霊山

群馬県は山が多いです。日本は何処もそうなのかもしれませんが、ちょっとした山でも大抵信仰の痕跡が残っております。

詳しいことは分かりませんが、山の麓には神社や寺があり、頂上には奥ノ院と言われる建物があったりします。

霊山がその機能を果たしていた時代には、神々からのアンテナとして山に降りる高級な幽気が(更に高貴な気もありますが)麓の神社や寺に流れてゆき、庶民はそこで幽体の栄養となる幽気を得ることが出来たようです。

 

信仰心の無い現代では、悲しいですがそうではなくなっているようです。

群馬県に榛名山と言う山があります。いくつかの山が集合しているのですが、その中に榛名富士と言う富士山の形に似た小さい山があります。

伝説によりますと、富士山にあこがれた榛名天狗がいたようで、一晩のうちに富士山を超える山を作ると宣言したらしいのですが、未完成のまま夜が明けてしまい、その為、形は富士山に似ているのですが、高さが届かない山になったと言うことのようです。

一晩で山を造るなんて物理的にはあり得ない話ですが、個人的には富士山にあこがれていた天狗がいたという所が気になります。(天狗は幽界に実在するらしい)

話が逸れましたが、この榛名富士の頂上にはその昔、間口4尺、奥行き5尺の木棚に自然石のご神体があったと言われていますが、昭和33年にロープウェイが開設されたときには、その残骸すら見当たらなかったとのことです。

個人的見解ですが、そのご神体をアンテナとして高級な幽気が降りていたのだと思います。

ここからは私の勝手な妄想ですが、ロープウェイが開設されれば、信仰に関係ない人達が大勢登ってくるので、聖地が聖地でなくなることを懸念した先覚者が、ご神体をどこかに隠してしまったのではないかと思います。

昔はどの霊山も、今で言う本当の意味での「パワースポット」だったのだと思います。

ですが、現代では信仰心の無いの人が増えたせいで、そのパワーが降りてくる山、それを受け取る神社、仏閣もないに等しいとのことです。

それどころか、普通に至る所に汚れた幽気がが蔓延していて、まるで排気ガスを吸っているかのようにその汚れた幽気を自然に吸っているそうです。

その結果、幽気を栄養としている幽体は不調になり、肉体にも悪影響が出ているようです。最近、活力が足りないような気がしませんか?

当然、死後は幽体の不調に見合った辛い辛い世界に吸い込まれてしまうようです。生前悪いことをした覚えのない人でも、法則なので善悪は関係ないとのことです。

 

では、現代どこに高級な幽気が降りるパワースポットがあるのでしょうか?

それこそが契山館の支部集会です。ここにかつての高級な幽気が降りているのです。

パワースポットのパワーの意味を知っておりますか?

何となく不思議な「力」ではないのです。聞き馴染みがないかもしれませんが、人間の幽体に必要不可欠な栄養、「幽気」の事なんです。

契山館には、東京、大阪、名古屋、群馬に支部があり、千葉、静岡、福岡に分会があります。

本物のパワーが欲しい方は、是非、契山館にお問い合わせください。支部集会は一般お方でも見学できます。

 

byガンリキ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

霊山」への5件のフィードバック

  1. パワースポットもそうですが今のスピリチュアルブームはどこかで聞いたことのある話をごちゃ混ぜのカクテルにしてその上澄みを自身の都合のいい理屈だけを抽出しているだけの感が否めません。
    もっと真摯に目に見えない世界に意識を向けて学んで欲しいですね。
    本当の答えは此処にしかないというのに。

  2. 長野県にも信仰の伝統のある山があり、丁度山を拝めるように神社が配置されてあるのを見かけますと、神社を建立した人々の感性や時代が羨ましいように思えます。
    現代は、有名な山ほど観光地化してしまい、神秘さからはほど遠い場所ばかりですもんね。
    多くの方が本当のパワースポットの威力を感じられたら、山を観光地化する動きも減ると思うのですが。。。

  3. 私の家は、山の中腹にあり、住宅地が建つ前には、鳥居があったそうで、その鳥居をのけて住宅をつくったあと、住宅地で次々と亡くなる人が居たため、鳥居をもとに戻したと、母がよくいっていました。子供ながら、不思議なことがあるもんだと、思っていたことがあります。
    日本は、山を崩さないと、平地が確保できなかったり、山の中に家を建てないと住めないところが多いように思います。昔から信仰のあった山を開発して、山を崩し、汚していると思うと、なんとも言えない気持ちになります。
    あと、干潟も土砂で埋め尽くし、畑にしていますね。遠浅の広い干潟があった所を埋めて、畑にした。と、自慢げに学校で教えてくれていましたが、干潟を埋め尽くしたため、海が汚れ、浄化作用を失い、干潟の生き物を根絶やしにしています。
    人間って勝手ですね。実は、過去世の自分たちだったりするのかも、と、思うとやるせない気持ちにもなります。

  4. 信仰心のある方が増えて、全国の霊山が復活すると凄いでしょうね~( ̄¬ ̄)
    でも今は、貴重な霊山に日々観光客が低い幽気をまき散らしている状態なので、無理でしょうね~(´・ω・`)
    こんな時代に高級な気がある場所は支部集会くらいしかありません。
    是非一度、来てみて下さい。

  5. 私の住む神奈川県にも霊山があります。

    おそらく大山(おおやま)と箱根が有名でしょう。

    大山は、江戸時代には大山詣りが有名で、年間数十万人の方が参拝されていたそうですし、箱根は山岳信仰と修験道が盛んだったようで、箱根連山の最高峰は、ずばり神山(かみやま)と呼ばれています。

    でも現在は、大山はケーブルカーで、箱根は車で観光客が押し寄せています。

    その中に、ご利益が目的ではない、素朴で純粋な信仰心をもって参拝される方は、どれくらいおられるのでしょうか・・・。

    残念ながら、そのような方が、激減してしまった現代では、神社やパワースポットには、もはや、皆様がお求めになる高貴な気は、降りてはいないのが実情のようです。

    でも、私達、人間にとって、良質な《幽気》という霊的な気を吸収することは、必要不可欠なのです。

    実は、その良質な《幽気》を定期的に吸収出来るかどうかが、この世においての幸不幸を、更に、あの世へ入った後の幸不幸をも、決定付けていると言えます。

    どうか、私達に欠かすことの出来ない、良質な《幽気》に満たされた《契山館》の《支部集会・分会集会》へ、足をお運び下さい。

    お問い合わせを、お待ちしています。

コメントを残す