秋の夜長のおススメ映画

『残穢(ざんえ)  ー  住んではいけない部屋  ー』

2016年1月30日  公開     107分

監督       中村 義洋

出演者   竹内 結子  橋本 愛  他

原作       小野 不由美  「残穢」(新潮社刊)

 

最近観た面白かった映画をご紹介致します。とにかく予備知識も先入観もなく観てください。私のネタバレしない程度の感想としては穢れ(けがれ)って音読みで(エ)と読むんだと霊魂学を学ぶものがこの映画を観ると免許の更新の時に見せられるストーリー仕立ての教材映画みたいだなと、この映画中に水波霊魂学の修行者が居たらみんな助かったのにでした。

これじゃなんのこっちゃ分からない!という方の為にもう少しだけ

これはサスペンスホラーです。穢れの連鎖とその堆積、そして幽体を鍛えていない人間からドンドン不幸になっていきその人間も死後、穢れの一部として取り込まれていく

こんな感じでしょうか。

私もホラー映画は好きで良く観ますがこの映画ほど霊魂学的に解説がしやすい映画は初めてです。じわじわと迫って来る怖さなので後ろから「わ!!」っとされるホラーではありませんのからそう言うのが苦手だと言う方も大丈夫です。

原作小説もありますのでそちらの方がいいという方は読んでみてください。私も映画が凄く面白かったので機会があれば読んでみたいです。

私は有料ネット配信で見つけて観ましたがDVDのレンタルもあります。秋の夜長に読書や映画鑑賞を是非この機会に。

もうご覧になられたとか小説も読まれたとかという方いらしたら感想をお聞かせ下さい。またジャンルにこだわらず面白い映画等ありましたら是非ご推薦願います。私、趣味嗜好が偏っている人間ですので似通ったものしか観ません。なので大変助かります。よろしくお願いします。

by  ゆたんぽ

 

 

秋の夜長のおススメ映画」への4件のフィードバック

  1. 水波霊魂学で解説しやすい映画なら、そこをきっかけに興味を持っていただきたいですね。

    この記事を読んで、その映画を見て疑問を感じた人は是非質問を投げかけていただきたいです。

  2. 原作者のファンで、小野不由美さんの小説は、全部読んでいます。
    ホラー系の物で、十二国記シリーズから読み始めましたが、ホラーも結構ぞくぞくします。
    この残穢は、小説しかよんでませんが、霊魂学に照らし合わせたら、どういう感じかな~と思いながら読みました。映画も機会があれば観たいです。
    作者の所に届いた読者からの手紙、実体験に元ずく心霊体験っていう感じの流れだったと思います。
    実際に、悪霊シリーズやゴーストハントなどで、小野さんが、心霊体験募集していたことがありました。
    結構作者の実体験では?と思いながら読んでいました。だとしたら、邪霊に干渉される危険があるかもと思いつつ。
    今は、十二国記の新作を何年も待ち続けています。

     

  3. チョコチップさんありがとうございます。

    私も劇中の主役『私』は原作者がモデルではないかと感じていました。
    原作が有る映画は結構、当たりハズレがあって原作とは似ても似つかない物に仕上がって原作のファンから叩かれることもしばしばありますよね。
    私はいつも両者は全く違う物だと認識して楽しみます。チョコチップさんのレビューから益々、小説の原作も読んでみたくなりました。
    機会があれば映画版も鑑賞して感想をお聞かせ下さい。

コメントを残す