ポケ活と霊活と私 不定期掲載の5

相変わらずのポケ活三昧です。

時間を作ってはポケモンの捕獲にいそしんでいます。先週末もポケ活で出来た。ポケ活仲間4人と私で週末に開かれた限定イベントを例の低い幽気が渦巻く観光地で4時間程行ってきました。

イベントの開催時間は12時から15時までの3時間のみで、その時間の間だけ手に入る限定技を覚えているポケモン『ゲンガー』を倒しては捕まえるをポケ活仲間と力を合わせてするのです。倒して手に入れる場所は例のごとくジムです。3時間という時間制限があるので同じ『ゲンガー』でも強い『ゲンガー』を手に入れるには数多くのジムでバトルする必要があります。『ゲンガー』は1人では倒せません。2人でもキツイでしょう。だからポケ活仲間5人でエリアの北から観光地を通り時間がある限り駅に向かって歩き1つでも多くのジムを攻略する計画を立てました。

スタート地点は街の北にある神社でした。みな考えることはほぼ同じでここから駅方面に南下するか、逆に駅をスタート地点にして北上するかのどちらかのルートを選択します。境内は同じようにグループで行動する人や単独で行動しようとしている人も見受けられました。先程、1人では倒せないと言いましたが倒せないのは事実ですがイベントを楽しめない訳ではありません。

1人で楽しむ方法は2つあります。1つ目は明らかにグループで行動している集団に対して「すいません、本日ご一緒させて頂いてもよろしいですか?」と言ってイベント中、行動を共にする方法。

2つ目はずっと最後まで1人で行動して同じ時間にジムに偶然入った人と一緒にバトルしてポケモンを倒して手に入れる方法(これは我々は野良で入ると呼んでいます)。

ぼっち好きの私は今まで大きなイベントの場合は前者の方法を選んできました。その場限りの付き合いでめんど臭くないからです。1人で回っても大規模なイベントですから2つ目の選択をしても大丈夫なんですが(その為に、人の多い繁華街まで出張って来ています)効率と、もし人が集まっていなかったリスクを考えるとぼっち好きとはいえ前者を選んでしまいます。

ここで皆さん「ン!  おかしくない?」と思われるかもしれません。では今のポケ活仲間はどうやって出来上がったのか、実は最初の出会いも「今日、ご一緒させてください」と私が話しかけて行動を共にしたグループだったのでですがイベントが終わって「今日はありがとうございました。お疲れ様でした。」とその場を離れようとすると「ゆたんぽサン!LINEの交換をしましょう。」と持ち掛けられてしまいました。

ぼっち好きの私は正直なところ「面倒くさくて嫌だなぁ」と思ってしまいましたが「コイツ変人だ!」と思われず断るうまい言い訳が思い浮かばず満面の笑顔で「良いですよ!是非!」と答えてしまいました。この間、時間にして僅か0.2秒。かくして4人のポケ活仲間が誕生したのでした。

ポケ活は霊活です。(後編につづく)

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

 

ポケ活と霊活と私 不定期掲載の5」への4件のフィードバック

  1. ぼっち好きのゆたんぽさんが、面倒くさいと思いながらも仲間を作るようになったのは、やはり神伝の法で内面が変化したからでしょうか(笑)

  2. ポケモンGO面白そうですよね~いまだにガラケーの私はまだまだ、ついていけないです。インドア派の私でも、無理なく散歩が楽しめそうです。
    格安スマホも出回ってますが、もうしばらくは、ガラケーで行きます。ガラケーと言われていることも、最近知ったのですが。ネットはもっぱら、パソコンです。

    二本足の霊魂が読みたくて、持ち歩き可能のkindleを最近手に入れて、無料本を読み漁ってます。パソコンなら、パソコン用kindleを無料ダウンロードして、読めるんですけどね。

  3. 共通の趣味友達が増える方法にもなっているのですね。
    ウォーキング、頑張ってください✊

コメントを残す