生きるための最善策

群馬支部ブログが整いました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

大水害の被害の規模が段々と分かって、亡くなられた方の数が時間を追うごとに増えていきます。被害が出ている地域にお住まいの方々には、心よりのお見舞いを申し上げます。

私が住んでいる所でも、「今年は異常気象ね・・・」を毎年言い続けているような状態で、どういう天候が平常なのか、忘れてしまいそうな勢いです。
地球温暖化やら、色々理由があるようです。

霊的な見地から見ると、この世の状態は、更に大問題を抱えています。

物質的なこの世には、目には見えない幽的な気、幽気が重なっているのですが、その幽的な面は、物質的な環境問題をはるかに上回る勢いで、ただただ悪い方へと環境悪化が進んでいるそうです。

物質的な環境問題よりも理由はシンプルで、
人間が、高級な霊魂の存在を否定し、求めなくなってしまったからです。

昔であれば、雨が降らなければ、神に救いを求め、
嵐がくれば、水を止めてくれと祈り、
生きていることに感謝をささげ・・・・

自然の厳しさ、美しさに自らを超えた大いなる存在を感じ、そうして、高級霊魂方と自然と交流していました。

現代人から見れば、科学の法則を知らないから、
「神」という概念にすがっているように思えますが、
自然に神を求められる感性は、人間にとって最も大切な、霊的な気を吸収するために必要なものだったのです。

ところが、私たち現代人は、科学の知識を頭にいっぱい取り込んでしまったために、この世界の頂点に立つ生命体だと思いこみ、神を求めることを堕落と捉えるようになりました。
一番肝心な事に気付けなくなってしまった、霊的に見れば、この世で一番愚かな生き物なのだそうです。

今、世の中がはっきりと悪くなっている、どなたでもそうお感じになると思います。
気象は多いに荒れ、背筋が寒くなるような犯罪が起こり、ありとあらゆる正義、色々な価値観がぶつかりあい、「世も末」という言葉がこんなにも似合う世の中になってしまいました。

神や高級霊魂の存在を否定すれば、霊的な力を吸収するタイミングがありません。
自分では気づかぬ間に、邪霊に関与され、間違った方向へと人生を狂わされている人が、当たり前にいる世の中になってしまっています。

私たちが高級な霊魂方にとって霊的に価値ある存在に成長できれば、この世が、こんなにも荒ぶることは決してありません。

高級霊魂、神霊の存在を否定していては、世の中は、一つも良くなりません。
その間違いに気づくまで、私たちは雪だるま式に増え続ける苦しみに、もだえ続けなくてはなりません。

犯罪を起こさない対策も、防災対策も、世の中の平和を保つために大事なことですが、
一人でも多くの方が、まず、高級霊魂の存在に気づくこと。
そして、霊的トレーニングを行うこと。
それが私たちにとって、何よりも大切なこの世を生きる為の対策です。

byゆず

♪ 支部集会をご見学に来ませんか ♪

   ☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

生きるための最善策」への6件のフィードバック

  1. 被災された方々のお気持ちを考えると、心がとても痛みます。
    私も、契山館の一員として、できることから行動したいと思います。

  2. 被災地のニュースを見ました。
    「防災無線の避難指示が雨音で聞こえなかった」と聞いた時、
    「既読にならないライン」と聞いた時に胸が締め付けられました。
    神も仏もないと思わせる状況の中、私ごときがモノを申すのは不謹慎と思われるかもしれません。ですが、あえて言わせて頂きます。
    辛く、苦しいからこそ水波霊魂学を知って頂きたいです。

  3. こまさん、ガンリキさん、コメントを有難うございます。
    コマさんのコメントを拝見して、自分に何ができるのか、考えました。
    何を申し上げても空言のように思え、ご返信できませんでした。
    そんな私です。情けないです。

    ですが、震災でお苦しみの中にいる方にも、お仕事で時間がない方にも、
    主婦の方、お子様、また、私のような情けない者にも、
    水波霊魂学は、どんな方にも救いです。
    たどり着かれる方が、お一人でも多くいらっしゃいますように。
    byゆず

  4. ブログ開設おめでとうございます。

    地上の人々は科学万能に酔いしれてしまいました。
    科学が神を超えたと思った時にこそ、科学の無力さを知るのだと思います。

    科学が全く役に立たないことを思い知らされ、地上が完全に真っ暗になった時にツクヨミの光が地上を照らすのでしょう。
    科学の力で明るいうちは、絶対にツクヨミの光は見えません。

    ツクヨミの光は闇に垂らされる蜘蛛の糸です。

    神伝の法がある今の地上であれば、科学を知らない太古に戻れば、人々は目覚めます。

    謎に包まれたツクヨミが姿を現される時代が遂にやってきました。

    科学のない世界に、、、、、。

  5. 群馬支部のブログ開設、おめでとうございます。

    これからは、こちらにも、伺わせて頂きますので、よろしく、お願い致します。

  6. おはこさん、なおいーさん、コメントを有難うございます。こちらこそよろしくお願い申しあげます。
    科学を極めた末に、己を超えた大いなる力を感じる科学者の方もいらっしゃるそうですが、そんな感性の方は稀ですもんね。
    自分が真っ暗闇の中にいることを自覚して、光を求める修行者に、皆で変わっていかなくてはなりませんね!

    byゆず

コメントを残す