレーニングです!

 

☆霊的トレーニングを行えば、誰でも幽体が成長します。

⇒幽体が成長すれば、より高級な存在と繋がりを持てます。
そして、通常より高級な幽気を自分と周辺に降ろすことができます。

⇒貴方の存在そのものが、他の人間、生き物にとって、幽的なパワースポットになります!

⇒貴方の回りの生命が、その気を吸い、自然と幽体に活力をもつ可能性があります。※ただし、霊的な事柄を否定していている方は、吸収できません。

そうすれば、たとえ目の前の動物を食べるために殺したとしても、
その動物の幽体は、成長した分、高級な方の世界へ入る可能性が高くなります。

霊的な成長。
それこそが生きとし生ける全ての存在にとって、最高の幸せです。

私とともに暮らしているペット達、あのかわいい牛達。
周辺の森の木々、野菜や草花、
何より、私の大事な家族や友人。
私の周囲の命に、少しでも高級な幽気を分け与えられるような存在になれるよう、私は自分の修行を頑張ります。

この世は本当に苦しい事の連続で、まるで地獄のように感じることもありますが、
しかし、水波霊魂学と霊的トレーニングを知れば、
私たちの手で、この世を天国にすることも可能なのだとはっきりと分かります。
皆様も一緒に目指しませんか?

下記契山館HPをぜひご覧ください。
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/sagurutameni/01_02/2ai.htm

動物好きな方は是非こちらをお読みください!

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!

夜の散歩

暑い日々が続いています。

私は老年の小型犬と生活しているのですが、今年の夏は相当にこたえているようで、グッタリしている時間が長くなりました。
それでも散歩は好きな子なので、夜、涼しくなった時間帯、ランプ片手に家族と田舎道を散歩に出かけます。

住宅街に住んでいますが、ちょっと歩けば、田んぼが続く夜道です。電燈や高速道路の灯りもあるので、天体写真程凄いわけではありませんが、それなりに綺麗な夜空が見られます。

はるか太古の人々は、もっと深い闇と満天の星空、野生動物の気配、気象との戦いに、日々感覚を研ぎ澄まして、自然と、大いなる霊的な存在に気付く感性を養われていたのでしょうね。

あんまりに明るすぎる、快適過ぎる都会の空の下では、霊的な事柄が笑われて終わってしまうのも、ある意味仕方ない・・・のかもしれません。

ですが、ここにきて、この気象。
ほんの少し温度が上がっただけで、私たちは生きていくのにアップアップしてしまいます。慌ててクーラーの中に逃げ込んでも、電気が止まれば、水が止まれば、私たちは太古の昔の闇の中に戻らざるをえません。

私たちは、水が無くなった時、大声で叫べるでしょうか。
神様、どうかお助けください、と。
叫ぶだけでは足りません。
その声が高級霊魂に届くように、幽体を鍛えなくてはなりません。

幽体を鍛えた者の叫びは、力を持ちます。
今はまだ、その声の数が足りませんが、増えれば増えるほど、必ず世界は変わっていきます。

 

闇の中の方が霊的な事柄に目覚めやすいのだとしたら、その闇こそが、私たちにとって救いをもたらしてくださるのかもしれませんが・・・人が大勢亡くなっていくのは、あんまり悲し過ぎます。

悲しみの中にいらっしゃる方、どうか水波霊魂学にお気づきになりますように。
そして、悲しんだ分よりもっともっと、本当の癒しで救われますように。

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!