霊猫あーちゃんとの生活 episode ZERO #003

レーマニーというのは随分と経ってからサボテンの仲間の名前だということがわかりました。

実は知り合いの農家のおじいさんが飼っていた雌のゴールデンレトリバーの名前を拝借しました。とても賢い犬で朝、おじいさんが畑に行く時におじいさんと一緒に畑に行き、おじいさんが仕事をしている間は畑の脇で大人しく待っていたそうです。夕方になりおじいさんが自宅に帰る時になるとムクッと起きておじいさんと家路についたそうです。人里離れた場所だったこともあり余りリードも付けていなかったそうですがトラブルもなく、人の言葉を理解しているのかのごとく言うことも良く聞いたそうです。

そんなレーマニーも13歳を過ぎて亡くなってしまいました。前日までいつものようにおじいさんと畑に行き翌日、ご飯をあげようと犬小屋に行くと眠るように死んでいたそうです。おじいさんは悲しみもありましたが苦しまず安らかに逝ったことで安堵の気持ちが大きかったそうです。

この話を聞いてレーマニーという余り耳馴染みの無い名前が強く印象に残ったのでしょう。家の庭に住みついた子猫を3匹連れた野良猫に深い考えもなくレーマニーと名付けました。

私の家には1階部分が車庫になっている2階建の離れがあります。私はそこで寝起きしていますが母屋の玄関からだけでなく外階段からも出入り出来るようになっています。外階段はコンクリートの打ちっぱなしでその踊り場で猫の親子がたむろしているのを最初に見つけたのは私の母親でした。

2016年の初夏でした。

レーマニーはサバシロ猫の年若い母猫でした。3匹の子猫はキジトラ猫、サバトラ猫、サビ猫で名前はブゥ、ヤー、ターと名付けました。これは少年ジェットのミラクルボイスから取りました(少年ジェットとミラクルボイスが分からない方はネットで調べてください)のちに調べたらブゥ、ヤー、ターではなくウー、ヤー、ターでした。私の勘違いでしたがそう名付け呼んでいたのでそのままにしました。ただサビ猫のターだけはのちにメス猫だと判明したのでター子になりました。

レーマニーとブゥ、ヤー、ター子はもっぱら昼間は階段の踊り場で過ごしていました。3匹の子猫がじゃれあって遊んでいるのをレーマニーが寝そべって眺めているそんな光景を何度か目にする機会がありました。

前記の通りとおり余り猫が好きではなかった私はレーマニー親子を追っ払いにかかりました。「庭を糞だらけにされたら叶わん!」と、その時は知りませんでしたがのちに猫は庭を糞まみれにしないことを知りました。猫はトイレの場所を決めるとずっとその場所でウンチもオシッコもします。そしてその後に砂をかけて痕跡を消します。これは猫が単独行動のハンターで自身の糞尿のにおいから獲物に感づかれない為の習性だと言われています。

私と同様に猫を飼った経験のない家の母親はあーちゃんが猫トイレで用を足した後に砂をかける様を初めて目の当たりにして「人間みたい!」と感動していました。ちなみにこの猫がウンチ(関西圏ではババ)を砂をかけて隠して素知らぬ顔をする行為から『ネコババ』の語源になったという説があります。

レーマニー親子を追い立ててみるものの翌日には素知らぬ顔でまた階段の踊り場でくつろぐ姿があるのを何回か繰り返した後、8月のお盆の時期に突然、レーマニーと3匹の子猫達の姿を見ることが無くなりました。

続く

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

霊猫あーちゃんとの生活 episode ZERO #002

話は3年程遡ります。

私が修行会員として契山館の門を叩いたのが2015年の6月でした。その頃は霊魂学の理論的に整合性のとれているところに心酔しつつ水波先生の著書を片っ端から読み漁っていました。基礎の行は1日3回、朝昼晩と行っていました(注意事項に回数に関する記述がなかったものでつい)今、思い出しても何故そんなに熱心に行っていたのか思い出せないのですが私は生来の飽き性でして何も感じていなければ直ぐに辞めていたはずです。

そんな生活は翌年の神伝禊法初伝合宿まで続きましたその当時は群馬支部の存在も月1回の集会があることも知っていましたが霊魂学は正しくてもそれを学び広めたいと願う人が私が心地よいと感じる距離感と熱量を持っているとは限らないと、かなりの警戒感と偏見を持っておりました。何よりも面倒くさく煩わしい人間関係はチョットと考えておりました。

そう!面倒くさかったのです。私、面倒くさがりだったんです。だからペットなんぞ飼う人間の気が知れなかったんです。言葉が通じる訳でもなく、毎日トイレの掃除をし、毛は抜けるしイタズラもする。臭いし汚いし、餌を貰う時だけ愛嬌良く後は知らんぷりのゴーイングマイウェイ(*当時の主観と偏見に満ちた主張です。きっと今の私の姿を見たら唖然とするでしょう)そんな煩わしい犬や猫をを飼う人間では自分はないと揺るぎない自信を持っておりました。

加えて群馬支部の先輩方の名誉を守る為に申し上げますがこちらの勝手に設定した距離感を超えてグイグイ来られたことは1度もありません。初めて連絡先を交換したのも支部集会に初参加してから1年以上経過してからです(それも私からです。)

そんなペットなんぞ終生飼うはずもなかった私が初伝合宿に参加させて頂く運びとなりました。感想はというとすごいの一言です。何がすごいのかは語れません。言葉というものが不完全なものだと実感させられます。神伝の法を会得してください。私がなぜ言葉に出来ないか理解できますしなぜ他人に言葉で伝えられないのかを実感できます。

もう一つ合宿でのエピソードを付け加えますね。この合宿の中で新規参加者の移動の為に先輩会員が運転手を務めてくださいました。その時の運転手さんが群馬支部の先輩会員でした。私の居住地からなんとか参加出来そうな支部集会は群馬ということは理解していましたし参加してみたいという想いは持ち続けていたのですがなんせグイグイ(しつこいですか?)来られたくないもので、その先輩会員の人となりを注意深く観察させていただきました。結果、こういう方が居るところなら大丈夫そうだと判断しそれから約2カ月後の群馬支部集会に参加させていただきました。

新しく教わった神伝の法と呼吸法、さすがに1日3回は基礎の行はやらなくなりましたが朝起きて最初に1回は行っていました。そんな日々の修行を続けていた8月のとある日

我が家の庭に3匹の子猫を連れたレーマニーという野良猫が住みつきました。

続く

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!

霊猫あーちゃんとの生活 episode ZERO #001

私は猫と生活しています。

名前は「アリア」普段はあーちゃんと呼ぶことが多いです。あーちゃんは雌のキジトラです推定で4歳位です。なぜ推定かというとあーちゃんは保護猫で保護猫ハウスから譲渡されて家族の一員になりました。

あーちゃんがうちの子になって1年と5か月程経ちました。ここまで書くと『ああ!!よくあるうちの子自慢の猫ブログか」と思われそうですが

実は私、猫嫌いでした。

私は車が好きで、今でも以前ほどお金と手間は掛けませんが大切に気に入った車に乗り続けています。私は違いますが週末の洗車が趣味と言う方は車好きの中には一定数いると思います。そんな人たちにとっては野良猫、特に冬場の野良猫は憎悪の対象でしょう。私も昔、洗車して間もない冬のとある日、ボンネットに残ったにゃんこマーク(足跡のことです)を発見して絶望と怒りに打ち震えたこともありました。
そんなこともあり私は当時、断然犬派でした(犬派と言っても犬は勿論、猫も飼ったことはありませんでした)そんな私が何故、あーちゃんを飼い始めたのかを少し話したいと思います。
実はあーちゃんを迎えるにあたって幾つもの偶然(今となっては霊的な必然があったと感じています)が重なって今日に至ります。

そこにはブゥと名付けられた一匹の野良猫の話から始めなければなりません

続く

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!