「幽体の悲劇」を拝読して

《幽体》とは、この世では肉体と重なっている、非物質の霊的身体のことです。

私達の肉体が死を迎えると、この《幽体》で、《幽質界》という名の死後の世界へと赴いて、生き続けることになります。

本書では、生命誕生から乳児・幼児期や思春期、さらには成人期や老年期を経て他界するまでの人間の一生に、《幽体》がどのように関与し、その《幽体》の意識が何を思うものなのか等について、年代順に詳しく述べられています。

すなわち、本書によって、《幽体》の視点から見た、人間の一生が明らかにされているのです。

また、親の立場からの、《子供の幽体》との関わり方についても述べられていて、子育て世代にとっての必読書だとも言えそうです。

本書の著者、《水波一郎先生》によって、他のご著書でも繰り返し記されていますが、この世においても、死後の世界においても、人間の幸不幸を決めるのは、この《幽体の健康と活力の度合い》なのです。

どんなに善人で愛深き人格者であっても、《幽体の健康と活力》を高めるための対策を取らないと、《幽体の健康と活力》を維持できません。

それは善人でも、肉体の健康を維持するためには、適切な栄養を摂取などの、対策が必要なのと同じなのです。

その《幽体の健康と活力》を維持し、高めるための対策が、本書の著者《水波一郎先生》が指導されている霊的トレーニング法《神伝の法》なのです。

現代は、私達の周囲の霊的環境が悪化しているので、放っておけば、私達の《幽体》の健康が悪化し、活力が失われます。

そのような状態の《幽体》を放置すれば、私達の未来は、この世においても、死後の世界においても、暗いものとなってしまいます。

《神伝の法》こそ、私達の《幽体を救う》唯一の方法です。

どうか本書《幽体の悲劇》お読み頂き、《契山館》各支部、分会、《契山館広報部》等へお問い合わせ下さい。

あなた様の勇気ある一歩の踏み出しが、あなた様ご自身を救い、あなた様の愛する方々を救い、人類全体をも救っていきます。

どうぞ《契山館》で《神伝の法》を実習されて、《死後まで続く幸福への道》にお入り下さい。

水波一郎先生著《幽体の悲劇》は、
紙の書籍のペーパーバック版が、
アマゾンで、販売されています。

ご購入方法がご不明な場合は、
このページ下部のリンク先から、
契山館各支部、分会、
または、契山館広報部HPまで、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「幽体の悲劇」を拝読して」への6件のフィードバック

  1. 私はこの書籍を拝見するまで、自分の幽体をまるで敵のように思ってきました。
    明日は良くしよう、と思っても、すぐに真逆の気持ち、例えば楽をしたい気持ちが湧いてきて、自分の行動をなかなか変えられずにいる。それは、人間に肉体の本能だけでなく、幽体の衝動があるからだと知ってから、幽体の存在を敵にしていたように思います。
    ですがこの書籍を読み、幽体の方こそ表に出られず苦しんでいたんだと、間違いに気づかせていただきました。

    >子育て世代にとっての必読書だとも言えそうです。

    本当ですね。
    自分が嫌い、なんて感じておられる思春期の方も、この書籍をお読みになって、自分がどれだけ奥深い存在なのか知っていただけたら、明日を生きるエネルギーに繋がるのではないでしょうか。

  2. 学校を休みたい!宿題をやりたくない!勉強なんか大嫌いだ!!小中学校のころの自分の記憶を思い出すと、その時言葉で表現していない別の自分の記憶があります。今にして思うとどうやらそれが幽体の主張だったようです。この書籍を読むと、もう一人(幽体)の自分を実感できると思います。「あの時、こう考えていたのは自分の幽体だったんだ」その幽体の衝動に人生は影響されるようです。まずは幽体を知りましょう!そしてその心を知りましょう!

  3. 小学校低学年の時に、隣りにいた子に
    「なんで先生は、あれをしなさい」と命令するんだろうって聞いた覚えがありますね。
    今思えば、幽体の声が出ていたのかな…

  4. 私も、小学校の時から、学校と勉強が嫌いで、よく不登校になっていました。

    学校が楽しいと思ったことは一度もなく、生まれ変わったら学校のない国に生まれようと、心に誓っていました。

    今にして思えば、きっと、私の幽体意識が、強く自己主張していたのでしょうね。

  5. 「幽体の悲劇」は大好きな本の一冊です。もう一人の自分の正体はこれか!とほんとうに目からウロコでした。
    時には、自分の幽体の声に耳を傾けることも必要ですよね。
    支部集会に行くと、そんな自分の中の自分が癒されるのが分かります。(#^^#)

  6. 幽体は誰にでもあって、肉体とは違う事を考えています。
    それだけなら良いのですが、幽体にストレスが溜まったり、幽体からカルマの影響を受けると、肉体や人生にも影響を与える事になります。
    不幸になりたくない方は是非この本を読んでみて下さい(´・人・`)

コメントを残す