突撃!隣の会員さん No.1 もやかすみさん その2

もやかすみさんのお話、前回からの続きをどうぞ(╹‿╹)✿

青字にはリンクページがあります。


(こま)霊術が終わった後は、それまでの心霊現象はぴったり無くなったんですか?

 

(もやかすみ)霊術を受けた後、ぴったり無くなったというわけでなく、毎日起きていたものがたまに起きる、という頻度になりました。そして、修行を進めるうちにめったに無くなって、今は全然無い、という感じです。

 

(ゆず)では、霊術の後も多少現象は残っていたんですね。

 

(もやかすみ)ポルターガイスト現象のような、極端な現象は全く起こらなくなりましたね。ただ、金縛り位だったら、まだ残っていた、という感じでしたね。

 

(こま)肉体の方が過去の現象を覚えていて、その時の現象を呼び起こす、という事もあるみたいですしね。

 

(もやかすみ)そうですね。今となっては分からないけれど、修行していく過程で、症状は無くなりました。

 

(ゆず)染みこんでしまった感覚が抜けるには、どうしても時間がかかりますよね。修行を続けていくうちに、自分に何か変化を感じたりしましたか?

 

(もやかすみ)まず、性格が変わりましたね。それは大きかったですね。
元々根クラだけど(笑)、朗らかに、明るくなったと思います。
神伝鎮魂法初伝(霊的トレーニング)を習って、少ししてから変わっていったと思います。

 

(ゆず)私は神伝鎮魂法初伝を習った当初は、まだ自分の変化が分からなかったです。

 

(こま)私もその段階ではまだ全然ダメでしたね。

 

(もやかすみ)そうですか。人それぞれで違いますよね。その後の神伝禊法初伝を受けた時は、その場で、とても感激、感動しましたね。

 

(ゆず)心の中がこう、嬉しさで包まれたような・・・。

 

(もやかすみ)うん・・・もうね、感動としか言いようがないですね。

 

(ゆず)言葉で表現できない感覚ですもんね。

 

 

(こま)日常生活で、変なこだわりが無くなった、とかありませんでしたか?

 

(もやかすみ)ああ、そうですね。無くなったかもしれません。人間関係の細かいことは、あまり気にしなくなりましたね。

例えば出世とかにこだわって、上司にべったりくっついている人もいるけれど・・・良い意味で、会社でどうなろうと別にどうでもいいや、と、出世にこだわるような気持ちが無くなりました。

 

(こま)昔は気に障ったような人でも、今なら、まぁしょうがないか、と思えるようになったというか。

 

(もやかすみ)そうですね。

 

(ゆず)全般的に、嫌なことが減った、という感じでしょうか。

 

(もやかすみ)そうそう、ストレスになるものが多分あんまり無くなったんでしょうね。ストレスが無いのが、逆にストレスかな?

 

(ゆず&こま)(^^)(笑)、本の好みが変わったり、とかありませんでしたか?
それまで好きだったものとか本とかが嫌いになったりとか、嫌いだったものが好きになったりとか。

 

(もやかすみ)あ~。そうですね、例えば、映画とか、今は全く見なくなっちゃった。

 

(ゆず)霊魂学があんまりに人生そのもの過ぎて、面白すぎて、それまで好きだった趣味がどうでもよくなってしまう事はあるかもしれませんね。

 

(こま)こだわっていた色んな事がどうでもよくなっちゃいますよね。

 

(もやかすみ)そうなんですよ、ホラー映画とか、全く面白くないんですよね。全く怖くなくて。

 

(ゆず)霊魂学で知る現実の方がずっと怖いですしね。
他に何かありますか?

 

(もやかすみ)肉体面では、筋肉痛が無くなりましたね。
山に登ったりするとね、入会前は、二日後位に遅れて痛くなっていたりしたんです。それが入会してからある程度経ってから、何やっても筋肉痛がなくなってしまった。

 

(ゆず)それでは肉体が若くなった、という感じでしょうか。

 

(もやかすみ)そんな感じがあるんですよ。※肉体への影響(契山館広報部HP)

 

それから、日常生活の変化として、もう一つ。

転職を続けた時期があって、色々あったのだけれど、最終的に群馬支部集会が行われている場所、今の会社に落ち着きました。結局これまでで一番良い会社に巡り合いました。

 

(ゆず)あ~、それは守護霊、指導霊方が裏で活躍されていたかもしれないですね。
私もそうかもしれません。私は仕事ができるタイプではないので色々あったのですが、最終的には私でもちゃんと働ける、今の職場に収まりました。

 

(もやかすみ)きちんと生きて行けるように、良い方向に導いて下さっているんだと思うんですよ。

 


☆編集部より☆
霊的に成長したいと頑張った結果として、ふと気づくと周りの状況が良くなって、修行をしやすい状況に変わっていた、ということは、会員によくあることのようです。

守護・指導霊方は、担当している修行者が霊的な人生を進みやすいように、職場や家庭環境など、物理的な条件を良くしようと働かれることがあるようです。

ただし、霊的成長でなく、お金が欲しい、良い職業に就きたい、恋人が欲しい、といったご利益目的に修行しても、高級霊魂方はその願いに力をかけたりなさいませんので、ご注意ください。


(ゆず)それでは、次に、毎日の霊的トレーニングについて伺います。

霊的トレーニングをしている最中、何か感じたりされますか?

 

(もやかすみ)不思議な体験をしたりする時がありますね。それについては人それぞれなので、ここでは伏せさせていただきます。

それから、言葉で何と言っていいか分かりませんが、例えば、神伝禊法初伝を行った前と後では、感覚が変わったりもしますね。

 

(ゆず)ただ物理的に水を浴びただけでない何か別の力を感じますよね。

 

(こま)私は体が軽くなったような感覚がします。

 

(もやかすみ)そうですね。

 

(ゆず)霊的トレーニングを続けていく良さってなんでしょう。

 

(もやかすみ)良い、悪い、というか・・・僕にとって霊的トレーニングは、やることが当たり前で、辞めるなんていう選択肢は無いですね。

 

(ゆず)行うことが当たり前過ぎて、良いも悪いもない感じなんですね。

では、続けていくことの大変さとか、そういうものはお感じになられたりはしますか?

 

(もやかすみ)生活の中でどうしても忙しいと大変に感じることはしょっちゅうありますよ。遅く帰ってきた後となるとやっぱり疲れて寝てしまいたい、とかありますしね。

 

(ゆず)そんな忙しい中でも、支部集会に参加する良さって何だと思いますか?

 

(もやかすみ)それも感じるんですよ。来る前と、参加した後では、違うんですよ。
その違いを言葉で説明するのも難しいんだけども。

 

(こま)私は、生活の活力をもらっている感じがします。

 

(もやかすみ)うん、活力。そうですね。

 

(ゆず)生活の活力は勿論、目に見えない部分でも力をもらっている感じでしょうか。

 

(もやかすみ)目に見えない部分で活力をもらうから、生活の活力も結果としてあがっている、という感じでしょうね。

 

(ゆず)なるほど!

ちなみに、支部集会の中でも群馬支部集会は、どんな雰囲気だと思われますか?

 

(もやかすみ)そうだねぇ・・・割と少人数なので、フランクに何でも話しやすい雰囲気ですね。

 

(こま)お答えくださり有難うございました。
最後に、今後契山館へ入会したいな、と思っている方、初心者の方へ一言お願いします。

 

(もやかすみ)抱えているものは人それぞれでしょうが、水波先生の本を読むなどして冷静に考えれば、誰にでもわかるはずです。人間にとって霊的トレーニングは絶対に必要です。わからないという人は真面目に考えてないだけだと思っています。やらないなんて選択肢は、僕にはありません。

霊に関するQ&A「幽体の成長はどうして必要なのですか?」http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/19yuutai.htm

 

(ゆず&こま)本当におっしゃる通りですね。有難うございました!

 

突撃!隣の会員さん No.1 もやかすみさん その2」への4件のフィードバック

  1. そんなこんなの、群馬支部会員インタビュー第1回目でした。
    こまさんと一緒にお話を伺っていて、あっという間に予定の時間になってしまった実に楽しい時間でした。
    もやかすみさんが頑張ってこられた時間を伺っていて、私も、とても励まされた気持ちになりました。誠にありがとうございました。
    今後もインタビューを続けて参りますので、よろしくお願いいたします♪

  2. インタビューは実体験が聞けて面白いですね(*´艸`*)
    やっぱり合宿の感動は特別ですよね(´∀`人)
    是非、みんなにも味わって頂きたいです(´・人・`)

  3. 霊的な現象を体験された方は、それを周りに相談しても理解されない事が多いと思います。そうなると、それを口に出してはいけないと考え、独りで抱え込んでしまう人もいると思います。契山館にはそれを解決する知識と技術があります。

    私の場合、神伝禊法を行じるようになってから、良い意味で考え方が変わるのが早くなったと思います。周りからすれば「言っていることが前と違うぞ。」と思われたりもしますが、それは「自分の間違いに気づき、それを素直に受け入れ改善する」と言うことが早く出来るようになったからだと思います。間違っている事に、頑なに意地を張ることがなくなると言うことは、心の奥が改善されたと言うことだと思います。神伝禊法は自分でも意識出来ないレベルでの心の奥にメスを入れてくれます。

  4. ご挨拶が遅くなってしまいました。
    インタビューなんて私も初体験なもので、楽しいやら、照れくさいやら、あっという間に終わってしまいました。
    ゆずさん、こまさん、お骨折りいただき、どうもありがとうございます。
    コメントいただいた皆様、どうもありがとうございました。
    今後とも群馬支部ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す