《神伝禊法初伝合宿》に参加して

先日、行われました《神伝禊法初伝合宿》に初参加させて頂きました。

実は、先月の群馬支部の集会で、ブログ担当の方から、「初伝合宿の感想を投稿して下さい」とのお話を頂き、私は「分かりました」とお返事致しました。

ですから、そのお約束を果たさなければならないのですが、正直な話、何とお伝えすれば良いのか困惑しています。

なぜならば、今回の合宿の素晴らしさと凄さと、その感動を言い表せるような言葉を、私は一つも持ち合わせていないからです。

合宿に参加されたご経験がおありの方には、お分かり頂けるでしょうが、残念ながら、参加のご経験がない方に、お伝えするのは無理です。

ご自身で体験し、実感して頂くしかありません。

次回、万難を排してでも、ご参加頂く価値があります。いや、それ以上です。

人間が関われるもので、これ以上のものは、どこにも存在しないでしょう。

これは、私の私見ですが、あの高貴な空間に、私のような初参加の者が、何時間も入っていて耐えられるのは、肉体があるお陰で、幽体の存在になったら、高貴すぎて、一瞬入るのも不可能な空間なのではないでしょうか。

ですから、幽質界へ行ったら、絶対に経験出来ない、貴重過ぎる経験でしょう。

昨年の4月から1年4ヶ月、本格的な《神伝の法》を習得する前の会員のための行法を続け、《支部集会》にも、毎月、複数回参加してきました。

それだけでも、私は、十分、満足していたつもりでした。

でもやはり、本格的な《神伝の法》である《神伝禊法初伝合宿》は、別次元の凄さでした。私の想像を遥かに越えたものでした。

まさに《神伝の法》を、物質界に降ろして頂けたことが、《現代の奇跡》ですね。いや、《人類史上最高の奇跡》と言うべきでしょう。

このような奇跡的な時代と、時を同じくして、物質界に生まれることが出来たとは、私達は、何たる幸運に恵まれているのでしょうか。

この《人類史上最高の至宝》を、とにかく伝えなければならない、広めなければならない、後世にも確実に残さなければならない。

一人でも多くの方に、行って頂くしかない。

そのような決意を新たにしました。

尚、合宿等で何かを感じても感じなくても、それは表面的な意識の問題に過ぎず、幽体の意識が感じていることに変わりはないようです。

あくまでも、私の個人的な感想と、ご理解頂ければ幸いです。

水波一郎先生著「神伝禊法」は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

《神伝禊法初伝合宿》に参加して」への12件のフィードバック

  1. 「このような奇跡的な時代と、時を同じくして、物質界に生まれることが出来たとは、私達は、何たる幸運に恵まれているのでしょうか。」全くその通りです。どうかこのチャンスを逃さないようにと願うばかりです。

  2. なおいーさんの記事を読んで、初めて合宿へ参加した日のことを思い出しました。期待と、緊張と、興奮と、感動で胸がいっぱいになりました。でもあの感動は、参加してみないと分からないんですよね。

  3. 合宿良かったですよね~!(*´艸`*)
    みんなが病み付きになる理由が分かりますよね(笑)
    でもそれを参加した事のない方に、なんて説明したらよいのか????
    僕も上手く説明のしようがないですけど、
    人生変わりますよ!合宿以上の感動は無いです!
    ぜひ、参加して欲しいです!

  4. 自分もあれこれ思い出しました。
    内容については記せないので、差し障りのない感想を述べてみますと、

    参加して終えて振り返ると
    霊的に清々しい「何か」をじんわりなのか、爽やかになのか、強烈になのか
    立て続けになのか、ほのかになのか、何かしらその人それぞれのによると思うのですが
    そのような出会いと感じる体験があるように思われます。
    自分はゆったりとして劇的で、しかし底に響くような印象を得ました。

    あと、泣いている方もお見かけした記憶があります。
    実は自分も、あることにハタと気づき感情がぐぐっと動き泣きそうになっていました。
    これは、知識としては頭に入っていたことですが、
    そのことをありありと実感してしまったようです。

    霊的カルマに対してあきらかに作用を及ぼすということを
    感覚的に納得したのが神伝禊法の合宿でした。

  5. 合宿から帰宅して、丸2日が経ちましたが、感動は全く薄れません。次の合宿まで、この感動が維持出来るよう、日々、家庭での修行にも励んで参ります。

    いずれ、《神伝の法》の合宿への参加希望者が殺到する時代が来るでしょう。いや、私達がその時代を作らなければなりません。

    何百人も、何千人も、何万人も殺到することでしょう。

    もう各支部ごとに、毎月、行わなければ対応出来ない時代にしなければなりません。

    支部も都道府県ごとに、最低1ヵ所、分会は市町村単位です。

    外国からも、《神伝の法》の希望者が、続々と来日され、各種言語で、または通訳付きで行われます。

    いずれは、海外支部も出来るでしょう。

    これらが妄想に過ぎないのか、夢物語なのか、それとも現実化していくのか、それは、全て今の私達の広報活動にかかっていると言えます。

    神が降ろされた《神伝の法》は、伝えるべきもの、広めるべきもの、残すべきもので、それこそが、まさしく弟子の務めに他なりません。

    その決意を、日々、強めつつ、今後の人生を歩んで参りたいと存じます。

  6. 感動が伝わってきます。
    私も思い出し泣きしてしまいました。(@_@。

  7. なおいーさん、合宿のご参加、大変お疲れ様でしたm(__)m
    合宿中、本当に時間が早く過ぎて、ああ、もっと参加していたい、この空間にずっといたい!と強く思った初参加の時を思い出しました。
    自宅に戻ってきた時、家を出発した時が数年前位遠くに感じられたのに驚いた覚えがあります。
    はるかかなた、遠いところから、自宅に戻ってきた感覚に、
    こんな凄いことが、この日常の中にあるのに、なぜ水波霊魂学が世間に認められていないのだろう?と不思議でした。

    >いずれ、《神伝の法》の合宿への参加希望者が殺到する時代が来るでしょう。

    おっしゃる通りですよね!

  8. 素晴らしさを言葉に出来ないのは合宿を経験した全ての修行会員ですよ!
    経験した会員同志でさえ感じたもの、得たものの答え合わせが出来ないのがあの空間です。
    肉体を纏いし霊的生命体があの場所に到達出来ないのは生まれて来た意味も理由も見失なっているとしか思えません。

  9. 初参加、思い出します。私は、ただただ、うれしかった。嬉しくて、うれしくて、しばらくは、雲の上にいるような、軽さでした。
    この感動を、もっと広めたい。全世界に、広めていきたいですね。
    広報活動がんばりましょう!

  10. 皆様、数多くのコメントを頂戴致しまして、誠にありがとうございます。

    感動が言葉にならないのが、私だけではないと分かって、安心致しました。

    これからは、この頂いた感動を忘れることなく、日々、家庭でのトレーニングに励むと共に、少しでも頂いた感動をお伝えし、ご恩に報いることが出来ますよう、広報活動にも更なる力を入れさせて頂きますので、よろしくお願い致します。

  11. 皆さんの書き込みに胸が震え、心拍数が上がり、喉がつまって、こんな感動久しぶりです。ありがとうございます!すっごく励まされます。みんなが集まればこんなにすごいんだ、ずっとその中にいたい、と思いました。

コメントを残す