「人類は消滅すべきか」を拝読して

死後の世界で苦しむ人を減らすために、私達がなすべきことは?

本書の著者、《水波一郎先生》によれば、現代では、この世で普通に生きていた人が、死後、まるで地獄のような苦しみの世界へ落ちてしまうとのことです。

なぜならば、人の死後の行き先を決めるのは、生前の善悪の行い等ではなく、この世では肉体と重なっている、《幽体》という霊的身体の健康状態によるらしいのです。

その《幽体》の健康状態は、どんなに善人や人格者であっても、恨みの念を受けたり、《幽体》の穢れた存在と接触したりすると悪化してしまい、地獄のような世界へ落ちてしまうことになるのです。

そして、その地獄のような世界での日常が、あまりにも辛いので、霊的世界から、この世へ逃げ戻ってしまう《霊魂》が多いそうなのです。

もちろん、この世に戻った《霊魂》には肉体はありませんから、《幽体》の存在の《霊魂》は、私達の目に映ることはなく、触ることもできません。

でも、私達が肉体では感知出来なくても、《霊魂》達は、私達の《幽体》に影響を与えることが出来るわけで、それが問題なのです。

物語風に構成されている、本書の主人公である、剣人とカスミの二人も、死後の苦しみの世界から、この世へ逃げ出してきた《霊魂》です。

そして、剣人とカスミ達と、この世に指導に現れる上の世界の《霊魂》や、地獄のような世界から逃げてきて人間に悪戯をする《霊魂》、さらには、大悪霊との会話や議論が進んでいきます。

本書では、なぜ、霊的な世界へ旅立ったはずの《霊魂》の多くがこの世に舞い戻り、人間に悪戯をするのかが、分かりやすく説明されています。

また、人類はこの世から消滅すべきなのかというテーマを通して、今現在、この世に生きている私達にとっての最重要な問題が浮き彫りになっていきます。

そして今、この世にある私達に出来ることは何なのか?何をするべきなのかが明らかにされていくのです。

現代の不幸の連鎖を断ち切ることが出来るのは、《霊魂》ではなく、この世を生きている私達なのかもしれないのです。

そのためには、一人でも多くの方が、《契山館》で《神伝の法》を行って、《幽体》を健全化させていく必要があるのです。

《神伝の法》が、あなたを救い、あなたの愛する人々を救い、全ての人類、いや、全ての苦しむ《霊魂》をも、救っていくのです。

水波一郎先生著「人類は消滅すべきか」は、
紙の書籍のペーパーバック版が、
アマゾンで、販売されています。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

「人類は消滅すべきか」を拝読して」への4件のフィードバック

  1. 人間に悪戯する霊魂も、元は普通の人ですからね~。
    そんな普通の人が、そうなってしまう原因は、物質の世界があるからで、
    そんな世界は消してしまえと思う存在もいると思います。
    読みやすい本ですので是非、読んでほしいです(´・人・`)

  2. 「人類は消滅すべきか」このタイトルの意味する事がどう言う事なのか。人類が存在すること自体が問われています。

    私たちが知らないところで何が起こっているのか!

    地上の環境問題も大事ですが、霊的環境に何が起こっているのか!

    霊魂に干渉されることは、他人ごとではありません。

  3. 初めてこの本を手に取った時は、とってもインパクトのあるタイトルでわくわくしながら読み始めた記憶があります!
    目に見えない霊魂たちが、とても身近に感じられました。

    現状の危機的状況を把握する意味でも、必読だと思います!

  4. 死後の世界に、温かく優しく受け止めてくれるようなイメージを抱いている方には、驚きの内容と思います。
    死ぬ前に必ず読むべき一冊です。

コメントを残す