行法は最強のサポーター

※記事の下にあります、ガンリキさんのコメントまでお読みください 。

連日、強烈な暑さが続いておりますが、皆様、ご体調はいかがでしょうか。

私は、暑さもさることながら、仕事で膝やら腰やら痛めてしまい、数日仕事をお休みしました。
少しずつ復帰しているところですが、連日サポーターのお世話になっていて、つくづく健康の有難さを感じております。

治療を続けて痛みが減り、動けるようになってきてはいるのですが、
そこでお医者様が一言。
「痛みが無くなると、調子に乗って動き過ぎて、患部を更に傷める人が多いから、気をつけてね。」
・・・はい、確かに(^_^;)

痛みがあるから、動けない。⇒更なる損傷をせずに済んでいる。
考えてみると、痛みという苦痛も生命維持に必要なんですね。

人間の肉体って、凄い。
まるで無駄がないシステムの下に動いているように思えます。
無理・無茶は控えて、大事にメンテナンスしながら、毎日過ごしていかなくてはなぁと改めて思いました。

更に言えば、生きとし生ける全ての生命体には、幽体が重なっていて、その影響を日々受けながら生きています。

肉体は傷めれば、血が出たり、痛みが出たり、体感として分かりますが、
幽体の方は目に見えないので、痛んでも、なかなか自覚できない難しい身体です。

ですが、その目に見えない身体の影響は大きく、
なんだか最近調子が悪くて・・・
気持ちがふさいで・・・
という気持ちの背景には、大いに幽体の不調が関係していたりします。

私は霊的トレーニングを教えて頂いてから、幽体など霊的身体を鍛えておりますが、
水波霊魂学を知らなかった頃の自分に、自分で驚きます。
よくも私は幽体を無視して人生生きてこられたものだなぁ!! 😯 と。

なので、霊的トレーニングをご存じない方には、
あまりに人生もったいない感じがして、仕方ありません。

水行を行った後の静かな気持ち、
更に多くの人が体験されますように。

byゆず

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!

行法は最強のサポーター」への7件のフィードバック

  1. 以前、私も肩を痛めたことがありましたが、医者へ行っても全然よくならなくて困った時がありました。修行者の癖に霊的な視点が欠けておりまして、試しに妻に間気を増やす霊術を全体と部分でやってもらいましら、ゆっくりですが回復しました。仕事のしすぎもありますが、幽体の活力不足、間気の消耗で肉体に無理が来ていたのだとその時実感しました。今では、神伝の法+幽体を育成する技術と呼吸法も欠かさずにやるようにしています。老いは隠せませんが、結構、健康です。幽体の健全化は、どんなサプリより効き目があるのではないかと個人的には感じております。

  2. 僕も本当に、よく生きて来れたな( ̄□ ̄;)!!って思いますよ。
    『幽体の悲劇』を読むまでは、幽体がこんなにストレス溜まっているって知らなかったし、肉体とは全然違う事を考えている事も知らなかったですよ~。
    幽体の為にも是非、霊的トレーニングを行って欲しいです(´・人・`)
    ちょっとでも気になる方は是非、『幽体の悲劇』も読んでみて下さい(*≧∇≦)b

  3. 全く同感です。

    私も肉体は凄いと思います。

    完全ではない面があったとしても、こんな精巧なものが、どうしたら偶然に出来ると思えるのでしょう。

    このような奇跡が信じられるのならば、それはもう立派な信仰者だと言えるでしょう。

    その肉体と重なっている幽体ですが、やはり重なっているだけに、互いに影響を与え合っているわけですね。

    私も体調が優れない時に、ご本部に霊的調査をお願いしたら、間気(肉体と幽体を接着している気)が不足していました。そこで、間気を増やす霊術をお願いしたら、翌日には、体調がすっかり回復しました。

    幽体だけでなく、肉体の健康管理も大事ですね。

    私も、契山館と出会う前は、幽体の健康を無視して、
    よく生きて来られたものだと思います。

    やはり、知らないということは、怖いものです
    怖いもの知らずとは、よく言ったものです。

    この際、一人でも多くの方に、幽体の健康の重要性に気づいて頂き、まずは基礎行から神伝の法を始めて頂きたいと思います。

    久し振りに、暑い暑い群馬へ、伺えそうです。
    その際は、お世話になりますが、よろしくお願い致します。

  4. ガンリキさん、ふーみんさん、なおいーさん、コメントを有難うございます< (_ _)>
    皆様のコメントの内容を加えて、ようやくタイトルの内容になりました。

    ガンリキさんからの間気のご経験談、アドバイス、なおいーさんの霊術のご経験談、誠に有難うございました。大変参考になります。

    本日呼吸法、幽育、鎮魂法初伝を行いました。
    お恥ずかしながら、繁盛期のため、呼吸法は修行前に一部だけ行い、ここのところしっかりと行っていなかったと反省しております。
    久しぶりに行ってみると、呼吸法の一息一息が、身体に染みわたる感じがします。
    この夏は暫く間気を意識しつつ、自分の肉体・幽体を調整して参ります。

    ふーみんさん、「幽体の悲劇」は、幽体の意識と肉体の意識とがどのように影響しあうのか、という、大変難しいテーマですが、
    それを私たちにも分かりやすいように、人の一生を通じて解説してあって、素晴らしい本ですよね。
    私も読み直しいたします。

    byゆず

  5. 大変申し訳ない言い方ですが、やはり神伝の法を長くやられてこられた方の言葉には迫力があります。
    神伝の法は本当にすごいです。
    しかし、なぜその迫力を今の今まで出すのをあえてやめておられたのでしょうか。
    私も同罪ですから言える立場ではありません。
    しかし、そもそもの霊力がけた違いのはず。
    多くの神伝の法はあなたに指導されたのです。
    なぜ肝心要のことを見抜かれなかったのですか。
    そうであれば、私のような下っ端がが今このようにでしゃばって、多くの人から憎まれる必要はなかったはずです。

  6. おはこさん、コメント&ご指摘をいただき、有難うございます。
    本当におっしゃる通りで、情けない私です。足りない自分に、反省、反省です。

    書かなければ、こんな風に皆様から言葉をかけていただくことも、色々考えることもないですし、有難い限りです。
    遅くはありましたが、私なりに色々諸問題を乗り越えてきて、ようやく霊的活動を行う自由が広がってきたように思います。
    今こそ!と思っております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
    by ゆず

  7. なおいーさん
    私も、次の群馬支部集会には参加いたします。
    当日、お会いするのを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

    byゆず

コメントを残す