「たましいの救い」を拝読して

私は物心がついた頃から、「人間は死んだらどうなるのだろうか?」という疑問が、頭を離れませんでした。

そこで、高校生の頃から、様々な宗教や神秘思想等の書籍を読み漁るようになり、すでに40年近くの年月が流れました。

その間に得られた結論は、人間は日々、宗教的・霊的な教えを学び、善行・愛他行の実践に努めれば、心が成長し、霊的にも進歩向上することが出来るということだったのです。

さらに、それは霊格の向上を意味して、死後は向上し霊格に相応しい世界へ入れるということでした。

しかし、《契山館》に出会い《水波霊魂学》を学び始め、その結論が間違っていたことに気付かされまた。

宗教的な教えを学び、善行・愛他行等を実践しても、それは肉体の脳の表面的な心の問題であって、霊的な進歩にはつながらないのでした。

それでは、霊的に進歩するためには何が必要なのかというと、《神伝の法》という特別な修行法により、この世では肉体と重なっている《幽体》という霊的身体を成長させることだったのです。

この《神伝の法》を実習し、《幽体》を成長させることが、真の意味で《たましいの救い》を実現させるための唯一の方法なのです。

私達が死後に向かう世界を《幽質界》と言います。

《幽質界》は、下の世界ほど《幽体》が不健康で、その成長が不十分な《霊魂》が集まる、苦しみに満ちた地獄のような世界なのだそうです。

一方、上の世界ほど《幽体》が健康で成長した《霊魂》が集まる、素晴らしい世界となっているそうです。

そして私達は、肉体の死後、自らの《幽体》の健康と成長の度合いに見合った世界へと、赴くことになります。

問題なのは、どんなに善人でも、また愛が深い人でも、《幽体》が未成長で不健康だと、《幽体》が成長した《霊魂》が住む上の世界へは入れず、《幽体》が未成長で不健康な《霊魂》が集まる、苦しみの世界へ入ってしまうことなのです。

このブログをご覧の方の中には、「そんなはずはない」とか、「そんな話は聞いたことがない」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

私も最初はそう思いました。

しかし、この世において、いくら善行や愛他行を実践しても、それによって、肉体が成長したり、健康になったり、頑健になるわけではありません。

肉体の健康を維持したり、体力を高めるためには、バランスの取れた栄養摂取と、適度な運動が必要です。

同じように、《幽体》の健康を高め、活力を高めるためには、そのために必要な手段を講じなければならなかったのです。

そして、その手段こそが、《神伝の法》という《霊的トレーニング法》なのです。

たとえば、どんなに善人や愛が深い人でも、肉体が不健康であったり、体力が低下していたら、健康で体力のある人と一緒に活動は出来ません。

また、善人でも悪人でも、肉体が重い病気にかかれば、同じ病院でベッドを並べて治療を受ける必要があるわけです。

《幽体》の場合でも同じで、善人でも悪人でも、《幽体》の健康状態が異なる者同士は、一緒に活動したり、同じ場所で生活することは出来ないのです。

《幽体》の状態により、一旦、《幽質界》の下の世界へ入ってしまうと、周りの存在も同様に《幽体》が未成長で指導者もいないので、そこから抜け出すのは至難の業なのだそうです。

だからこそ、私達は、この世にいるうちに、《神伝の法》を実習して、《幽体》を成長させることが重要なのです。

現代において、確実に《幽体》を成長させることが出来るのは、《契山館》の《神伝の法》だけです。

この《神伝の法》の実習者が増えれば、《幽質界》で苦しむ方が減り、《死後まで続く幸福への道》に入る方が増えます。

私にとっては、そのような未来への明るい希望をもたらせてくれた一冊でした。

水波一郎先生著「たましいの救い」は、
紙の書籍のペーパーバック版が、
アマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、
このページ下部のリンク先から、
契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「たましいの救い」を拝読して」への3件のフィードバック

  1. この書籍は、人生の壁にぶつかり悩み苦しんでいる人への道しるべにもなると思います。

    今はやりのスピリチュアルの様に、表面的な綺麗ごとでは何も解決できません。

    是非、読んで頂きたいです。

  2. 死後に行く世界は、法則で決まってしまいますからね~。
    この世でも、重力とかどうにもならないですよね?
    手で持ちあげるとか、何か他に力を加えないと、法則自体はどうする事も出来ないと思います。
    善人だとか、愛が深い人でも、悪人だろと、重力は平等に作用しますよね?
    それと同じで、死後の世界の法則も平等に作用しますし、死後は、法則によって行ける世界が決まります。
    是非、霊魂学を学んでいただきたいです。

  3. 人生を生きることは、坂道を上るようなことだと、昔の偉人はおっしゃったそうですが、あまりにもその坂道が急すぎると、なぜ生きていかなくてはならないのか、そんな悩みにおしつぶされそうになったりしますよね。
    両親やお友達に相談しても、どこか気持ちが晴れない・・・そんな方はこの書籍をぜひご覧ください。
    書店でよく販売されております、人生のアドバイス本ではありません。
    これは、高級霊魂方からの、霊的視点による生のアドバイス本なのです。
    皆さんがおっしゃる通り、ただ良い行いをせよ、なんて内容とはまるで違いますよ。どんなアドバイスを下さっているのか、気になりませんか?

コメントを残す