「念」

先日、知り合いの会員でない方と「念」について話をしてみましたところ、「念」と言うと「念力」のイメージの方が強いようです。

何やら強く念じ、スプーンを曲げたり、物を動かしたりすることを連想するようです。

 

日常で、人を恨んだり、腹が立った強い思いの時に「念」が出て、それが相手の幽体に刺さったり傷を付けたりするという考え方は、やはり馴染みがないようです。

「念」は人の幽体を傷つけます。ですが、いつどのように出たのか分からないので、対処しにくいようです。

強い「念」は例えるならピストルの弾のようなのだそうです。そして、それは目の前の相手に直撃することもあるようです。

 

「念」の特徴として、恨む相手がそばに居ない時は、近くの人に当たってしまうこともあるようです。

何か悔しかったことを思い出し、強い感情が込み上げた時に自分のそばに居た人にたまたま当たってしまうこともあるのです。

それは他人かもしれませんし、自分にとって大事な人かもしれません。

可愛いペットに刺さっているかもしれません。

 

「念」は一度出てしまったら、自分でコントロールできない性質のようです。

更に怖いのは、その「念」を不道徳な霊魂が悪用する事があるらしいのです。

どういった仕組か分かりませんが、離れた所にいる人に対して、殺したい程の「念」を、相手にまで運び、幽体に当てる技術を持った不道徳な霊魂もいるようです。

 

所謂「呪い」がそうです。

人を呪わば穴二つ。

「呪い」は、呪った方も呪われた方も、地獄行きです。

何故ならば「念」は幽体を傷つけ、不調をもたらします。

呪った「念」は返されることもあるからです。

 

水波霊魂学では、幽体が健全か不健全かで死後の行き先が決まってしまうと主張しています。

世間一般で言う、生前の善悪は関係ないのです。

単純に法則で行き先が決まるので、この世に法則があるように、あの世にも法則があったのです。

 

生きている時の肉体にも、幽体の不調は影響が出ることもあるようです。

原因が分からない病気は、もしかしたら幽的な理由があるかもしれません。

 

足が速いと自慢の息子が、運動会のリレーで転んでしまったのは、応援に熱くなりすぎたあなたの「念」のせいかもしれません。

今朝から治らない片頭痛は、、内緒でブランドのバックを買うために貯めておいた「へそくり」が日頃「小遣いが少ない」と文句の多い旦那にバレた、怒りの「念」のせいかもしれません。

幽体が不調になるのは「念」のせいだけではありません。幽体が栄養としている「幽気」の質も大きく関わってきますが、ここでは、「念」を取り上げています。

 

「念」は、私たち誰でも日常的に出していて、それが自分に刺さったり、他人を刺したりしているようです。

ですので、誰でも一生のうちに何度も念の影響を受けていますし、避けることが出来ないようです。

 

では、対策はあるのでしょうか?

あります。

「念」を避けることが出来ないのであれば、受けても大丈夫な幽体にすれば良いようです。

格闘家の様に、打撃に耐えられるくらいの身体にすれば良いのです。防弾チョッキならぬ、霊的な防念チョッキを身に纏えば良いのです。

それが契山館が世の中にアピールし続けている「神伝の法」のひとつ「神伝鎮魂法」です。

もちろん「神伝鎮魂法」の本来の目的は、もっと深いのですが。

 

目に見えないから分らないですが、現代は霊的に劣悪な環境です。

空気と共に吸い込む幽気はまるで排気ガス。まさに未発達な霊魂や邪霊が排気しているのです。

「念」は乱射のごとく飛び交い、避ける術もありません。

そんな現代人のために「神伝鎮魂法」は降ろされました。

 

「神伝の法」は老若男女誰でもできます。

忙しい現代人のための「霊的トレーニング」です。

長い時間も取られません。

 

まずは、書籍「神伝鎮魂法」を読んでみてください。

by ガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

「念」」への4件のフィードバック

  1. 物心ついたときから筋金入りのオカルト超常現象マニアの私としては確かに「念」と言えば念動力がおもい浮かびますね。
    ただ水波霊魂学の「念」の概念は最初から全く抵抗なく理解出来ました。
    加えて透視能力、予知能力、テレパシー能力、念力の原理もしっかり解説されていてそれらの超能力については全く興味が無くなりました。
    正確に行使出来る力かどうかは別としてどの能力も幽体が不健康でなければ起きない現象だと知って超能力開発などしなくて本当に良かったと胸を撫で下ろしたことが思い出されます。

  2. 念は幽体がボロボロになってしまうので、恐ろしいですよ~!
    恨まれなくても、たまたま隣の人がほかの事に怒っていたら、自分に突き刺さる事もあるんですよ((((;゜Д゜))))ブルブル
    幽体を鍛えて、多少の念では傷付かなくなるようにするしかありません(`・ω・´)

  3. なるべく平穏に生きているつもりでしたが、私自身、念の障害をご指摘頂いたことがありました。(>_<) ほんとに、どんなに人間関係を気を付けていても、心配されるが故の念もあれば、差別意識で出される念もあるんですよね…、本当に鍛えて強くなるしかないですね!!

    • 皆さんコメントありがとうございます。

      水波霊魂学を学んでいる会員には当たり前の事でも、そうでない方には霊的な知識はまだまだ間違った印象を持っている方が大勢いると思います。

      何とか地道にでも発信し続けるしかないですね。

コメントを残す