「瞑想の霊的危険」を拝読して

本書を読むと、なぜ、安易に《瞑想》を行うと危険なのかが、よく分かります。

瞑想の実習者の方、また、これから瞑想を始めようと
しておられる方にとって、一度は目を通すべき必読書であると言えましょう。

《瞑想》について書かれた書籍は多く、それらの中には、《瞑想の危険性》についての記述があるものが少なくありません。

しかし、《霊的な視点》からみた《瞑想の危険性》を、これほど具体的に説明したものは、本書の他にはないでしょう。

瞑想中、人間が霊的にどういう状況に置かれ、どんな影響を受け、どうなる危険性があるのかについて、様々な角度から語り尽くされています。

強調されていることは、《瞑想》を独習して行うことの危険性です。

私たちが霊的に成長していくためには、《瞑想》が必要不可欠なのかもしれません。

しかし、《瞑想》を行うには、しっかりとした指導者の指導を受け、整った霊的環境において行う必要があるのです。

現代の悪化している霊的環境下において、《瞑想》を独習したり、霊的環境が整っていない空間で《瞑想》を行うようなことは、一歩踏み外せば、千尋の谷へ、まっ逆さまの危険な尾根道へ、何の知識も装備も経験もなしに、安易に足を踏み入れるようなものです。

そのように無謀なことを行えば、いくつ命があっても足りません。

従って、私たちが《瞑想》を行うためには、まず、信頼できる指導者や、霊的に整った環境を探す必要があるのです。

しかし、困ったことに、現代では、信頼出来る指導者を見つけることも、整った霊的環境を見つけることも、困難なのが現実です。

たとえば、指導者を選ぶにしても、述べられていることが十人十色で異なることが多く、いったいどの指導者を信頼すればよいのかと、途方に暮れてしまいます。

結局のところ、自分自身の直感、理性、感性を総動員して、選択するしかないのかもしれませんが、自由意思に基づく選択には、重い責任が伴うものです。

私の知る限り、現代において、危険性のない《瞑想》を指導出来る方は、《契山館》を主宰される《水波一郎先生》のみです。

《水波霊魂学》を学び、《神伝の法》を実習する、《霊魂学と霊的トレーニングの会》・《契山館》の《支部集会》、その霊的環境の整った空間でのみ、真に安全で、霊的成長に繋がる《瞑想》を行うことが出来ます。

どうぞ、真の《瞑想》についてお知りになりたい方、真の《瞑想》を体験されたい方は、本書《瞑想の霊的危険》をお読みの上、《契山館》各支部、分会、または、《契山館広報部》HPまでお問い合わせ頂き、集会の見学をお申し込み下さい。

水波一郎先生著「瞑想の霊的危険」は、
紙の書籍のペーパーバック版が、
アマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、
このページ下部のリンク先から、
契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「瞑想の霊的危険」を拝読して」への4件のフィードバック

  1. 瞑想は元々霊的な修行法です。信仰と切り離して行うとどのような危険があるのか、これを読めば分ると思います。

  2. 以前、朝の情報番組で、何の注意事項もなく、瞑想の効果ばかりを特集していたのを見た事がありますが、危険性を知っていれば知っている程、ゾッとしてしまいます。
    注意点について何も指示されないようなレクチャーは、ダメ絶対!です。

  3. 最近、テレビで瞑想の特集をよく見かけますよね。
    研修に導入した企業の特集で見た、会議室で社員の方々が瞑想している光景にはびっくりしました。

    本物の瞑想を知るために、支部集会に見学に来て頂きたいです。
    瞑想は物理的な効果だけ得ようとすると、霊的な邪霊の罠が待っているという現実を知って頂きたい。

  4. 邪霊が瞑想を気軽にやるように仕向けているのかも知れないですね~(´・ω・`)
    とても危険なので、やめて下さい(´・人・`)
    本当の瞑想がしたければぜひ契山館に!
    せめて、この本を読んで、危険性を知って頂きたいです。

コメントを残す