占い

人生一寸先は闇。

人は、将来が不安になると霊的なことには関心が無くても、占いに頼る人は少なくないのではないでしょうか?

あまり気にしない人でも、朝のテレビの情報番組の「占い」は何となく見てしまい、良い結果なら気分も良いですが、悪い結果なら、気にしないようにするなり、何故か意識してしまうのではないでしょうか?

芸能人などが「手相占い」等やっていたりしますが、皆さん気になるのはやはり物質的な事で、金運、仕事運、健康運、若い人なら、恋愛運なのでしょう。

確かにお金はいくらあっても邪魔にならないと思いますし、仕事もなるべくなら人に頭を下げなくても良い位置になりたいし、意中の人がいれば、霊的な事なんかよりその人の気持ちが知りたいし、健康無くして仕事も恋愛もないと思います。

そう言う私も、テレビで「手相占い」をやっていたりすると「フムフム」と言いながら自分の手相を見てしまいます。

さて、その結果やいかに(笑)

私は「占い」は全く詳しくないのですが、そもそも「占い」とは何のためにあるのでしょう?

将来訪れるかもしれない不幸を知り、それを回避するためなのでしょうか?

それを知ったところで本当に回避できるのでしょうか?

或いは、自分の長所を知り、その様になれるように努力をする為でしょうか?

不幸の暗示があるのなら、回避するのではなく、まず、不幸になってしまう原因を知らなければいけないのではないでしょうか?

 

水波霊魂学の視点から言えば、人類は初めから地上に居た生命体ではないそうです。初めは幽質界(あの世)という所で何不自由なく暮らしていた生命体が、色々な事があって物質世界である地上に降りてきたそうです。

不自由を知らなかった生命体が地上を経験することにより、様々な苦悩を背負ってしまいました。

このあたりの事は「二本足の霊魂」「神体」「」を読んでください。

 

難しい話はさて置き、とりあえず地上では、働かなければ食べていけず、家族がいれば少しくらい体の調子が悪くても仕事を休むことも出来ず、欲しいものは思うように手に入らず、出世した奴には蔑まされ、好きなあの子はイケメンに取られてしまい。

一体何が楽しくて生きているのか分からなければ、将来を憂いてしまうのは仕方がないと思います。

「占い」は今でもなくならないのだから、人間にとって必要なものなのかもしれません。難しい数式で将来を予想するものもあるらしいので、もしかしたら、もともとは物質的な事を見るものではなかったのかもしれません。

これはまったく私の見解なので、専門家から言わせれば的を外しているかもしれませんが、もしかしたら本来の「占い」は水波霊魂学で言う「霊的カルマ」を暗示するものだったのかもしれません。

人間には過去世があるそうです。遠い昔、違う自分としてどこかで生きていたのです。その時代に生きていた時の報われない心情(霊的カルマ)が今世の自分の人生に大きく影響してくるらしいです。つまり、過去世を知れば今世で自分がどのような人生を送るか予想が出来るそうです。

「先を予想する」と言うことは、「占い」も同じです。ですが、人間は、いつしか素朴な信仰心もなくなり、あまりにも物質的になりすぎたので、占いで知りたいことは出世したお金持ちの自分であったり、健康にしか興味がなくなってしまったのかもしれません。

人間は地上に居るから様々な不幸を背負うようです。であれば、もう生まれてこなければ良いわけです。なのですが、「霊的カルマ」を解消しなければまた地上に再生してしまい、地上での苦しみを繰り返してしまうようです。

 

「霊的カルマ」がすべての不幸の原因だったのです。

 

「占い」では自分の霊的カルマを知ることは出来ません。

契山館では「過去世調査」も出来ます。そして、自分の「霊的カルマ」を知ったら、それを解消しなければいけません。

 

それを可能にするのが「神伝禊法」です。

「神伝禊法」は人間の不幸の根本的なところにメス入れます。

自分を知り、行いを正すだけではどうにも変われない自分がいるはずです。

そして、同じ不幸を繰り返す自分がいます。

今が良くても、明日は我が身です。

今が不幸なら、その根本的な原因を知らねばなりません。

 

神伝禊法」はそこに光を差します。

byガンリキ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

占い」への4件のフィードバック

  1. 今や霊能者はスピリチュアルカウンセラーだのスピリチュアルメッセンジャーだの名称を変えて曖昧模糊を隠れみのにして幅をきかせ、片や占い師は前世占いだのオーラ占いだのひと昔の霊能者がやっていた分野に進出して本当に混沌としてきましたよね。その上、あの人は当たるだの本物だのと何を基準にして取捨選択したらいいか皆目見当がつきません。
    よくぞこんな情報過多の時代に契山館にたどり着いたものだと自身の幸運に感謝しております。

  2. 是非、過去世調査を行って欲しいですよね(´∀`人)
    自分の人生そのものだからびっくりすると思いますよ^^;
    過去世と同じ考えで、同じ事をしている(-.-;)このままだと、、、
    って思うと思います(笑)
    この先、こうなりやすいって知っているだけでも、全く知らないよりはマシだと思います。
    でも、カルマを解消しない限り、なかなか回避出来ないと思うので^^;
    神伝禊法を行ってください!
    そもそも人間は、カルマのせいで生まれているので、カルマを解消しないと生きている価値が無いですよ!

    • 皆さん、コメントありがとうございます。

      先が不安なのは誰でも同じです。それでも生きてゆかなければいけません。
      日々の生活を送りながらも、人間が霊的生命体であることを知ってほしいです。

      そして、霊的な現実を知り、地上での生活もあの世に行ってからも、なるべく不幸にならないような対策がある事を知ってほしいです。

      その対策方法が、「神伝の法」なのです。

  3. 占いって、小さい頃はものすごく気にしていた記憶があります。
    何か目に見えないものに支配されているような、そんな恐れからだったような気がします。

    明日が来るのが怖くて眠れない、そんな時には家に合ったおもちゃのおみくじを引いて、気持ちを落ち着かせていたような。。。

    霊魂学を知ってからは、まったく興味がなくなりましたよ!

コメントを残す