またまた身内の話です。

私には、会員ではない兄がいます。仕事の都合で群馬ではなく遠くに住んでおりますが、時々ラインで会話をします。

兄は、先祖供養などを気にする方なので、もともと信仰心はあると思います。ですが昔、密教系の僧侶に高額な加持祈祷代を支払ったものの、実感が持てなかったのか、多分それ以来宗教には近寄らなくなったと思います。

それでも霊的なことが気になると、私が信仰歴が長いのを知っているので、ラインで聞いてきたりします。

入会はあり得ないと思っているのですが、それでも兄弟なので「何かの時に」と思い、水波霊魂学の主張をそれとなく会話の中に挟むようにしております。

最近の会話なのですが、兄の方から「アヌンナキの人類創世記、エドガーケーシー、出口王仁三郎、竹内文書」などのキーワードが出てきたので、思い切って先生の著書の「神体」「龍」を薦めてみましたが、帰ってきた返答が、

「俺は宗教には興味はない!UMAやUFO、オカルト系、超能力や透明人間に興味があるんだ!」とのことでした。

私としては、個人的見解とは言え、「それらは水波霊魂学で大体が説明が付けられるし、組織でなくては大事な事は伝えられないからこそ団体が必要なんだ」と主張しましたが、返信が来なくなりました。

ここなんです!ここが「壁」なんです!何と言っても「宗教」のイメージの悪さ。確かに宗教と言えば「洗脳」「インチキ」「戦争」「お金を巻き上げられる」「人に嫌われる」と言うイメージが強すぎます。

それなのに既存の宗教には信仰心が無くても占い気分でおみくじなど引いて、身勝手な祈願で手を合わせることがある。

現代人はどうしてしまったのでしょう。

ちょっと勉強すれば分ることがいろいろあるのに、特に自分で確認してもいないのにイメージだけで決めつけられてしまいます。

所謂、新興宗教と言われるくくりになると、「宗教に走った!あいつは弱い人間だ!」と言われてしまうのです。

特にこの季節には、コンビニなどでも心霊現象関係の雑誌が普通におかれるのに、その現象の良し悪しを知ろうともしない。

遊園地の幽霊屋敷に行くような気分で心霊スポットへ行き、まるで恐怖を楽しんでいるかのようにも思えます。

その結果、見えない所で自身に何が起こっているのか知る由もなし。

世も末です。

目に見えないから「無い」のではないのです。目に見えなくても存在するものは沢山あるではないですか!?

科学で証明できないから「無い」のではないのです。科学者でも証明できない事がいろいろあるらしいです!

難しいことが分からなくても知ることが出来ます!

一度、「水波霊魂学」「神伝の法「契山館」を検索してみてください。

byガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

」への8件のフィードバック

  1. 本当にみんな、オカルトとか心霊スポットとか怖い話は大好きですよね。なのに、その実態や現実を教えてくれる宗教には関わりたくない…
    既に形骸化した物や、色々事件を起こしてきた団体達の悪印象が強過ぎるのでしょう。良い事は目立たないが、悪い事は非常によく目立つ…
    本当に大事な事に出会う前に、詐欺などに騙されてしまうので以後関わりを持とうと思わなくなってしまう…。今は騙すところが多過ぎますよね…

  2. うーむ、取っ掛かりはありそうなのに
    見事に外した所を求めておられるのが、むず痒いですね…
    私の親や弟も私が入会して、支部集会に行っている事は、伝えているのですが
    洗脳されるんちゃうんか、と言う次第です^^;

  3. お兄様の趣味からすると、「神体」なんてピッタリだと思うんですけど。6000年前に沈んだムーや、その時代にテレビのようなものがあったこと、アトランティスの超能力戦争のことなど・・。宗教に興味がなくても、読み物として、とても面白いんですけど。やっぱり、洗脳とかって考えちゃうんですかねぇ・・。契山館には教義もないし、既存の宗教とは、まったく違うんですけどね。一般の方に、霊魂学を伝えるのは難しいけれど、自分の家族に伝えるのは、また違った難しさがありますね。私も、悩んでいる所です。

  4. 本当に宗教のイメージが悪過ぎますよね(ノTДT)ノ
    神を信じている仲間の集まりですよ?
    これに何の悪いイメージがあるのか(ノTДT)ノ
    宗教っていうだけで毛嫌いせずに、
    せめて霊的な知識くらいは身に付けて頂きたいです(´・人・`)

  5. 宗教についての嫌がりはやはり、人々のおもむく死後の世界の神々しさをひどく落とし込んでいるのではと、最近思うようになりました。

    他の人に天国や極楽について聞くと
    物質世界の安楽さの強調を多く見るような気がします。

    痛くない、苦しくない、病気がない
    暑くない、寒くない、
    食べ物が美味しい、
    空を飛べる、
    会いたい人に会える、ペットに会える。
    自分のしたいことをして褒められる
    友達がたくさん増える。

    ある種、この世の延長ですよね。

    しかし、本来、天国や極楽とは
    この御使や菩薩など神々しい方々の世界で霊的な歓びに満たされるという説明になるのですが、
    人々の天国や極楽が物質的になってしまっており、
    もしや、天国や極楽は本当になくなってしまったのかもしれない、と思った次第です。

    古い宗教絵画が霊的な世界の表現そのものだとはいいませんが。

  6. お兄さま同様、わたしもオカルトかなり好きです。
    Xファイルとか、すごい見ていました。

    でも、霊的な事実はオカルトなんかよりずっと衝撃的で、あまりにもびっくりすることばかりでした。
    超能力も怪奇現象も、納得できる原理を水波霊魂学では学べます!

  7. 皆さんコメント有難うございます。
    日々の生活の方が大事だから、目に見えない霊的なことは二の次三の次。
    少しでも気になるのなら、まず調べてほしいです。

  8. 最近、強く感じる想いがあります。
    邪霊軍団と神霊と共にあらんとする高貴な霊魂方の激しい戦いはどこか遠くの海の向こうの世界で繰り広げられているのではなく我々、契山館の会員の日常生活を最前線に繰り広げられているのではないかと。
    ある人は家庭であったり、ある人は職場であったり。
    最前線である以上、お互いに最新の武器や戦術、戦略を駆使するでしょう。
    何が言いたいかと言うと本来は我々が守りたい肉親だったり友人だったり大切な誰かを邪霊が操って我々の意思と信仰心を挫く為の先兵にされるかもしれないということです。今の地上の霊的環境を加味すれば私はあり得ると考えています。戦いはいつも最悪な状況を想定して作戦を立てて行動しないと取り返しのつかないことになりかねません。神霊が邪霊に負けることは絶対にありえませんが、大切な人が犠牲になってしまうことはあるかもしれません。私はそれが心配です。

コメントを残す