ネクタリンの木の上で。

私が住む長野北信地方は果物栽培が大変盛んで、桃、プルーン、ブドウ、栗、リンゴと様々な種類が作られています。私の家でも果物栽培をしております。

今時期は、桃とネクタリンの出荷が最盛期を迎えています。
私は、このネクタリンが大好きで、収穫を毎年とても楽しみにしているのですが、首都圏の方にはあまりなじみがない果物かもしれません。

杏とモモの掛け合わせで、甘酸っぱくて固めの歯ごたえ。木の上でしっかり熟れて、少し柔らかくなってきたようなものは、マンゴーのような濃い鮮やかな味わいで、暑い季節にとても似合います。瑞々しい桃も大変美味しいものですが、味のはっきりしたネクタリンの方が好きだという方もよくいらっしゃいます。

朝一番のセリに間に合わせたいので、日の出とともに収穫を始めます。
夜露でぬれた梯子に足が滑って、ヒヤリとした事は何度となくありますが、この辺りはお年寄りが多く作業されているので、梯子から滑り落ちて骨折、そのまま寝たきりになった、なんて方の話も聞きます。(明日は我が身! 😥 )

農作業での危険は、骨折、寝たきり、農耕機に挟まれて死亡・・・と、色々ありますし、歳をとっても美味しい野菜や果物を作るために、安心・安全作業は何より優先して気をつけなければ、と思っております。

 

さて、霊的な修行の世界にも、自分の身の安全を守るために、知っておくべき危険というものがあり、
一般の方にも是非知っておいていただきたいことの一つとして、霊的修行法の独習の危険性があります。

 

瞑想などの霊的修行を、指導者無しに、書籍などに掲載された内容だけを参考に独習するのは、とても危険なので行わないでください。

スピリチュアルに関する書籍やHPの中には、瞑想などの方法について書かれているものがあるようです。
瞑想を行ってみたいけれど、運悪くアヤシイ団体にお金を巻き上げられたり、脱会したくてもできない・・・なんて事態になっては大変です。
警戒して、そういった書籍のみを参考にしたい方のお気持ちはよく分かります。

 

しかし、霊的な観点から見ますと、独習には大変なリスクがあります。

例えば瞑想です。

数年前、精神安定など健康効果が話題になったことがありましたが、瞑想の本来の目的は、霊的な身体の状態を整えることで、より高級な存在に繋がることにあります。

人には肉体とともに幽体という霊的身体が重なっており、この幽体からは幽体オーラが発せられているのですが、瞑想状態になりますと、このオーラの振動が収まってくるために、守護、指導霊といった高級霊魂から、そこに人間がいることが確認しやすくなります。

幽体の存在である霊魂からは、肉体は見えず、幽体しか見えません。
そして、自分の質と同じような相手の幽体しか、確認できません。
ですからご自分の幽体の質を高めれば、高い霊魂と繋がる可能性が上がりますし、低めれば、邪霊と繋がりかねません。
日頃の行いの良さが、良い守護霊を呼び寄せる訳ではありません。

普段の生活では呼吸とともにオーラは揺れており、確認することが難しい状態であったとしても、その者が高級な存在と繋がりたい、との目的から瞑想状態に入り、オーラを整えますと、うまくいけば、高級な霊魂と交流することが可能になります。
それが本来の瞑想の目的です。

 

詳しくは以下の契山館HPのご解説をご参照ください。

〇霊 的 な 瞑 想

http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/training6.htm

〇霊魂学の主張 オーラ編

http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/sagurutameni/01_04/01_04.htm

 

 

宗教が嫌われておらず、皆が自然と神仏に頭を下げるような時代では、瞑想を独習しても特に問題は無かったのだろうと思います。

ところが、残念ながら現代はあまりに宗教が嫌われ過ぎてしまいました。
神仏、高級霊魂の存在を否定する方が常識的なふるまいと捉えられています。

そういった人間の自由意思を高級な霊魂ほど大事にされますから、求められていないということで、この世に近寄ることが難しくなります。

地上の空気には、幽気という気が重なって存在していますが、高級霊魂がもたらしてくださった高級な幽気も同時になくなってしまいます。

 

そして、自由意思など無視する、霊的に質の低い霊魂、邪霊が集まってしまい、幽気も低い状態へとすこぶる環境悪化し、それを現代の私たちは受動的に吸いこんでしまっている状態です。

低い幽気を吸い込むので、幽体の質が下がってしまい、死後、上の世界へ入ることが難しくなります。
何も犯罪を起こしたわけでもない、ただ普通に生きて亡くなった方が、昔では考えられないような低い質の世界へ自然と吸い込まれてしまう、という恐ろしい事態になっています。

 

さて、そんな大変低い幽気の環境の中、指導者もなく、高級な存在を思うことなく瞑想したらどうなるか・・・・。結果はなんとなく想像できるのではないでしょうか。

低い幽気を腹の底から思う存分吸い込み、その隣には邪霊が・・・。
あまり脅かしてしまうのは心苦しいのですが、実際に起こりうる危険です。

つまり修行は、最初の段階が大切で、行を習う際には、危険性をよく理解している指導員の立ち合いの元で、安心安全に、注意事項をよく守って行うことが大切です。

 

私共の会、契山館では既に高級霊魂と接点のある修行者が集まります。
指導員から行を習えば、確実に高級霊魂と繋がることができ、ご自宅でも安心して行を続けることができます。
注意事項と指示さえお守りいただければ、昔、修行者が山に入り何十年と修行しても到達できなかった状態以上に、どんな方でも幽体を確実に鍛えることが可能です。

私たち会員はその幸せを存分に吸収して参りました。そして、その道をはずれると危険があることもよく存じております。

素晴らしさと恐ろしさの両方が混在する世界を安心安全に進み、人間にとっての最高の果実たる霊的な成長を、全国の皆様とともにつかんでいきたいと心から願っております。

どうぞ皆様、水波霊魂学を知ってください。

〇水波一郎 著:「瞑想の霊的危険」

木の上でネクタリンを収穫しながら、滑りそうになって思った、ある日の朝でした。

(^^♪もしネクタリンなど果物にご興味が湧かれた方は、是非信州の産直売り場へどうぞ。ネクタリンは、熟れて真っ赤になっているものがお勧めです。
(固くて酸っぱいだけの物は、数日置けば熟してくる可能性があります。)

byゆず

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

ネクタリンの木の上で。」への5件のフィードバック

  1. ネクタリンってスゴイ名前ですよね。
    語源はおそらくネクタル(ギリシャ語で「死に打ち勝つ」転じて生命の酒・神々の酒)ですよね。
    名前がまるで神伝の法や霊的儀式の雰囲気にあうようで、驚きました。

  2. 独習は危険ですよね~(´・ω・`)
    しっかりと高級な存在と繋がった上でやらないと、意味が無いどころか邪霊に操られてしまいます(´・ω・`)
    直ぐには操られなくても、近寄って来て、何とか操らないかと試行錯誤を繰り返すようです。
    近寄るだけで、邪霊の低い幽気を吸収するんですよ?
    絶対に独習は危険です(`・ω・´)

  3. 不二家のピーチネクターが大好きなのですが、ネクタリンから名付けられているのか?と思ったら、ネクタリンそのものがどうやら「桃」の一種のようですね。ピーチネクターはネクタリンが原料なのでしょうか。

  4. 石枩子さん、素敵なご解説を有難うございました。ネクタリンにそのような語源があったとは・・・尚更好きな果物になりました。
    木の上で完全に熟しきったネクタリンは、柔らかくなり過ぎて出荷できないのですが、太陽の恵みいっぱいの滋養ある味がします。語源も分かるような気がいたします。

    匿名さん、ピーチネクターの原材料は分からないのですが、ネクタリンは加工には不向きなので(加熱してもモモと違って、トロッと柔らかくなりにくい)多分桃だけだと思います。加工業者の方が各桃農家を回っていますが、ネクタリンは回収されません。

    ふーみんさん、邪霊も大変努力しているのが恐ろしいところですね(;´・ω・)

    契山館の各書籍には、この独習の危険性を避けるために、具体的な修行方法を記載することはまずありません。(ヒント位の内容はありますが。)
    せっかく書籍を買ったのに、方法が載っていない!との意見も聞かれますが、読者に何か危険な目に遭わせるわけにはいかないとの、会のご配慮によるものです。
    霊的トレーニングは本物です。直接指導員から学んでこそ価値を発揮します。

  5. 人間は、何処まで行っても自分の物差しでしか物事を判断できません。独学で間違った解釈をしていても、気付かないまま取り返しのつかない事にならないためには、指導体系がちゃんとしたところで指導を受けなければいけません。契山館へ問い合わせください。

コメントを残す