基礎の行が重要だと考える理由

[相似](そうじ)

この言葉の意味を辞書で調べると

①形や性質が互いによく似ていること。

②一つの図形を拡大または縮小した関係にあること。

③異種の生物の器官で、発生的には異なるが、機能が同じであるために形態が似ている現象。

と書いてあります。私の今までの投稿は七割以上がこの相似に関するものなのですが今回もそれに当たります、今後、書いてみたいテーマとして[親和性](しんわせい)というものがありますがそれはまた別の機会にさせて頂きます。

私は契山館に修行会員として入会して3年程経ちますが基礎の行はほぼ毎日行っております。基礎の行を行なわない日はインフルエンザで高熱が出ているとかお腹を下してトイレから離れられないとかいわゆる体調不良の時だけです。そんな時は他の霊的修行も行なっておりませんので基礎の行は霊的修行の一つとして必ず実施しております。

本当は体調不良時でも習慣となっている日々の修行は欠かしたくはないのですが肉体の調子が良くない時はやはり集中力が持続出来ません。この様な状態で修行を行うのは指導霊の方々に大変無礼な気がして「申し訳ございません。体調がすぐれず本日の修行はお休みさせて頂きます。」と欠席届けを提出します。少々、話しが横道にそれましたがそれくらい基礎の行を重要だと考えていることをご理解ください。

ではなぜ基礎の行が重要だと考えているのかお話しします。

私は15年以上、武道、格闘技の道場に籍を置いています。素晴らしい師と出会えてその師の人柄と武道家としての実力に惹かれて多くの門下生が集いました。

「武道は人生道」そう教えを受けて現在に至るまで修行を続けています。キツかったのかもしれません、大変だったのかもしれません。しかし辞めようと思ったことは一度もありませんでした。只々、日々成長して行くことが楽しくて仕方ありませんでした。

武道に関して書き込みすることはいくらでも出来ますが本日の主旨を変えてしまいますのでこの程度にしておきます。今後、もしご要望があれば書き込みますがそれこそが武道の修行と霊的修行の相似に関する部分がほとんどになると考えています。

15年以上も道場に籍を置いていると師匠に初心者の指導を任されることがあります。私も通って来た道ですので喜んでさせて頂きますが,武の道ではまだまだ未熟者を自負しておりますので甚だこそばゆい思いをして指導をします。拳の握り方からパンチの出し方、引き方、足の位置から腰の回転、肩の回転、重心の移動法、指導することは多岐にわたりますが実はさして難しいことではないのです。実は武道とか格闘技というのは全て物理の力学の法則に従って体系が出来上がっておりその人間が持っている筋力を如何に効率的に拳にまで移動出来るかに終始するからです。

よって力学の法則から外れた所作は美しくありません。だから初心者の動きを力学的に正しい体の使い方に微調整すれば良いだけなのです。ここでチョット面白い言葉の置き換えをしてみましょう。

『個々の筋力』→『個々の霊力』 、 『物理の力学の法則』→『霊的世界における霊的法則』  、『力学的に正しい体の使い方』→『霊的修行時の次第の所作の正確さ』、『師匠の教えに対する信頼』→『地上の師と神霊に仕える方々に対する信頼と信仰心』

 

なにか、凄く似て(相似して)いませんか?私はいつもそう感じています。

 

晴れて基本的な体の動きを会得した初心者が最初に教わる技があります。

「ジャブ、ワン、ツー」です。ここで格闘技に余り馴染みのない方に説明します。

利き腕が右手で右手を後ろに拳を構えている状態から左拳を軽く相手の顔めがけて繰り出すのが「ジャブ」です。これによって相手の重心の位置やこちらの立ち位置を変えます。そのあと左拳を元の位置に戻し同じ左拳で相手のガードを下げさせる為に腕が伸び切らないぐらいの距離で強めに打ちます。これが「ワン」です。「ワン」で体勢を崩しガードを下げさせた後に右拳で力一杯、相手のアゴを打ち抜きにいきます。これが「ツー」で相手を倒すパンチになります。

これが最初に教わる技です。契山館で言うところの基礎の行にあたるものです。

技の動き自体はシンプルなものですがこれが出来るようになってから色々な技を教えてもらいます。動きに慣れて来るとキック技も加わりますし、同じ様な技であってもバリエーションが増えたり微妙なタイミングの変化をつけたりします。勿論、相手を倒す為の技も多くありますが実はこの「ジャブ、ワン、ツー」に繋げる為の目眩しの技が凄く多いんです。最初に教わる技が相手を倒す最後の技というのが面白くないですか?

この最初に教わる技、格闘技のトレーニングをする時、練習をしない日は1日もありません。サンドバックを叩く、シャドーボクシングをする。スパーリング(本気を出さない試合形式の練習)に至っては練習自体、成り立ちません。

師匠曰く「ジャブ、ワン、ツー、を極めたら間違いなく世界で一番強くなれる」とのことです。シンプルゆえに奥が深く底知れぬ力と可能性を秘めていると私もそう感じています。

体に染み付いた武道訓、だから私はこれからも一番最初に教わった基礎の行を行なっていきます。日々の修行で行うと毎回、違う印象を受けます。本当に不思議です。

これからもなにかを感じるために何かを学ぶために想いのままに続けていきます。

 

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

ごちそうさまでした。

私の友人に、牧場を経営されている方がいて、その方から雄牛の肉やレバーを頂きました。

微生物農法などを学ぶグループで知り合った方なのですが、牛の育て方も、それはそれは愛情がこもっており、そこで育つ牛たちは、素人の私から見ても、他の牧場より、いつも穏やかに元気そうに過ごしています。

その方が育てているのは乳牛で、一頭一頭名前をつけて可愛がっておられるのですが、雄牛はどうしても必要なくなってしまうとのことで、さばかなくてはいけない時もあるようです。

あの可愛い瞳の子の肉なんだなぁ・・・と思うと、なんだか肉の重さに、食べる側の責任を感じました。

ごめんなさい、ありがとう!と思いつつ、少し神妙な気持ちで調理&実食。
甘くて、柔らかくて、不自然な匂いのしない、本当に美味しいお肉でした。

いつも肉をスーパーで買って食べといて、神妙な気持ちがどうのと、私はどれだけ偽善者だよ、と思うけれど・・・

それでも、私たち人間には、生きていくために、肉が、野菜が、他の命が、どうしても必要です。

残酷な私たちが生き残るためには、どうしてもつぶしてしまう命があるけれど、
実は、殺す方、殺される方、双方を救う方法があるのです。
それが、幽体を鍛える、霊的トレーニングです!

 

☆霊的トレーニングを行えば、誰でも幽体が成長します。

⇒幽体が成長すれば、より高級な存在と繋がりを持てます。
そして、通常より高級な幽気を自分と周辺に降ろすことができます。

⇒貴方の存在そのものが、他の人間、生き物にとって、幽的なパワースポットになります!

⇒貴方の回りの生命が、その気を吸い、自然と幽体に活力をもつ可能性があります。※ただし、霊的な事柄を否定していている方は、吸収できません。

そうすれば、たとえ目の前の動物を食べるために殺したとしても、
その動物の幽体は、成長した分、高級な方の世界へ入る可能性が高くなります。

霊的な成長。
それこそが生きとし生ける全ての存在にとって、最高の幸せです。

私とともに暮らしているペット達、あのかわいい牛達。
周辺の森の木々、野菜や草花、
何より、私の大事な家族や友人。
私の周囲の命に、少しでも高級な幽気を分け与えられるような存在になれるよう、私は自分の修行を頑張ります。

この世は本当に苦しい事の連続で、まるで地獄のように感じることもありますが、
しかし、水波霊魂学と霊的トレーニングを知れば、
私たちの手で、この世を天国にすることも可能なのだとはっきりと分かります。
皆様も一緒に目指しませんか?

下記契山館HPをぜひご覧ください。
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/sagurutameni/01_02/2ai.htm

動物好きな方は是非こちらをお読みください!

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!

暑い日々が続きますね

暑い日々が続きます今日この頃、皆様方におかれましては、いかがお過ごしでしょうか?

問わせて頂くまでもなく、日々の行法に勤しんでいらっしゃることと、ご推察申し上げます。

暑ければ暑いなりに、寒ければ寒いなりに、身の振り様というものはあるものです。

私達が授かりました行法も、同じですね。

忙しければ忙しいなりに、対応ができます。

環境が悪ければ

“それなり”にではなく、こればかりは「環境を良くして」から行法を行うが吉。

実はこれ、ものすごい効果があります。

想像してみてください。

初めて泊まる、古くて薄暗いビジネスホテル。

廊下に点々と続く、何かがしたたり落ちたような跡。

これはまさか

あぁ、部屋の壁のシミが人の顔に見えなくもないことに気付いてしまったよ… 

たまに変な音もするし、何か落ち着かないんですけど

出張族の「あるある」ですね。

そんな時には、「環境を良くして」しまうのです。

その場で“いちにのさん”(随分略しました)!

そうしますと、あら不思議、違和感ありまくりだった本日の寝床が、まるで昔から住み慣れている我が家の寝床のようです。(ほんの少し盛りました)

こうして、今日も安眠し、日々を快適・健康に過ごす“まるにだきがしわ”でした。

 

まぁ、霊的なことが前提の生活が確立してしまいますと、色々と道が開けてくるという、そういうお話のひとつの例ですね。

 

 

それでは、皆さん集会でお会いしましょう。

 

 

“まるにだきがしわ”

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!

 

行法は最強のサポーター

※記事の下にあります、ガンリキさんのコメントまでお読みください 。

連日、強烈な暑さが続いておりますが、皆様、ご体調はいかがでしょうか。

私は、暑さもさることながら、仕事で膝やら腰やら痛めてしまい、数日仕事をお休みしました。
少しずつ復帰しているところですが、連日サポーターのお世話になっていて、つくづく健康の有難さを感じております。

治療を続けて痛みが減り、動けるようになってきてはいるのですが、
そこでお医者様が一言。
「痛みが無くなると、調子に乗って動き過ぎて、患部を更に傷める人が多いから、気をつけてね。」
・・・はい、確かに(^_^;)

痛みがあるから、動けない。⇒更なる損傷をせずに済んでいる。
考えてみると、痛みという苦痛も生命維持に必要なんですね。

人間の肉体って、凄い。
まるで無駄がないシステムの下に動いているように思えます。
無理・無茶は控えて、大事にメンテナンスしながら、毎日過ごしていかなくてはなぁと改めて思いました。

更に言えば、生きとし生ける全ての生命体には、幽体が重なっていて、その影響を日々受けながら生きています。

肉体は傷めれば、血が出たり、痛みが出たり、体感として分かりますが、
幽体の方は目に見えないので、痛んでも、なかなか自覚できない難しい身体です。

ですが、その目に見えない身体の影響は大きく、
なんだか最近調子が悪くて・・・
気持ちがふさいで・・・
という気持ちの背景には、大いに幽体の不調が関係していたりします。

私は霊的トレーニングを教えて頂いてから、幽体など霊的身体を鍛えておりますが、
水波霊魂学を知らなかった頃の自分に、自分で驚きます。
よくも私は幽体を無視して人生生きてこられたものだなぁ!! 😯 と。

なので、霊的トレーニングをご存じない方には、
あまりに人生もったいない感じがして、仕方ありません。

水行を行った後の静かな気持ち、
更に多くの人が体験されますように。

byゆず

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!