「神伝禊法」を拝読して

人類必読の霊的修行法です。

「神伝禊法(しんでんみそぎほう)」は、水波一郎先生を通して、神霊から降ろされた「神伝の法」の1つで、禊(みそぎ)という霊的修行法です。

「神伝鎮魂法(しんでんちんこんほう・同名の書籍がアマゾンで購入可)」と共に、「神伝の法」の2本の柱を成しています。

人間は、この世においては、肉体と幽体という二つの身体が、重なった状態で生きています。

しかし、肉体が死を迎えると、人間は霊的な世界へと向い、そこでは幽体という霊的身体で生活することになります。

この幽体で生活する世界のことを、幽質界と呼びますが、そこはある基準に基づく階層世界になっています。

幽質界には、地獄のように辛い下層世界もあれば、幸せに生活できる上層世界もあります。また、その上には、もっと高級な世界も存在するそうです。

そこで問題になるのは、その幽質界での行先を決める基準になるわけです。

一般的には、この世でどれだけ善行に励んだかとか、愛の深い人生を送ったかとか、最近では心の波長や、人格の高さによると言われたりします。

しかし、実際には、そのような基準によって、私達の死後の行先が決まるわけではないようなのです。

私たちの行先を決めるのは、肉体の死後の身体である幽体の健康の度合い、成長の度合いなのです。

この世で善行や愛行に励んでも、その善や愛が、霊的世界の価値基準と、合致したものとは限りません。また、心の波長が上がって人格が高まっても、それが肉体に付随する意識の人格であれば、死後の世界では通用しないのです。

つまり、この世でいくら善人として生きても、人格者になっても、それだけで幽体の健康状態が良くなったり、幽体が成長する、すなわち霊的に向上するというわけではないのです。

そして、幽体の健康状態が悪かったり、幽体の成長が不十分だと、幽体が健康で、活力がある霊魂が存在する、上層の幽質界には入れず、幽体が不健康で、活力の弱い霊魂が存在する、下層世界へ入ってしまいます。

今まで、様々な宗教等で述べられてきたことと違うので、理解が難しい方がおられるかもしれません。

しかし、考えてみて下さい。

この世においても、善行・愛行を実践したり、心の波長を高めても、それだけで、肉体の健康が維持できるわけではありません。

肉体の健康を維持するには、適切な栄養摂取と適度な運動が必要なのです。

それと全く同じことが幽体にも言えるわけで、幽体の健康を増進し、その活力を高めていくためには、幽体にとっての、栄養摂取と運動に当たることを、実践する必要があります。

そして、この、幽体にとっての、栄養摂取や運動に当たるものこそが、「神伝禊法」なのです。

禊とは、幽体の健康状態を悪化させたり、活力を低下させている穢(けが)れを祓(はら)い、幽体を健康にして、その活力を高めることです。

それによって、私達は、死後の幽質界で、下の方の辛い世界へ落ちることなく、幸せな世界へ赴くことが出来ます。また、この世にある間も、悪霊・邪霊に干渉されることなく、霊的に健全な生活を送ることが出来るのです。

「神伝禊法」は、現代のように霊的環境が悪化した時代において、私達、人類に真の意味での救いをもたらす、唯一の方法だと言っても過言ではないでしょう。

「神伝禊法」は、現在、3泊4日の合宿形式で指導がなされていますが、常時、行われているわけではありません。

この人類史上、類を見ない霊的修行法が、希望すればいつでも指導して頂ける時代が来れば、そして、世界中の人々に広まれば、人類の未来は明るい。私は、そうした希望を持ち続けています。

尚、本書では、「神伝禊法」で実際に行う動作などの説明はなされていません。

その理由も本書に詳しいのですが、神霊から降ろされた「神伝禊法」を行うには、正式な指導者の指導の下、高級指導霊との契約が不可欠なのです。

その契約によって、禊を行う時に必要な、高級指導霊との接点が生まれ、はじめて禊が成立するのです。

つまり、書籍を読んで、そこに書かれた禊を形だけ行っても、そこには契約に基づいた高級指導霊との接点がないわけで、禊を行う意味は全くないのです。

本書は、「神伝禊法」の意義、価値、その本質を学ぶための、手引き書だと言えるでしょう。

たとえば、習い事で、楽器の演奏を学ぶ時でさえ、いくら書籍から演奏法を読み取っても、実際の音が出るようにはなりません。あくまでも、指導者の下に入門して、弟子として指導を受ける必要があるのです。

ましてや、神霊から降ろされた禊法です。入門して最高の礼をもって教えを乞うのが当然だと言えましょう。

本書の著者、水波一郎先生が主宰される「契山館」では、強引な勧誘等は一切行っていませんし、退会も全く自由、また、会費等も常識的な範囲です。

ぜひ、「契山館」で、「神伝禊法」を実習して頂きたいと思います。

水波一郎先生著「神伝禊法」は、
紙の書籍のペーパーバック版と、
電子書籍のkindle版が、
いずれもアマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、このページ下部のリンク先から、契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

「神伝禊法」を拝読して」への2件のフィードバック

  1. 禊に興味のある方は是非、読んで頂きたいです(´・人・`)
    世の中に多くある水浴びと、禊は全く違います。
    初伝は水を使いますが、水に力を流すから意味があります。
    水に力が流れなければ、ただの水浴びと何も変わりません。
    是非、本を読んで頂きたいです(´・人・`)

  2. パワースポットや癒し効果のある場所へ行って、その時は元気が出たような気になるかもしれません。ストレスを抱えた毎日では、気持ちの切り替えには確かに役に立つのかもしれません。ですが、実を言うと根本的には何も解決されていません。むしろ悪い影響を持ち帰っている可能性もあります。パワーや癒しを求めているのは、もしかしたら表面の自分の心ではなく、もっと奥の心(幽体の心)の叫びかもしれません。神伝禊法はそれに応え、潤してくれる法でもあると、個人的には感じております。

コメントを残す