「死後まで続く幸福のために」を拝読して

「契山館」で「水波霊魂学」を学び、「神伝の法」を実習したら、どうなるのか?

その答えが、この書籍の、タイトルそのものだ、と言えるでしょう。

すなわち、「死後まで続く幸福のために」、「契山館」で「水波霊魂学」を学び、「神伝の法」を実習する必要があるということだと、私は理解しました。

ですから、現代に生きる私達にとって、もっとも大切な内容が、記された書であると言っても、過言ではないでしょう。

さて、人間は死後どうなるのでしょうか?

それは、私達、人類にとっては、永遠のテーマなのかもしれません。

まずは、死後の世界が存在するかどうかが、最大の問題なのでしょうが、現在までのところ、死後の世界は、存在するとも、存在しないとも、証明されているわけではありません。

もし、死後の世界が存在して、そこに、かつては人間として生きていた人が、霊魂として存続しているのであれば、私達も、死後は霊魂として、死後の世界に赴くのでしょう。

しかし、死後の世界が存在しないのであれば、死ねば終わりです。消滅です。

どちらとも証明されていない以上、私達は、各自の判断で、どちらかを信じるしかありません。

ある人にとってはあって、ある人にとってはない、等という主観的な問題でも、半分あって半分ない、等という曖昧な問題でもなく、「ある」か「ない」かは、どちらかが真実なら、もう片方は間違いなのです。

「契山館」の会員である私自身は、もちろん、死後の世界の存在を信じています。

証明は出来なくても、確かに存在するとしか思えないのです。

もちろん、このブログをお読みの方が、どちらを信じるかは、皆様のご自由です。

しかし、死後の世界が存在しないとの、100%の確信がおありでなければ、言い換えれば、もしかしたら、死後の世界が、あるかもしれないと思われるのなら、もしあったら、という仮定の元に、霊媒である水波一郎先生を通して伝えられた、高級霊魂が主張される内容に、耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

その上で、もし死後の世界がなかったとしても、その時には、もはや自己が存在しないのですから、何も失うものはありません。

けれども、ないと思っていた死後の世界が、あった時には、大変なことになるかもしれないのです。

なぜか本書の著者、水波一郎先生が登場されるまで、言われることがなかったのですが、人間がこの世で幸福な生活を送り、さらに、死後の世界に赴いてからも、幸福であり続けるためには、この世では肉体と重なっている、幽体という名の霊的な身体を健康に保ち、より成長させていくことが大切なのです。

もし、幽体が不健康であったり、幽体の成長の度合いが低いと、この世においては、不道徳な霊魂から悪戯をされたり、邪霊の干渉を受け、幸福が著しく損なわれる危険が増します。更に、死後は、まるで地獄のような恐ろしい世界へと、落ちる可能性が高まります。

現代は何も対策を取らないと、ほとんどの人は、幽体が不健康になってしまうそうなので、やはり、私達にとっての最重要なテーマであり、対策が急がれるのです。

この世に生きる私達は、一人の例外もなく、いずれ「霊魂」となって、幽体で「死後の世界」に赴くのですから。

そこで重要になるのは、幽体の健康を維持したり、幽体を成長させるための方法です。

そのための方法として、これまでに「神伝の法」という修行法が、本書の著者、水波一郎先生によって指導されてきました。

しかし、「神伝の法」の指導を受けるためには、数日間の合宿に参加する必要があり、誰でも参加出来るというわけではなかったと思います。

そこで、2018年の秋以降、新たに日帰り研修会で、幽体の健全化のための、霊的トレーニング法が修得出来るようになりました。

今こそ私達は、「契山館」で「水波霊魂学」を学び、「神伝の法」を実習して「死後まで続く霊的な幸福」への道に入るべき時です。

本書「死後まで続く幸福のために」は、そのための最高の手引き書となるでしょう。

水波一郎先生著「死後まで続く幸福のために」は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆


群馬県ランキング ランキング参加中です!

「死後まで続く幸福のために」を拝読して」への3件のフィードバック

  1. [有る]ということは証明出来ても[無い ]ということは証明出来ません。
    これは「悪魔の証明」と言って絶対に不可能なんです。
    例えば「虹色のカラスは居ない」を証明せよ、とするときに証明出来る方法は1つしかありません。
    地球上すべてのカラスを捕まえてその中に虹色のカラスが居ないかを確かめることです。

    死後の世界が有るのか?無いのか?
    どう考えるかは個人の自由です。
    では無いと言う方におたずね致します。

    もし死後の世界が有った場合、あなたはその備えをしていますか?

    無いという証明は出来ないんですよ。

  2. 「死後の話?」こういう話をすると大体の人は数秒止まって話を逸らします。そんなことより目先の問題の方が大事なのでしょう。確かにそうかもしれません。

    何かの時のために保険に入っておけば安心です。それと同じで、水波霊魂学と神伝の法は、契約によって役に立たない時がある保険より、死後の世界に行った時、いや、地上に居る時から、必ず自分の為になっているのです。

  3. 死後の世界を信じている方は、わりといると思いますけど、
    今の世の中は間違った情報ばかりなので、是非、この本を読んで正しい知識を身に付けて欲しいです。

コメントを残す