台風

いくつも猛烈な台風が続いています。被害を受けていらっしゃる方には、一日も早く日常生活に戻れるよう、お祈り申し上げます。

 

次の台風25号もどうやら勢力の強い台風のようですね。

前回の24号にはどれだけやられるかと思っていましたが、長野県北部は特に被害無く通り過ぎていき、特にリンゴ農家の方は安堵されていました。

その前の23号通過時は、この地方としても驚くほどの被害が出ました。こちらでも皆さん頑張って後片付けされています。

コツコツ、地道に積み上げる、長野県の県民性そのままの方々。

人として正しくまっすぐに生きることが天国への資格であるなら、長野県民の性質は、天国向きのように、他県出身の私には思えます。

自分はこれまで真面目に人生生きてきたから、地獄には落ちない、と思っているおじいちゃん、おばあちゃんが多いです。

 

ですが、水波霊魂学の観点から見ますと、現実はとても残酷です。

今この世の幽気は、あまりにも低くなってしまって、物理的に言えば、光化学スモッグで満ち満ちているような状態。ただ吸っているだけで、その人の幽体の質を下げてしまうような状態です。

幽体を鍛えなければ、この世で何を為そうと、ただ低い世界へ入ってしまいます。
人格の良さが天国への決め手なのでなく、幽体の活力の有る、無しで、死後の行先は変わってしまいます。

 

んな馬鹿な!とお思いになられた方、そのお気持ち、もっともです。

私だってそう思いますが、霊的トレーニングをすると、はっきり感じてしまいます。幽体を鍛えることの大切さを。

 

例えば、原発が爆発し、放射能汚染している空間で、世の為、人の為と活動していれば、どんなに素晴らしい信念で働かれていても、結果として肺がんになって死んでしまいます。
人間性が良いから、あの人は肺がんにならない、なんて事にはならないです。

 

それと同じで、汚い幽気の中を生きていれば、幽体の質が穢れて、幽的に質の低い世界に入ります。幽的な法則上、どうしようもないことで、そこに人間性は関係ありません。

 

その方の幽体の質に合わせて、一番適合しやすい世界に入るだけなのですが、問題なのは、現代の幽気の質がとにかく低い、という点。

神も仏も信じないこの世の風潮のせいで、高級な性質の霊魂がこの世に近づけず、人の自由意思を無視しるような霊魂ばかり集まってきているそうです。

その霊魂がもたらす低い質の幽気を受動的に吸いこみ、自然と幽気の質が下がってしまいます。

現代を普通に生きて、普通に死んだだけで、以前では入るはずもなかったような質の低い世界に入ってしまうのだそうです。そこで待ち構えているのは恐ろしく邪悪な存在達。

どんな思いをすることになるかは、こちらの書籍で確かめてください。

 

おとぎ話のように思われるでしょうか。

ですが、この世のあらゆる犯罪の質の低さは、あまりに異様に思われませんか?人の質が変わってきているように思いませんか。
それは、本当にただ、この世の流れなだけでしょうか?

 

どうか死ぬ前に、幽体を鍛えてください。
鍛えてみれば、人間の身体が肉体だけでないことがよく分かります。

 

byゆず

台風」への5件のフィードバック

  1. 私も外仕事なので、天気には振り回されます。

    昔は、経験からある程度は天気が予測できたのですが、最近の天気は読めません。天気予報を見ても見解が違うことも良くあります。

    やはり何かおかしいですよね?もしかしたら天気も霊的な影響を受けているのかもしれません。

    今回紹介されている書籍は、霊的に大変厳しい現実が書かれています。

    ですが、私たち契山館は事実を訴え続けます。

    信じる信じないは、あなた次第です。

  2. 本当に最近の犯罪とかって、昔と比べたら異常ですよね~!
    一般の人でも、そう感じませんか?
    犯罪に限らず、自分の周りの人間関係、周りの人間の質、自分の質や心、
    明らかに、低いと感じませんか?
    死後の世界には、法律もなければ、取り締まる人もいませんよ。
    このままの人間関係で死後の世界に入れば、とんでもない修羅場になる事が分かるでしょうし、実際にはもっと下に行く事になります。
    幽体を成長させてください(´・人・`)

  3. 霊的法則は絶対です!
    幽体の傷、脆弱さは地獄行きの直行便のファーストクラスのチケットです。
    絶対法則だからこそ本当の公平、平等なんです。
    幽体を日々強化している我々、契山館会員でも生きていく上で良い影響を与えてくれる立派な生き方、考え方をしている人は世の中に沢山います。
    しかし幽体を鍛えない限り万人が天国に行って欲しいと望んでもその願いが叶うことはありません。
    天国に行くべき人が契山館の門を叩くそれだけが最後の希望です。
    でも幽体を強化しない限り

  4. 自然災害に犯罪…本当に色々あり過ぎますね。昔は良かったという言葉はあまり好きではないのですが、現実的に幽的な状況は昔の方が良かったようです。

    近所の古い神社で毎年お祭りがありますが、夜中まで続く騒音に、翌朝は食べこぼしが参道に染み付いていて、異様な匂いを放つ神社を汚らわしく感じました。
    神域を汚して神様が降りられない状況にしていることに気付かないのに、天国に行けるわけないよなぁ、と契山館の主張がしっくりくるのでした。

  5. 皆様、コメントを有難うございました。
    今、25号が日本海側を通り過ぎておりますね。どうぞ皆様お気をつけてお過ごしください。
    この世はドンドン雪だるま式に幽気が下がって、ますます生きにくい世の中に変わっていってしまうかもしれません。一人一人が霊的トレーニングで変わっていけば、必ず世の中も変わっていくはず。この世を天国にするのも、地獄にするのも、一人一人の選択次第です。

コメントを残す