「霊魂はいるとおもいますか?」を拝読して

《霊魂》が存在するのか否か?

それは間違いなく人類にとっての最重要なテーマであり、私達が真摯に向き合うべきテーマであると言えましょう。

《霊魂》が存在するということは、私達も肉体の死後は《霊魂》になるということであり、それは《死後の世界》が存在することをも意味するからです。

しかし、《霊魂》は存在するとも、存在しないとも証明出来ないのが現実です。

ですから、本書のタイトル通り、《霊魂》は居ると思うか、思わないかなのでしょう。

《霊魂》が居ると信じるか、居ないと信じるかという、正に信仰の世界なのかもしれません。

もちろん、居ると思うのも居ないと思うのも、個人の自由です。
けれども、どちらでもよいと、気軽に言えるような問題ではないはずです。

なぜならば、《霊魂》が居て、死後の世界が存在すると思うのか、思わないのかによって、この世での生き方が大きく変わったり、人生の幸不幸にも影響するかもしれないからです。

私達がこの世での人生を終えた後、《霊魂》として《死後の世界》で生き続け、しかも、その世界には天国のような素晴らしい世界も、地獄のような苦しみの世界もあったとしたら?

そして、その行き先が、この世での生前の生き方によって決まるとしたら?

正に、《霊魂》が存在するのかどうかは、人間にとっての最重要な問題なのでした。

とは言っても、《霊魂》が、通常、目には見えない存在である以上、なかなか存在すると確信が持てるものではありません。

しかし、繰り返しになりますが、《霊魂》が存在しないと証明されたことは、1度もありません。
存在しないと証明されていない以上、存在するかもしれないのです。

何しろ、《死後の世界》がないと思っていて、実はあったという時には、大変な事態になりかねないのです。

そうであるならば、この機会に、もし、《霊魂》が存在し、《死後の世界》があったら、という仮定のもとに、人間という存在や、人生について考察してみるべきなのではないでしょうか?

本書は、そのための、きっかけとして、最善の一冊であると言えましょう。

《契山館》には《水波霊魂学》という、《霊魂》や《死後の世界》についての学門体系があります。

また、《神伝の法》という霊的トレーニング法があります。

私達は《水波霊魂学》を学び、《神伝の法》を行うことによって、この世においても、《死後の世界》でも幸福に生きることが出来るようになります。

どうか、本書《霊魂はいるとおもいますか?》をお読み頂き、《死後まで続く幸福への道》へとお入り下さい。

水波一郎先生著《霊魂はいるとおもいますか?》は、
紙の書籍のペーパーバック版が、
アマゾンで、販売されています。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「霊魂はいるとおもいますか?」を拝読して」への7件のフィードバック

  1. 霊魂は気になるけど活字は苦手と言う方!この本はそんなに分厚かありません!ちょっと我慢して読めば「なるほど!」って思うはずです。

  2. 霊魂を今の科学で証明する事は不可能です。
    今の最新科学をネットで調べてもらえば分かると思います。
    科学では分からない事があまりにも多過ぎます。
    科学で証明される日を待っている間に死ぬと思います。
    死んでからでは遅過ぎます。
    今のうちに、死後の事を真剣に考えて頂きたいです。

  3. 久しぶりに、チラチラと読み返してみました。
    面白かったです。

    私が子供の頃も、学校でコックリさんが流行っていました。
    最近のアニメでも、コックリさんやってましたね。

    コックリさんは、やめたほうがいいですよ〜。

    霊魂は、居るのか、居ないのか?
    興味のある方は、ぜひ、読んでみてください。(^ ^)

  4. 私も、久々に手に取って読み返してみました。

    コックリさんや、霊感の強い人など、目を引く話題がたくさんありますよね。
    こんな真面目に霊魂を教えてくれる本が、学校の図書館に置いてあったら良かったのに!

    >本書は、そのための、きっかけとして、最善の一冊であると言えましょう。
    本当、誰かにプレゼントしたくなりました!

  5. 死後の世界、臨死体験、幽霊、金縛り、こっくりさん、など、
    世の中でよく言われているような霊的な事柄は、本当にあるのか、ないのか。

    霊魂肯定派の方は「なんとしても認めさせねば!」、
    霊魂否定派の方は「なんとしても否定せねば!」と、
    お互いに息巻くところがありますが、この書籍にはそんな押しつけがましさがなく、冷静な視点で語られていて、どなたにも大変読みやすい書籍だと思います。

  6. コックリさん昔、小学校で はやりました。
    その時に、この本を読んでいれば、なんで、ダメなのか、がよくわかったかもですが。
    コックリさんの後、とりつかれたみたいな,噂も、同時によく耳にしました。自分は大丈夫。ではなく、
    霊魂はどこにでもいて、悪い人間、いい人間、が居るように、
    悪い霊魂(不道徳な霊魂)、いい霊魂(高級霊魂)、が、いることを知ることも大事です。
    霊魂と聞くと、ホラーを思い浮かべますが、怖い本ではないので、ぜひ読んでみてほしいです。
    怖い本の方が、いいという方にも、ぜひ読んで欲しいです。

  7. 《霊魂》が存在すると思うのも、存在しないと思うのも、その方の自由なのでしょう。

    そして、《霊魂》が存在してもしなくても、どちらでも良いような問題なら、あるいは、霊魂は存在しないと証明されているのなら、私達が《霊魂》は存在すると主張する必要はないと言えるでしょう。

    でも、《霊魂》と《死後の世界》の存在を確信し、その《死後の世界》で幸不幸が、今の生き方で決まると知った人間として、現状をただ黙って見ていることは出来ません。

    《死後まで続く幸福への道》へ入るには、《神伝の法》で《幽体》を鍛えるしかないのでした。

コメントを残す