「霊的技術」を拝読して

本書は、霊的世界に生きる《霊魂》の方々の言葉を伝える霊媒である《水波一郎先生》による、《霊的技術(霊術)》の解説書です。

本書を読めば、《霊的技術(霊術)》とは何かが、よく分かります。

たとえば、お祓いや除霊などの《霊術》が行われ時、実際に何が起きているのか、霊的な視点で丁寧に説明されています。

この物質界で生きる人間は、肉体の他に《幽体》という非物質の霊的な身体を持っていて、肉体の死後は、その《幽体》で、《幽質界》という霊的世界で生活することになります。

問題は、その《幽質界》には様々な世界があり、まるで天国のような素晴らしい世界もあれば、まるで地獄のような恐ろしくて、苦痛に満ちた世界もあることです。

そして、その死後に赴く世界を決めるのが、《幽体》の健康の度合いなのだそうです。

また、《幽体》の健康度は、死後の《幽質界》での行先を決めるだけではなく、この物質界を生きている間の人生の幸不幸にも、大きく影響を与えるらしいのです。

なぜならば、《幽体》の健康状態が悪いと、邪霊という、悪霊の類の影響を受けやすくなるらしいからです。

現代は、私達を取り巻く霊的な環境が悪化しているので、放っておくと私達の《幽体》は、活力を失ったり傷ついたりして、健康状態が悪化してしまうのです。

それでは、私達は、どのようにして《幽体》の健康状態を改善すればよいのでしょうか?

そのための決定的な方法として、《契山館》には《神伝の法》という霊的トレーニング法があります。

《神伝の法》を毎日行えば、私達の《幽体》の健康状態は、確実に良好となります。

しかし、《神伝の法》の霊的トレーニングが、何らかの事情で行えない時、たとえば、まだ本格的な《神伝の法》を習得する前であったり、入院中の時などに受けることが出来るのが、この《霊的技術(霊術)》なのです。

簡単に言えば、お祓いや除霊等により、他者の《幽体》の穢れや邪霊などを祓う等のことを言います。

ただ、この《霊的技術(霊術)》は、人間の肉体の能力で行使出来るわけではありません。《霊的存在(霊魂)》の関与なしには成立しないのです。

そこで問題になるのは、どのような《霊魂》が関与するのかということです。

私達が求める《霊的技術》は、専門の《指導霊》の関与によるものですが、中には悪戯目的の、不道徳な霊魂や邪霊が関与してしまうこともあるそうなのです。

そのような不道徳な霊魂や邪霊が関与している場合でも、一時的には《霊術》の効果が出たように思えることがありますが、それでは、後で、どんなしっぺ返しが待ち構えているか、分かったものではありません。

何せ、人間を困らせたり、不幸にするのが目的の霊魂が関与するのですから。

従って、私達が《霊術》を行う際には、いわゆる高貴な《霊魂》の方々に、《指導霊》として関与して頂く必要があるのです。

しかし、肉体を持った人間と、高級な《指導霊》との間には、次元の壁のようなものがあって、そう簡単に、その指導を受けることは出来ないのです。

そこで必要になるのが、指導霊との契約です。

その契約をするためには、一定の資格が必要ですが、契約が出来れば、いわゆる霊能力がなくても、霊術が行えるようになるそうです。

逆に、霊能者と呼ばれる方が行う霊術には、不道徳な霊魂が関与していることが多いとのことで、注意が必要だと言えます。

本ブログをお読みの方の中に、お祓い除霊等の《霊術》を受けたいとか、《霊術》を身に付けたいと言う方がおられましたら、安易に霊能者を訪ねたり、霊能力開発等を始めることなく、本書をお読みの上、お近くの《契山館》の支部、または分会にご相談下さい。

水波一郎先生著《霊的技術》は、
紙の書籍のペーパーバック版が、
アマゾンで、販売されています。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

秋の夜長のおススメ映画

『残穢(ざんえ)  ー  住んではいけない部屋  ー』

2016年1月30日  公開     107分

監督       中村 義洋

出演者   竹内 結子  橋本 愛  他

原作       小野 不由美  「残穢」(新潮社刊)

 

最近観た面白かった映画をご紹介致します。とにかく予備知識も先入観もなく観てください。私のネタバレしない程度の感想としては穢れ(けがれ)って音読みで(エ)と読むんだと霊魂学を学ぶものがこの映画を観ると免許の更新の時に見せられるストーリー仕立ての教材映画みたいだなと、この映画中に水波霊魂学の修行者が居たらみんな助かったのにでした。

これじゃなんのこっちゃ分からない!という方の為にもう少しだけ

これはサスペンスホラーです。穢れの連鎖とその堆積、そして幽体を鍛えていない人間からドンドン不幸になっていきその人間も死後、穢れの一部として取り込まれていく

こんな感じでしょうか。

私もホラー映画は好きで良く観ますがこの映画ほど霊魂学的に解説がしやすい映画は初めてです。じわじわと迫って来る怖さなので後ろから「わ!!」っとされるホラーではありませんのからそう言うのが苦手だと言う方も大丈夫です。

原作小説もありますのでそちらの方がいいという方は読んでみてください。私も映画が凄く面白かったので機会があれば読んでみたいです。

私は有料ネット配信で見つけて観ましたがDVDのレンタルもあります。秋の夜長に読書や映画鑑賞を是非この機会に。

もうご覧になられたとか小説も読まれたとかという方いらしたら感想をお聞かせ下さい。またジャンルにこだわらず面白い映画等ありましたら是非ご推薦願います。私、趣味嗜好が偏っている人間ですので似通ったものしか観ません。なので大変助かります。よろしくお願いします。

by  ゆたんぽ

 

 

霊魂について意識調査 アンケート結果第2弾発表!

契山館広報部で募集していました、

「霊魂につての意識調査」オンラインアンケート第二弾

の集計結果が公開されました!

仔龍のオッシー君が可愛らしく紹介してくれます!

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

見て欲しい! 大胡電車庫

大胡電車庫
大胡駅のすぐとなり、大胡電車庫があります。
ここの車庫には、珍しい電車も止まっています。

写真を撮ろうとしたら、ちょうど職員の方が歩いて来ました。

「写真撮っても良いですか?」と尋ねたら、「いいよ!、中も見学できるよ」と、
思いがけない言葉が返って来ました。

実は、この人、知る人ぞ知る元運転士の織田さんでした。

上電のイベントが行われるのは知っていましたが、突然の見学を歓迎してくれるとは。
車庫看板
群馬では、安中市松井田に「碓氷峠鉄道文化むら」があります。
広い敷地に、機関車からディーゼル車、たくさんの電車を見ることが出来ます。

解説をしてくれる織田さんに、「碓氷峠の鉄道文化むら」の話をしたら、全く乗って来ませんでした。

きっと織田さんは、ライバル視もあるかも知れませんが、ここは全く違うと言いたかったのでしょう。

「碓氷峠鉄道文化むら」は、いわば博物館で、ここ大胡電車庫は実際に稼働している電車庫なのです。

職員の方々の息吹を感じる現場そのものなのです。

昭和3年に建てられた車庫は、登録文化財の指定「トラス構造」の木造建築です。
電車庫内

まず、ポイント(線路の分岐器)の切り替えをさせてくれます(最初の画像で、線路と線路の間にあるパラボラアンテナのような形の物)
ゴットンという感じで、思っていたより重くなかったです。

運転席
運転席に乗せてもらいました。

今から連結しま~す。ウソです!

作業室
昔は、モーターが貴重だったそうです。
この部屋では、一つのモーターからベルトをつなぎ、複数の機械を動かすことが出来る仕組みになっています。
軌道自転車
軌道自転車。
工具を載せて現場に向ったそうです。

桐谷健太さんやAKBの方、○○さんや○○さんも乗ったそうです。
イクラマンは最近、芸能人にうとくなり、後の方はチンプンカンプンでした。
マスコンタブレット閉塞機
鉄道マンだけに、実践と知識が伴い、質問にも丁寧に答えてくれました。
ここが博物館との大きな違いです。

説明は、20~30分くらい。
その後は壊したり、盗んだりしなければ、写真撮り放題、自由に見学して良いとのことでした。

どうしても、見られていると落ち着かないものです。

その辺を考えてくれているのだなと感じ、この電車庫に多くの方が訪れ、マナー良く見学してもらいたいと思います。

見学料は170円です。

織田さんいわく、たくさんの人に見てもらいたいし、何度でも来てもらいたいとのことでした。

13:00~15:00までの間の30分程度。(作業等都合によりご案内できない場合もあります)

事前に予約をした方が確実です。
デハ104
デハ101
なんと、一往復10万円で車両貸切も出来るそうです。

殿様気分でお一人で。(さみしそう)
ワイワイ友達や親戚、はたまたサークル仲間や同僚と。

お弁当を食べたり、ビールなどの持込みも良いそうです。

素敵な思い出なること間違いなし。
デキ3021
帰り際、お礼のあいさつをしたら、職員の方々みんなで「ありがとうございました」と言われ、
気持ち良く電車庫を後にしました。
電車庫切符
上毛電気鉄道サイト
http://www.jomorailway.com/index.html

byイクラマン

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

霊的世界とコンピューター(仮説)

【相似】そうじ

形や性質が互いによく似ていること。

異種の生物の器官で発生的には異なるが、機能が同じであるために形態が似ている現象。

【親和性】しんわせい

物事を組み合わせたときの相性のよさ。結びつきやすい性質。

ある物質が他の物質と容易に結合する性質や傾向。

 

私は学生の時、情報処理技術を学びました。今でも十分、厨二病をこじらせた大人になったという自覚はありますが当時は更に酷かったなと、思い出しても恥ずかしくて顔から火が出ます。何故、コンピューターを勉強しようと思ったのかというと「世界征服」の為でした。そう言うとかなり痛いガキのようですが、当時はいたって真剣に考えていました。その根幹には「コンピューターを制する者は世界を制する」という思想を持っていたからです。結果的に今現在、世界を統べる独裁者がいないところを見るとその野望は叶わなかったことがわかります。

だだコンピューターやインターネット、AI(人工知能)、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)など予想も想像も遥かに凌ぐ勢いで進化した今現在の世界を見れば着眼点と先見の明があったことだけはたいしたものだと自画自賛しています。ただコンピューターの世界は持って生まれた能力と資質がほぼ100%だと気付いて直ぐに諦め、コンピューター業界とは別の道に進みました。ただその程度の私でもコンピューターの原理は理解していますので話をさせてください。出来るだけ分かりやすく説明しますのでしばしお付き合いください。

コンピューターを一言で表すと仕事のスピードがめちゃくちゃ速いアホです。物凄く単純なことをしているのに恐ろしく仕事が早いので凄く賢いように見えているのです。コンピューターの仕事はすべて2進法で行います。

(すいません実は2進法の説明を解説したのですがあまりに長く本筋から離れてしまったので諦めます。2進法でなければコンピューターは動かないとだけ覚えおいてください。)

2進法を機械(コンピューター)に扱わせるにはスイッチが必要です。電球が消えいる状態を「0」点いている状態を「1」とすれば2進法になります。このスイッチの役割を担うのが半導体です。これは電圧を一定以上、上げると電気が流れ、下げると電気を通さなくなります。シリコンなどが一般的な材料になります。この導体(電気を通す)と不導体(電気を通さない)の2つの性質を持つ物質何かに似ているとは思いませんか?

そう『間気』です。

物質である肉体とあの世で使う幽体を密着させている糊の役割を担っていると言われる。半物質、半幽質の性質を持つもの(物質?)です。

神界、霊界、幽界、物質界と新しい世界が創られるたびに似たような働きをするモノがそれぞれの世界にあっても何ら不思議ではないと思います。人間は脳も筋肉も内臓も全てホルモンと微弱電流で制御されています。そう言う意味ではコンピューターも電気スイッチのオンオフ切り替えを最小単位としてそれをドンドン小型化、集積化、高速化することで進化発展してきました。

つまり霊魂(と言っても電気が必要かは分かりませんが電気の操作には長けているとおもいます)、肉体、コンピューターには電気と言う共通点があります。それならば電気と密接な関係がある磁力も何かしらの影響力があると私は考えています。

これは単なる想像に過ぎませんがコンピューターが創る世界は案外、人間の世界よりも霊的に近いのかもしれません。電気で創られた仮想の世界の下に人間の世界が広がる。それが正しいのか間違っているのか進歩なのか退歩なのか私には分かりません。ただ私は肉体の使用期限が来るまで『神伝の法』を続けるのみです。

 

byゆたんぽ